現地時間11/1(金)に米サンタアニタ競馬場にて行われた今年のブリーダーズカップ初日。「フューチャーズスターズフライデー」として施行された初日はジュヴェナイル、ジュヴェナイルフィリーズ、ジュヴェナイルターフ、ジュヴェナイルフィリーズターフ、ジュヴェナイルターフスプリントの2歳戦のみが集結した1日。各レースの結果と動画をお届けする。

TVG Breeders’ Cup Juvenile(G1・ダ8.5f・2歳牡馬、せん馬、Ridglings)

1着:Storm The Court

牡2、父・Court Vision、母・My Tejana Storm、母父・Tejano Run
調教師:Peter Eurton、騎手:Flavien Prat

・ハナを切った人気薄のStorm The Courtがそのまま逃げ切り勝ち。人気馬総崩れの大荒れとなり、Dennis’ Momentは終始最後方のまま見せ場なくシンガリ負け。Eight Ringsは直線でばったり止まってしまい6着。

・今回の勝利で通算4戦2勝、重賞初制覇。8/10のデルマーでのデビュー戦(ダ5.5f)を勝利→9/3のデルマーでのG1-デルマーフューチュリティ(ダ7f)はスタート直後に競走中止→9/28のサンタアニタでのG1-アメリカンファラオS(ダ8.5f)では3着、としここへ臨んでいた。前走は逃げ切ったEight Ringsから8馬身1/4差だっただけに、ここは人気薄だったのは致し方無いが、初のブリンカー着用で一変。2018年2月のケンタッキーミックスセールにて5000ドルで購買され、今年4月のOBS2歳馬トレーニングセールにて6万ドルで購買された馬。

 1着:[2019/11/01]BCジュヴェナイル(米G1・ダ8.5f・サンタアニタ)

・父のCourt Visionは2005年米国産のGulch産駒。現役時は31戦9勝、BCマイル、ウッドバインマイルS、ガルフストリームパークターフH、シャドウェルターフマイルS、ハリウッドダービーの5つのG1を含む重賞8勝。主な産駒に米、加で重賞3勝のMr Havercamp。

・母のMy Tejana Stormは12戦3勝。母父のTejano Runは1992年米国産のTejano産駒。BMSとしてレディアルバローザ(中山牝馬S2勝)を輩出。

2着:Anneau D’Or(クビ差)

牡2、父・Medaglia d’Oro、母・Walk Close、母父・Tapit
調教師:Blaine D Wright、騎手:Juan J Hernandez

3着:Wrecking Crew(3馬身1/4差)

Ridgling2、父・Sky Kingdom、母・Truelladeville、母父・Yes It’s True
調教師:Peter Miller、騎手:Paco Lopez
※RidglingはJRAのHP内の記述をそのまま借りると「片方または両方の睾丸が陰嚢の中に下りていない牡馬」

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/257/santa-anita/2019-11-01/743632

Breeders’ Cup Juvenile Fillies Turf(G1・芝1m・2歳牝馬)

1着:Sharing

牝2、父・Speightstown、母・Shared Account、母父・Pleasantly Perfect
調教師:H Graham Motion、騎手:Manuel Franco

・道中4番手付近で運んだSharingが直線で先に抜け出しを図ったSweet Melania目がけて外から末脚を伸ばし、きっちり差し切り1着。2着は中団から差し伸びたDaahyeh。マルセルブサック賞の勝ち馬・Albignaは1角通過時に既に後方に置かれ、実質直線だけの競馬となり4着まで。

・今回の勝利で通算4戦3勝、重賞初制覇。サラトガでのデビュー戦(芝5.5f)では3着→サラトガでのデビュー2戦目(ダ7f)で勝ち上がり→ローレルパークでのブラックタイプ(芝8.5f)を制し、ここへ臨んでいた。2018年8月のサラトガ1歳馬セールにて35万ドルで購買された、母がG1馬という良血馬。

 1着:[2019/11/01]BCジュヴェナイルフィリーズターフ(米G1・芝1m・サンタアニタ)

・父のSpeightstownは1998年米国産のGone West産駒。現役時はTodd Pletcher師に管理され、16戦10勝、BCスプリントを含む重賞4勝、2004年のエクリプス賞最優秀スプリンター。本馬を含めてこれまでにHaynesfield(ジョッキークラブゴールドC)、Tamarkuz(BCダートマイル)など16頭のG1馬を輩出。日本ではリエノテソーロ、マテラスカイ、モズスーパーフレア、ドスライスが活躍。今年の種付料は8万ドル。

母のShared Accountは18戦6勝、G1-BCフィリー&メアターフ(芝11f)、G2-レイクプラシッドS(芝9f)、G3-オールアロングS(芝9f)の勝ち馬

2着:Daahyeh(1馬身1/4差)

牝2、父・Bated Breath、母・Affluent、母父・Oasis Dream
調教師:Roger Varian、騎手:William Buick

3着:Sweet Melania(クビ差)

牝2、父・American Pharoah、母・Sweet N Discreet、母父・Discreet Cat
調教師:Todd Pletcher、騎手:Jose L Ortiz

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/257/santa-anita/2019-11-01/743629

Breeders’ Cup Juvenile Fillies(G1・ダ8.5f・2歳牝馬)

1着:British Idiom

牝2、父・Flashback、母・Rose And Shine、母父・Mr Sekiguchi
調教師:Brad H Cox、騎手:Javier Castellano

・Bastが3角過ぎに早めに先頭に立ったところへ、先行3騎を前に見る離れた4番手を追走していたDonna Veloce、さらに離れた6番手を追走していたBritish Idiomが襲い掛かり、4角先頭はDonna Veloce。外から迫るBritish Idiomとの激しい競り合いがしばらく続いたが、最後はBritish Idiomが競り勝ち1着。

・今回の勝利で通算3戦3勝、重賞2勝目。キーンランドでの前走G1-アルシバイアディーズS(ダ8.5f)は3角過ぎから外を通ってまくり気味に上昇し、直線一気に弾けて2着に6馬身半差をつける強い勝ち方だったが、今日の内容も強さを感じさせるもの。レース後、陣営からは同厩の昨年のBCディスタフの勝ち馬で、11戦9勝(G1を5勝)、2着2回のMonomoy Girlの名前が出ており、女傑の後継者として大きな期待を今後、背負っていくことになりそうである。2018年のケンタッキー10月1歳馬セールにて4万ドルで購買された馬。

 1着:[2019/11/01]BCジュヴェナイルフィリーズ(米G1・ダ8.5f・サンタアニタ)
 1着:[2019/09/04]アルシバイアディーズS(米G1・ダ8.5f・キーンランド)

・以下、前走アルシバイアディーズS勝利時の原稿を再掲させて頂くが、父のFlashbackは2010年米国産のTapit産駒。現役時は7戦2勝、デビュー2戦目にG2-ロバートB.ルイスS(ダ8.5f)に勝利。その後、重賞で2,2,4,3着。現2歳はセカンドクロップになるが、本馬が初の重賞勝ち馬。今年の種付料は3500ドル。

・母のRose And Shineは19戦3勝。Black Typeのレースを2勝しているが、重賞は未出走。Mr Sekiguchi産駒ではこの馬が目下の稼ぎ頭となる。

・母父のMr Sekiguchiは2003年米国産のStorm Cat産駒。名前の通り、「フサイチ」の関口房朗氏の持ち馬で、Summer Squall(プリークネスSなど)、A. P. Indy(BCクラシック、ベルモントSなど)を伯父に持つ良血馬。2004年のキーンランドセプテンバー1歳馬セールにて800万ドルで購買された馬で、現役時は4戦2勝、2着2回。父としてもBMSとしてもこれまでに活躍馬は出していない。

2着:Donna Veloce(クビ差)

牝2、父・Uncle Mo、母・Coin Broker、母父・Montjeu
調教師:Simon Callaghan、騎手:Flavien Prat

3着:Bast(1馬身3/4差)

牝2、父・Uncle Mo、母・Laffina、母父・Arch
調教師:Bob Baffert、騎手:John R Velazquez

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/257/santa-anita/2019-11-01/743628

Breeders’ Cup Juvenile Turf presented by Coolmore(G1・芝1m・2歳牡馬、せん馬、Ridglings)

1着:Structor

牡2、父・Palace Malice、母・Miss Always Ready、母父・More Than Ready
調教師:Chad C Brown、騎手:Jose L Ortiz

・人気のArizonaとDecorated Invaderは1角に入る時点で早くも後方に置かれる苦しい展開となり、3番人気のStructorは道中は最内の6番手を追走。直線に入った時点ではまだ先頭とはかなり差があったが、進路を確保してからのStructorの末脚は実に鮮やか。先行してうまく立ち回っていた人気薄のBilly Battsを最後に差し切ってStructorが1着。

・今回の勝利で通算3戦3勝、重賞2勝目。2018年のキーンランド9月1歳馬セールにて16万ドルで購買され、今年3月のOBS2歳馬トレーニングセールにて85万ドルで購買された馬。

 1着:[2019/11/01]BCジュヴェナイルターフ(米G1・芝1m・サンタアニタ)
 1着:[2019/09/28]ピルグリムS(米G3・芝8.5f・ベルモントパーク)

・父のPalace Maliceは2010年米国産のCurlin産駒。現役時はTodd Pletcher師に管理され、19戦7勝、ベルモントS、メトロポリタンHの2つのG1を含む重賞6勝。現2歳馬がファーストクロップで本馬が唯一のこれまでの重賞勝ち馬。今年の種付料は2万ドル。

・母のMiss Always Readyは5戦1勝。伯母(母の全姉)のMore Than Realは2010年のG1-BCジュヴェナイルフィリーズターフの勝ち馬。

・母父のMore Than Readyはジュヴェナイルターフスプリントに続き、BMSとして勝ち馬を輩出。

2着:Billy Batts(3/4身差)

牡2、父・City Zip、母・Down To Hearth、母父・Giant’s Causeway
調教師:Peter Miller、騎手:Paco Lopez

3着:Gear Jockey(クビ差)

牡2、父・Twirling Candy、母・Switching Gears、母父・Tapit
調教師:George R Arnold II、騎手:Tyler Gaffalione

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/257/santa-anita/2019-11-01/743631

Breeders’ Cup Juvenile Turf Sprint(G2・芝5f・2歳)

1着:Four Wheel Drive

牡2、父・American Pharoah、母・Funfair、母父・More Than Ready
調教師:Wesley A Ward、騎手:Irad Ortiz Jr

・ハナ争いを制したFour Wheel Driveが主導権を握り、そのまま危なげなく逃げ切り勝ち。同厩のKimariは直線でよく追い込むも4着まで。デットーリ騎乗のA’Aliはスタートが悪く、レースにならず10着。

・今回の勝利で通算3戦3勝、重賞2勝目。9/1のコロニアルダウンズでのデビュー戦(芝5.5f)で1着→10/6のベルモントパークでのG3-ベルモントフューチュリティS(芝6f)で1着とし、ここへ臨んでいた馬。勝利後、陣営のインタビュー内でロイヤルアスコットのワードが出ており、陣営にとっては来年に向けて大きな夢が広がる勝利。2018年8月のニューヨークサラトガ1歳馬セールにて52万5000ドルで購買された馬でその後、今年3月のフロリダ2歳馬トレーニングセールに上場されるも主取りとなっていた。

 1着:[2019/11/01]BCジュヴェナイルターフスプリント(米G2・芝5f・サンタアニタ)
 1着:[2019/10/06]ベルモントフューチュリティS(米G3・芝6f・ベルモントパーク)

・父のAmerican Pharoahは2012年米国産のPioneerof The Nile産駒。現役時はBob Baffert師に管理され、11戦9勝、ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントSの米3冠の他、BCクラシック、ハスケル招待S、アーカンソーダービー、フロントランナーS、デルマーフューチュリティの8つのG1を含む重賞9勝(初勝利がG1)、2015年のエクリプス賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬+2014年の最優秀2歳牡馬。現2歳馬がファーストクロップになるが、既に本馬を含めて4頭の重賞勝ち馬を輩出し、上々の種牡馬デビューを飾りつつある。今年の種付料は11万ドル。

・母のFunfairは4戦2勝。母の従兄のFurthest Landは2009年のG1-BCダートマイル、G2-ケンタッキーカップクラシックSの勝ち馬。

2着:Chimney Rock(3/4身差)

牡2、父・Artie Schiller、母・What’s Your Point、母父・Wheaton
調教師:Michael J Maker、騎手:Jose L Ortiz

3着:Another Miracle(1馬身半差)

牡2、父・American Pharoah、母・Retraceable、母父・Medaglia d’Oro
調教師:Gary Contessa、騎手:Manuel Franco

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/257/santa-anita/2019-11-01/743630