2歳新馬・中京芝1600
1着賞金700万円

2歳牡馬
父:ロードカナロア
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(栗)池江泰寿
騎手:ホワイト
募集価格:1億円

 

中団外目からレースを運んだトゥザフロンティアがまだまだ粗削りなレースぶりながらも直線、抜け出して1着。勝ち時計1:36:8。推定上り34.7。

 

父:ロードカナロアはスズカマンサク、トロワゼトワル、ステルヴィオに続き、4頭目の中央新馬勝ち馬を輩出。他に未勝利勝ちのレッドシャーロットがおり、計5頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出している。

 

牝系:母は21戦6勝、2001年のG1-エリザベス女王杯など重賞4勝。本馬は11番仔。半兄トゥザグローリーは重賞5勝、半兄トゥザワールドはG2-弥生賞の勝ち馬、半姉トーセンビクトリーはG3-中山牝馬Sの勝ち馬。

 トゥザヴィクトリー(父・サンデーサイレンス)
 2001年JRA賞最優秀4歳以上牝馬
 1着:2001エリザベス女王杯(G1) 京都芝2200
 1着:2000サンスポ賞阪神牝馬特別(G2) 阪神芝1600
 1着:2000府中牝馬S(G3) 東京芝1800
 1着:2000クイーンS(G3) 札幌芝1800
 2着:1999オークス(G1) 東京芝2400(※1着ウメノファイバー)
 2着:2001ドバイワールドC(G1) UAEダ2000(※1着キャプテンスティーヴ)
 トゥザグローリー(父・キングカメハメハ、母・トゥザヴィクトリー)
 1着:2012日経新春杯(G2) 京都芝2400
 1着:2011日経賞(G2) 阪神芝2400
 1着:2011京都記念(G2) 京都芝2200
 1着:2012鳴尾記念(G3) 阪神芝2000
 1着:2010中日新聞杯(G3) 小倉芝2000

 

母父:サンデーサイレンスはBMSとしてヤマノグラップルに続き、2頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。母の父としてよりは母の母の父として影響力を及ぼす年代になっており、母の母の父としては7頭(アイアンクロー、ノームコア、ナムラバンザイ、プレトリア、ステルヴィオ、レッドシャーロット)の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出している。

 

クロス:Nureyev:M3×S5、Northern Dancer:M4×S5

 

生産牧場:ノーザンファームは中央2歳新馬戦12勝目(ヴァイザー、ステルヴィオ、ジナンボー、ホーリーレジェンド、ナンヨープランタン、ムスコローソ、スワーヴエドワード、レーツェル、ディロス、ワグネリアン、ノームコア)。他に未勝利勝ちが5頭(レッドシャーロット、リンガラポップス、コーディエライト、シュバルツボンバー、カレンシリエージョ)おり、計17頭が既に勝ち上がり。