2歳新馬・福島芝2000
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:サクラシンフォニー
母父:ワイルドラッシュ
生産牧場:山田牧場
厩舎:(美)萱野浩二
騎手:大野拓弥

 

スターリバーが逃げた馬の番手につけスムーズにレースを運び、逃げ馬がバテた後は自然に先頭に立ち、そのまま押し切り勝ち。勝ち時計2:04:9。推定上り35.7。

 

父:スクリーンヒーロー産駒は今季の中央2歳戦初勝利。現2歳の血統登録頭数は57頭。2011年生まれの初年度産駒からモーリス、ゴールドアクターの2頭のG1馬をいきなり輩出した後も、セカンドクロップからミュゼエイリアン、グァンチャーレの中央重賞勝ち馬を輩出。サードクロップはここまで中央重賞未勝利だが、現3歳のフォースクロップからもトラストが出て、ここまで通算5頭の中央重賞勝ち馬を出している。

 

牝系:母は22戦2勝。本馬は3番仔。母の全兄サクラシンオーはG3-青葉賞3着。5代母スワンズウツドグローヴが輸入基礎牝馬でここを牝祖とする主な活躍馬は以下に別記した2頭以外に、サクラセカイオー(G3-エプソムC)、サクラトウコウ(G3-七夕賞)、サクラエイコウオー(G2-弥生賞、G3-七夕賞)、レジェンドハンター(G2-デイリー杯3歳S、G3-全日本サラブレッドC)、デュークグランプリ(G2-ブリーダーズGC、G2-東海菊花賞、G3-武蔵野S)などがいる。

 サクラチヨノオー(父・マルゼンスキー、母・サクラセダン by セダン)
 1着:1988日本ダービー(G1) 東京芝2400
 1着:1987朝日杯3歳S(G1) 中山芝1600
 1着:1988弥生賞(G2) 東京芝2000
 3着:1988皐月賞(G1) 東京芝2000(※1着ヤエノムテキ、2着ディクターランド)
 サクラホクトオー(父・トウショウボーイ、母・サクラセダン by セダン)
 1着:1988朝日杯3歳S(G1) 中山芝1600
 1着:1990AJCC(G2) 中山芝2200
 1着:1989セントライト記念(G2) 中山芝2200
 3着:1989有馬記念(G1) 中山芝2500(※1着イナリワン、2着スーパークリーク)

 

母父:ワイルドラッシュは父としてトランセンドを輩出しているが、BMSとしてはまだ中央重賞勝ち馬を輩出していない。BMSとして輩出した主な産駒は以下の通り。

 ハルクンノテソーロ(父・ファスリエフ、母・トウカイベルタ)*現役
 2着:2017ユニコーンS(G3) 東京ダ1600(※1着サンライズノヴァ)

 

クロス:ノーザンテースト:S4×M4、Hail to Reason:S5×S5、Northern Dancer:S5×S5×M5

 

生産牧場:山田牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 ワールドクリーク(父・マジックミラー、母・ケイシュウハーブ by ミシシッピアン)
 1着:1999東京大賞典(G1) 大井ダ2000
 サクラゴスペル(父・サクラプレジデント、母・サクラブルース by Cure the Blues)
 1着:2015京王杯スプリングC(G2) 東京芝1400
 1着:2015オーシャンS(G3) 中山芝1200
 1着:2013オーシャンS(G3) 中山芝1200
 2着:2015スプリンターズS(G1) 中山芝1200(※1着ストレイトガール)