2020/2/2(日)
京都11R 第25回シルクロードS・GⅢ
4歳以上 ハンデ 芝1200m
馬場状態 良
1着賞金 3900万円

レース結果

着順馬番馬名タイム決め手種牡馬生産者
1(8)アウィルアウェイ1.09.0差しジャスタウェイノーザンファーム
2(6)エイティーンガール1.09.0追込ヨハネスブルグ庄野牧場
3(15)ナランフレグ1.09.1追込ゴールドアリュール坂戸節子

(リンク先:JRA公式レース結果)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2020/011.html

アウィルアウェイ :重賞初勝利

ジャスタウェイ
(2009)
ハーツクライ┌サンデーサイレンス(Halo)
└アイリッシュダンス(トニービン)
シビル┌Wild Again(Icecapade)
└シャロン(Mo Exception)
ウィルパワー
(2007)
キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
トキオリアリティー┌Meadowlake(Hold Your Peace)
└What a Reality(In Reality)

通算成績:10戦4勝
これまでの主な戦績:
・19オパールS(L) 1着(京都芝1200)
・18京王杯2歳S・GⅡ 2着(東京芝1400)

父:ジャスタウェイ

ジャスタウェイは2009年生まれ。通算22戦6勝、GⅠ3勝(天皇賞・秋、安田記念、ドバイデューティーフリー)。アウィルアウェイの現4歳世代が初年度産駒で、昨年のチャレンジC(阪神芝2000)を勝ったロードマイウェイにつづき、これが2頭目の重賞勝馬となる。2020年の種付料は2019年と同じ400万円(受胎条件)と発表されている。

2020:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

3 ディープインパクト
1 キズナ、キングカメハメハ、ジャスタウェイ、タートルボウル、ディープブリランテ、ハービンジャー、マジェスティックウォリアー、メイショウサムソン, Malibu Moon

母:ウィルパワー

ウィルパワーは4勝(芝1200~1400、ダ1200)。ウィルパワーの半弟にリアルインパクト(安田記念、豪ジョージライダーS)、ネオリアリズム(香港クイーンエリザベス二世C)がいる。

アウィルアウェイは3番仔。初仔の半姉ミスパッションは未勝利。2番仔の半兄インディチャンプは安田記念、マイルChSとGⅠ2勝。明け2歳の4番仔はダイワメジャーの牝駒で、サンデーサラブレッドクラブにて3600万円で募集された。明け1歳の5番仔はキンシャサノキセキの牝。

母父:キングカメハメハ

キングカメハメハは2001年生まれ。ダービー、NHKマイルCとGⅠ2勝、通算8戦7勝。種牡馬として、レイデオロ、ドゥラメンテ、アパパネ、ロードカナロアなど多数のチャンピオンホースを輩出。母父としても、本馬と本馬の兄インディチャンプの他に、ワグネリアン、ブラストワンピース、モズカッチャンなどが活躍している。

2020:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

2 キングカメハメハ
1 アグネスデジタル、エンパイアメーカー、タイキシャトル、ダンスインダダーク、デュランダル、ハービンジャー、マリエンバード、Canadian Frontier、Distorted Humor 、Harlan’s Holiday, Mr. Greeley

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは、2020年の重賞4勝目。

馬名性齢レース名G場所距離種牡馬
アウィルアウェイ牝420シルクロードHG3京都芝1200ジャスタウェイ
チュウワウィザード牡520川崎記念J1川崎ダ2100キングカメハメハ
ブラストワンピース牡520AJCCG2中山芝2200ハービンジャー
サンクテュエール牝320シンザン記念G3京都芝1600ディープインパクト
2020:生産者別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

4 ノーザンファーム
1 磯野牧場、大狩部牧場、木田牧場、社台ファーム、村田牧場、レイクヴィラファーム

他に外国産馬が2(アメリカ1、カナダ1)

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら