土曜の新馬戦展望・6/24(土)・函館5R・混戦模様の牝馬限定戦だが社台勢の争いか?

新種牡馬の産駒は不在で既に新馬戦で2勝をあげているヨハネスブルグ産駒や社台勢2頭、ディープインパクト産駒あたりが注目となりそう。

アリア 牝2
父・ダイワメジャー、母・ラプターセイハート、母父・トワイニング
生産者・社台コーポレーション白老ファーム、(栗)沖芳夫、丸山元気

・5/4以降、坂路で22本追われ、半マイル60秒以内は5/24(56.3)、5/28(56.6)の2本。函館移動後はWで追われ、まずまずの動きを見せている模様。母は7戦1勝。本馬は4番仔。伯母アイスフォーリスは重賞2着2回で、2012年のG1-オークスでジェンティルドンナの3着。

アルマユディト 牝2
父・ヨハネスブルグ、母・ミルクトーレル、母父・ダンスインザダーク
生産者・山際牧場、(美)中舘英二、松岡正海

・4/15以降、坂路で28本追われるが半マイル60秒以内はなしで基本は南Wでの調整。函館移動後はWで2本追われ、馬ナリで追走馬に先着。母は43戦3勝。本馬は5番仔。

オモウツボ 牝2
父・サムライハート、母・ペリドット、母父・Green Desert
生産者・能登浩、(美)浅野洋一、柴山雄一

・5/14以降、坂路で2本追われるが半マイル60秒以内はなし。函館入り後はWで2本、ダートで2本追われる。母はイギリスで7戦1勝。本馬は13番仔。

カシノデジール 牝2
父・ディープブリランテ、母・スターカットジェム、母父・フォーティナイナー
生産者・藤本ファーム、(美)二本柳俊、二本柳壮

・2016年北海道サマーセールにて324万円で落札。5/30以降、坂路で4本追われるが半マイル60秒以内はなし。南Wでも乗られているが動き自体はイマイチな模様。母は2戦0勝。本馬は4番仔。叔母タムロチェリーは2001年のJRA最優秀2歳牝馬で、同年のG1-阪神ジュベナイルF、G3-小倉2歳Sの勝ち馬。

コーラルリーフ 牝2
父・ヨハネスブルグ、母・フィーユ、母父・ダンスインザダーク
生産者・平山牧場、(栗)宮本博、岩田康誠

・4/15以降、坂路で15本追われるが半マイル60秒以内は6/4(57.7)の1本。函館入り後はWと芝で追われ、ここ2週は一杯に追われる。母は8戦1勝。本馬は4番仔。祖母ファレノプシスは1998年のJRA最優秀3歳牝馬、2000年のJRA最優秀4歳以上牝馬でG1を3勝。ファレノプシスの弟キズナは2013年のJRA最優秀3歳牡馬でG1-日本ダービーなど日仏で重賞5勝。

スギノアルテミス 牝2
父・ハービンジャー、母・エフティアクトレス、母父・ファルブラヴ
生産者・明治牧場、(栗)西村真幸、北村友一

・登板実績はなし。6/15に函館でゲート試験合格し、その後、6/18,6/21と函館Wで追われ、まずまずの動き。母は18戦2勝。本馬は5番仔。叔父アブソリュートは重賞2勝で、祖母プライムステージも重賞2勝。プライムステージの兄ステージチャンプも重賞2勝。3代母ダイナアクトレスは1987年、1988年のJRA最優秀4歳以上牝馬で重賞4勝。

スズカベルモット 牝2
父・スズカマンボ、母・スズカベラミー、母父・アグネスタキオン
生産者・新井牧場、(栗)橋田満、藤岡康太

・4/2以降、坂路で25本追われ、半マイル60秒以内は5/5(57.4)、5/10(58.8)の2本。函館入り後はWと芝で強めに追われる。母は5戦1勝。本馬は2番仔。

ダウンタウンキラリ 牝2
父・Point of Entry、母・ダウンタウンガール、母父・City Zip
生産者・服部牧場、(美)池上昌和、蛯名正義

・登板実績はなし。6/16に函館でゲート試験に合格したばかりで、6/21の最終追いは函館Wにて強めに追われ上々の動きを披露した模様。母はアメリカで19戦2勝。本馬は初仔。叔父ヘニーハウンドは2011年のG3-中スポ賞ファルコンSの勝ち馬。

ダンツクレイオー 牝2
父・ワークフォース、母・ステラプラド、母父・ハーツクライ
生産者・社台ファーム、(栗)本田優、池添謙一

・2017年の千葉サラブレッドセールにて3348万円で落札。5/23以降、坂路で3本追われ、半マイル60秒以内は5/24(57.4)の1本。函館移動後は芝とWで追われ、終い重視の内容で好内容を示す。母は5戦0勝。本馬は3番仔。叔母ダイヤモンドビコーは2002年のJRA最優秀4歳以上牝馬で重賞4勝。祖母ステラマドリッドは米G1を4勝。

チクタクボンボン 牝2
父・ゴールドアリュール、母・ティコティコタック、母父・サッカーボーイ
生産者・バンブー牧場、(美)斎藤誠、吉田隼人

・2016年の北海道セレクションセールにて1026万円で落札。5/14以降、坂路で16本追われ、半マイル60秒以内は5/28(58.5)、6/4(56.2)の2本。週中は南Wでの調教がメインで6/18(日)に好時計を計時。母は2000年のG1-秋華賞の勝ち馬で22戦4勝。本馬は10番仔。

ポステリタス 牝2
父・グラスワンダー、母・トーワフォーチュン、母父・エンドスウィープ
生産者・木村牧場、(美)菊川正達、丹内祐次

・5/21以降、坂路で9本追われるが半マイル60秒以内はなし。函館入り後は芝とWで追われ、軽快な動きを見せている模様。母は未出走。本馬は9番仔。叔母トーワトレジャーは2002年のG3-新潟記念の勝ち馬。

ホローポ 牝2
父・ゼンノロブロイ、母・シルクスパークル、母父・フォーティナイナー
生産者・長谷川牧場、(栗)牧田和弥、古川吉洋

・登板実績はなし。6/7、6/11、6/14、6/18、6/21と函館Wで5本追われるもラスト1F12秒台はなし。母は4戦0勝。本馬は7番仔。叔父クリスザブレイヴは2001年のG3-富士Sの勝ち馬。

ヤマニンヌヌース 牝2
父・ディープインパクト、母・ヤマニンエマイユ、母父・ホワイトマズル
生産者・錦岡牧場、(栗)浅見秀一、藤岡佑介

・5/24以降、坂路で4本追われ、半マイル60秒以内を5/24(58.7)、5/28(53.1)、6/4(53.6)の3本を計時。函館入り後はWと芝で追われ、まずまずの動き。母は55戦6勝。本馬は3番仔。祖母ヤマニンザナドゥは1997年のG2-報知杯4歳牝馬特別でキョウエイマーチの3着。