ウイングセクション【12/24(日)新馬戦(中山芝2000)勝ち馬】

2歳新馬・中山芝2000
1着賞金700万円

好位追走のウイングセクションが直線、外から鋭伸。1番人気のウムラオフは真ん中から追撃するも差が詰まることはなく、ウイングセクションが早め抜け出しからの押し切り勝ち。2着ウムラオフ。勝ち時計2.06.2。推定上り35.6。

 1着:ウイングセクション(牡2・父・ダノンシャンティ)
 2着:ウムラオフ(牡2・父・ステイゴールド)
 3着:ロンデル(牝2・父・キングズベスト)
 着差:1 1/4、頭
 LAP:12.7-11.7-13.7-13.7-13.6-13.0-12.1-12.0-11.7-12.0

ウイングセクションのプロフィール

2歳牡馬
父:ダノンシャンティ
母:ウイングオブラック
母父:ブライアンズタイム
生産牧場:社台コーポレーション白老ファーム
厩舎:(美)田中剛
騎手:江田照男
募集価格:1600万円

ウイングセクションの血統背景


ダノンシャンティ産駒は今季JRA2歳戦5頭目の勝ち上がり。5頭中、4頭は芝での勝ち上がり。

 07/30・新潟芝1400m新馬戦・ルリハリ(母父・スターオブコジーン)
 09/16・中山ダ1800m未勝利・ミッキーチャイルド(母父・ロージズインメイ)
 10/28・新潟芝1400m未勝利・モデレイト(母父・ロックオブジブラルタル)
 11/11・福島芝1200m新馬戦・サブリナ(母父・Rahy)
 12/24・中山芝2000m新馬戦・ウイングセクション(母父・ブライアンズタイム)

牝系
・母は2戦0勝。
・本馬は10番仔。
・初仔フライングメリッサ(牝・父・ダンスインザダーク)は中央3勝
・2番仔フェザー(牝・父・キングカメハメハ)は地方1勝。
・3番仔シルクレイノルズ(牡・父・スペシャルウィーク)は中央2勝
・4番仔ウインエポナ(牝・父・ゴールドアリュール)は地方1勝。
・5番仔フライトゥザピーク(牡・父・フジキセキ)は地方1勝。
・6番仔ウイングオブハーツ(牡・父・ハーツクライ)は地方2勝。
・7番仔ウイングオブスカイ(牝・父・ウォーエンブレム)は地方1勝。
・8番仔クレアチュール(牝・父・スペシャルウィーク)は地方2勝。
・9番仔ハピラキ(牡・父・ゼンノロブロイ)は未出走。
・母の半妹ショウナンパントル中央2勝、2004年JRA最優秀2歳牝馬。G1-阪神ジュベナイルFの勝ち馬。他にG3-新潟2歳S2着。
・従兄(=ショウナンパントルの産駒)のショウナンアチーヴは中央現役・中央3勝G2-ニュージーランドTの勝ち馬でG1-朝日杯FS2着。
・3代母バブルプロスペクターを牝祖とする活躍馬にディープブリランテ、ザッツザプレンティの2頭のG1馬やマニックサンデー、エポワスなどがいる。

母父
ブライアンズタイムはBMSとして今季JRA2歳戦17頭目の勝ち上がり。17頭中、10頭が芝での勝ち上がり。複数頭勝ち上がっている父はオルフェーヴル、ダイワメジャー、ハーツクライの3頭。

 08/20・小倉芝1800m新馬戦・レゲンダアウレア(父・オルフェーヴル)
 09/03・札幌芝1200m未勝利・タイセイアベニール(父・ベーカバド)
 09/16・阪神芝1800m未勝利・タイムフライヤー(父・ハーツクライ)
 10/08・東京ダ1600m新馬戦・ヴェルトゥアル(父・スマートファルコン)
 10/14・京都ダ1800m新馬戦・ライジングドラゴン(父・カネヒキリ)
 10/14・東京ダ1400m新馬戦・ダークリパルサー(父・ハードスパン)
 10/21・東京ダ1400m未勝利・トキノメガミ(父・トビーズコーナー)
 10/21・東京芝1400m未勝利・ラストプリマドンナ(父・ダイワメジャー)
 10/29・新潟芝1600m新馬戦・ノーブルアース(父・ハーツクライ)
 11/03・京都ダ1800m未勝利・ワイルドシング(父・ワイルドラッシュ)
 11/12・東京芝1400m新馬戦・プロディジー(父・ヴィクトワールピサ)
 11/19・京都芝2000m新馬戦・フランツ(父・ディープインパクト)
 11/25・東京芝1600m未勝利・レネット(父・ダイワメジャー)
 12/02・阪神ダ1800m未勝利・ロイヤルバローズ(父・オルフェーヴル)
 12/02・阪神芝1400m未勝利・ロードラズライト(父・ロードカナロア)
 12/03・中京ダ1200m未勝利・クォーターバック(父・ローレルゲレイロ)
 12/24・中山芝2000m新馬戦・ウイングセクション(父・ダノンシャンティ)

クロス
Halo:S4×S4、Hail to Reason:M4×S5×S5、Shirley Heights:S5×M5

ウイングセクションの生産牧場

社台コーポレーション白老ファームは今季JRA2歳戦24頭目の勝ち上がり。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする