ノーザンF生産馬が3頭、社台F生産馬が2頭揃った一戦だが、母がフランスオークス馬のヴィクトワールピサ産駒が坂路で素軽い動きを披露し好仕上がり。これにノーザンF生産のエイシンフラッシュ産駒が挑む構図。

 

1・シゲルアズキ 牝2
父・カネヒキリ、母・グランドエッセンス、母父・ジェイドロバリー
生産者・三好牧場、(栗)高橋康之、酒井学

・2週連続、CWで一杯に追われる。1週前は5Fから、今週は4Fからだったが時計的には水準レベルには足りない。

・母は8戦1勝。本馬は4番仔。母の半姉ファストフレンドはG1-帝王賞、G1-東京大賞典、G2-東海S、G2-エンプレス杯(2勝)、東海菊花賞(G2)、マリーンC(G3)、スパーキングレディーC(G3)、クイーン賞(G3)の勝ち馬。

 

2・ソルトドリーム 牝2
父・ストロングリターン、母・バブルファンタジー、母父・スペシャルウィーク
生産者・社台ファーム、(栗)木原一良、富田暁

・1週前はCWで6Fから追われ、併走馬(新馬)を追走し、先着しているが時計はイマイチ。今週は芝で追われ、併走馬(新馬)を追走し、遅れたままだったが馬ナリでの追い切りで神経質になる必要はなさそう。

・2017年の千葉サラブレッドセールにて1728万円で落札。母は23戦1勝。本馬は7番仔。母の半姉マニックサンデーはG2-サンスポ賞4歳牝馬特別の勝ち馬。母の半兄ザッツザプレンティはG1-菊花賞、G3-ラジオたんぱ杯2歳Sの勝ち馬。祖母の半弟バブルガムフェローはG1-朝日杯3歳S、G1-天皇賞(秋)など重賞5勝。

 

3・アーデルワイゼ 牝2
父・エイシンフラッシュ、母・アーデルハイト、母父・アグネスタキオン
生産者・ノーザンファーム、(栗)池添学、荻野極

7/19(水)半マイル54.5-40.2-26.4-12.7。ラップタイム14.3-13.8-13.7-12.7

・1週前はCWで6Fから一杯に追われ、水準級の時計でラスト1Fは12秒台前半。今週の坂路での最終追いは馬ナリでのもので軽め。

・募集価格1800万円。母は1戦0勝。本馬は3番仔。半姉ロッテンマイヤーはG3-クイーンCで3着。母の半兄にアドマイヤジャパン(G3-京成杯)、母の全兄にアドマイヤオーラ(G2-京都記念、G2-弥生賞、G3-シンザン記念)、母の半姉にブエナビスタ(G1-阪神ジュベナイルF、G1-桜花賞、G1-オークス、G1-ヴィクトリアマイル、G1-天皇賞(秋)、G1-ジャパンC、G2-京都記念、G3-チューリップ賞)、母の半弟にトーセンレーヴ(G3-エプソムC)、母の半妹にジョワドヴィーヴル(G1-阪神ジュベナイルF)、母の半妹にサングレアル(G2-フローラS)。祖母ビワハイジはG1-阪神3歳牝馬S、G3-札幌3歳S、G3-京都牝馬特別の勝ち馬。

 

4・メイショウカラタチ 牝2
父・メイショウサムソン、母・メジロミシェル、母父・アグネスタキオン
生産者・赤田牧場、(栗)西橋豊治、鮫島良太

・2週連続、CWで6Fから追われるが時計はいずれも今一歩。

・母は3戦0勝。本馬は4番仔。

 

5・ミク 牝2
父・キングズベスト、母・サザンウェルズ、母父・Sadler’s Wells
生産者・中神牧場、(栗)藤沢則雄、幸英明

7/19(水)半マイル53.1-40.2-27.6-14.3。ラップタイム12.912.6-13.3-14.3。
7/12(水)半マイル53.8-39.1-26.2-13.5。ラップタイム14.7-12.912.7-13.5。

・2週連続、坂路で一杯に追われているがいずれも、終いバテてしまっている。

・母は15戦1勝。本馬は3番仔。3代母DafaynaはG3-コーク&オラリーSの勝ち馬。4代母DumkaはG1-フランス1000ギニーの勝ち馬。

 

6・アマノラヴィータ 牝2
父・キングヘイロー、母・サニークラッシック、母父・トニービン
生産者・丸村村下ファーム、(栗)川村禎彦、松若風馬

7/13(木)半マイル53.9-39.3-25.5-12.5。ラップタイム14.6-13.8-13.0-12.5

・1週前に坂路で加速ラップで併走馬(新馬)を追走し、先着する内容で上記時計を計時。ただ、今週は目立った時計を出していない。

・母は12戦0勝。本馬は9番仔。半兄サニーサンデーはG3-福島記念の勝ち馬。母の半兄サニーブライアンはG1-ダービー、G1-皐月賞の勝ち馬。祖母の全兄サニースワローはG1-ダービー2着馬。

 

7・ヤマニンルネッタ 牝2
父・アドマイヤムーン、母・アビシーナ、母父・Pivotal
生産者・ダーレージャパンファーム、(栗)浅見秀一、田中健

7/16(日)半マイル52.1-38.0-25.8-13.4。ラップタイム14.1-12.212.4-13.4。

・7/16(日)の坂路追いが実質的な最終追い切りで、終いバテてはいるが全体時計は良好。その後、7/19(水)に芝で5Fから乗られ、馬ナリで軽めの時計を出している。

・母はイギリスで10戦1勝。本馬は2番仔。

 

8・サンドクイーン 牝2
父・ゴールドアリュール、母・フィエラメンテ、母父・タニノギムレット
生産者・ノーザンファーム、(栗)岡田稲男、福永祐一

7/19(水)半マイル54.0-38.4-24.6-12.1。ラップタイム15.6-13.8-12.512.1
7/13(木)半マイル56.3-39.6-25.2-12.3。ラップタイム16.7-14.4-12.912.3

・今週の坂路最終追いは一杯に追われたもので、ラスト1F12.1秒をマーク。2週連続で加速ラップを踏めており、全体時計はともかく内容面は悪くない。

・2015年のセレクトセールにて1188万円で落札。母は6戦0勝。本馬は2番仔。母の半姉にトゥザヴィクトリー(G1-エリザベス女王杯、G2-サンスポ賞阪神牝馬特別、G3-クイーンS、G3-府中牝馬S)、ビーポジティブ(G3-クイーン賞)、母の半兄にサイレントディール(G3-シンザン記念、G3-武蔵野S、G3-佐賀記念)。従兄妹も重賞勝ち馬多数で、トゥザグローリー、トゥザワールド、トーセンビクトリー、デニムアンドルビーは全て重賞勝ち馬。

 

9・ブルベアアオジソ 牝2
父・シニスターミニスター、母・ノルゲ、母父・ワイルドラッシュ
生産者・地興牧場、(栗)飯田祐史、義英真

・1週前はCWで6Fから一杯に追われ、5F以降は水準級のタイム。

・2016年の北海道オータムセールにて226.8万円で落札。母は未出走。本馬は4番仔。

 

10・ザリーティー 牝2
父・フリオーソ、母・ミヤビリーティー、母父・ロージズインメイ
生産者・様似堀牧場、(栗)杉山晴紀、和田竜二

・1週前はCWで6Fから一杯に追われ、ラスト1Fは13秒台前半で若干、バテてはいるが全体時計は水準級。今週は芝で馬ナリで5Fから乗られる。

・2016年の北海道サマーセールにて270万円で落札。母は29戦5勝。本馬は初仔。母の半姉ミヤビランベリはG2-目黒記念、G2-アルゼンチン共和国杯、G3-七夕賞(2勝)の勝ち馬。

 

11・ジツリキキュート 牝2
父・スズカマンボ、母・マジックダンサー、母父・メジロライアン
生産者・富岡牧場、(栗)服部利之、川又賢治

・2週連続、CWで5Fから追われているが、先週はラスト1F15秒台後半、今週はラスト1F14秒台半ば。全体時計も際立って良くない上に完全に終いバテてしまっている現状では厳しい。

・母は未出走。本馬は4番仔。

 

12・トゥンバドーラ 牝2
父・スズカマンボ、母・オーベルゲイド、母父・Kaldoun
生産者・ノーザンファーム、(栗)庄野靖志、加藤祥太

7/19(水)半マイル54.6-39.8-26.1-13.1。ラップタイム14.8-13.7-13.0-13.1。
7/13(水)半マイル54.6-39.5-26.2-13.5。ラップタイム15.1-13.3-12.7-13.5。

・2週連続、坂路で追われているが時計が詰まってきていない。1F12秒台も少なく、いきなり好勝負出来る感じではない。

・募集価格1200万円。母はフランスで12戦2勝。本馬は11番仔。母の全姉AbbatialeはG3-ペネロープ賞の勝ち馬で産駒のBewitchedは英愛で重賞4勝。

 

13・レーヌビクトリア 牝2
父・スターリングローズ、母・アモーレペガサス、母父・メジロライアン
生産者・坂牧場、(栗)鈴木孝志、松山弘平

7/19(水)半マイル53.7-39.4-26.0-12.9。ラップタイム14.3-13.4-13.1-12.9

・1週前はCWで6Fから一杯に追われるも、時計は水準レベル以下。今週の坂路での最終追いは目を引く時計ではないが、バテていない点は悪くない。

・募集価格900万円。母は17戦1勝。本馬は10番仔。半姉ムーンエクスプレスはG2-フィリーズレビューで3着。母の半弟コスモサンビームはG1-朝日杯FS、G2-京王杯2歳S、G2-スワンSの勝ち馬。

 

14・プリュス 牝2
父・ヴィクトワールピサ、母・サラフィナ、母父・Refuse To Bend
生産者・社台ファーム、(栗)松永幹夫、武豊

7/19(水)半マイル53.1-38.4-24.8-12.8。ラップタイム14.7-13.6-12.012.8
7/12(水)半マイル54.8-39.2-24.8-12.1。ラップタイム15.6-14.4-12.712.1

・2週連続、坂路にて追われる。1週前は一杯に追われ、ラスト1F12.1秒をマーク。併走馬(新馬)を追走し大きく先着。今週は武豊ジョッキーが乗り、馬ナリでの追い切り。終いややバテているが、全体時計は先週よりも良く、仕上がりの良さが見てとれる。

・母はG1-フランスオークス、G1-サンクルー大賞、G1-サンタラリ賞、G2-フォワ賞、G2-コリーダ賞の勝ち馬。本馬は2番仔。4代母の半弟SumayrはG1-オイロパ賞、G1-パリ大賞典の勝ち馬。