2歳新馬・函館芝1800
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:ミラクルフラッグ
母父:スパイキュール
生産牧場:出口牧場
厩舎:(栗)西村真幸
騎手:岩田康誠

 

道中、9頭立ての8番手からゆったり追走していたシスターフラッグが3角過ぎから上位進出をはかり、4角では勝負圏内に押し上げて直線、メンバー最速の上りタイムを記録して差し切り勝ち。勝ち時計1:51:1。推定上り35.1。

 

父:ルーラーシップ産駒はナンヨープランタン(6/18の函館芝1200mの新馬勝ち)、キョウエイルフィー(本日7/23の函館芝1200mの未勝利勝ち)に続く、今季3頭目の中央2歳戦勝ち上がり。偶然にも3頭全てが函館での勝ち上がり。今週の土日デビューの5頭を含めてトータル25頭が既にデビューしているが、新馬戦で2着になり未勝利戦に出ていない馬が3頭、新馬戦で3着になり未勝利戦に出ていない馬が2頭おり、未勝利勝ちが近そうな馬が多く、勝ち上がり頭数はまだまだ増えそうな勢い。

 

牝系:母は28戦1勝。本馬は2番仔。母の半弟にゴールドシップ(詳細下記参照)。祖母ポイントフラッグはG3-チューリップ賞で2着。

 ゴールドシップ(父・ステイゴールド、母・ポイントフラッグ by メジロマックイーン)
 2012年JRA賞最優秀3歳牡馬
 1着:2012有馬記念(G1) 中山芝2500
 1着:2012皐月賞(G1) 中山芝2000
 1着:2012菊花賞(G1) 京都芝3000
 1着:2015天皇賞(春)(G1) 京都芝3200
 1着:2014宝塚記念(G1) 阪神芝2200
 1着:2013宝塚記念(G1) 阪神芝2200
 1着:2015阪神大賞典(G2) 阪神芝3000
 1着:2014阪神大賞典(G2) 阪神芝3000
 1着:2013阪神大賞典(G2) 阪神芝3000
 1着:2012神戸新聞杯(G2) 阪神芝2400
 1着:2012共同通信杯(G3) 東京芝1800

 

母父:スパイキュールはサンデーサイレンス産駒で現役時は10戦7勝(全てダート)。2007年生まれがファーストクロップで世代的にBMSとしてはまださしたる実績は残していない。ちなみに父としてはまだ中央重賞勝ち馬は未輩出だが、ノングレードの地方重賞勝ち馬は多数輩出している。

 

クロス:Mr. Prospector:S4×M5

 

生産牧場:出口牧場の近年のゴールドシップ以外の主な活躍馬は以下の通り。

 レジェンドテイオー(父・ノーザンテースト、母・ロイヤルハイブ by Royal Palace)
 1着:1988アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500
 1着:1986セントライト記念(G3) 中山芝2200
 2着:1987天皇賞(秋)(G1) 東京芝2000(※1着ニッポーテイオー)
 3着:1988天皇賞(秋)(G1) 東京芝2000(※1着タマモクロス、2着オグリキャップ)
 3着:1987中山記念(G2) 中山芝1800(※1着スズパレード、2着クシロキング)
 4着:1987有馬記念(G1) 中山芝2500(※1着メジロデュレン、2着ユーワジェームス、3着ハシケンエルド)