UAEのメイダン競馬場にて行われたG2-アルマクトゥームチャレンジラウンド2(ダ1900m)、G3-UAE2000ギニー(ダ1600m)のレース結果と動画をお届けする。合わせてサウジカップデーの各レースの出走予定馬が主催者より発表されており、これについても触れる。

Al Maktoum Challenge R2 Sponsored By Mubadala(G2・ダ1900m・3歳以上)

1着:Benbatl

牡6、父・Dubawi、母・Nahrain、母父・Selkirk
調教師:Saeed bin Suroor、騎手:Christophe Soumillon

・3番手の外を追走していたBenbatlが4角でラクに先頭に立つと、直線では後続を一気に突き離し完勝。昨年のドバイワールドカップでサンダースノーとハナ差の大接戦を演じたGronkowskiらを降す価値ある勝利。

・今回の勝利で通算20戦10勝、重賞9勝。初のダート挑戦となった今回の勝利は今後、出走が予定されているサウジカップ、ドバイワールドカップに向けても非常に大きな勝利で、サンダースノーが引退した(ことがダート挑戦のきっかけと推察される)ゴドルフィンにとっては新たなダート路線の主軸としてBenbatlに賭ける期待も大きなものとなりそうである。

 1着:[2020/02/06]アルマクトゥームチャレンジラウンド2(UAEG2・ダ1900m・メイダン)
 1着:[2020/01/09]シングスピールS(UAEG2・芝1800m・メイダン)
 1着:[2019/09/27]ジョエルS(英G2・芝1m・ニューマーケット)
 1着:[2018/10/13]ラドブロークS(豪G1・芝2000m・コーフィールド)
 1着:[2018/07/29]ダルマイヤー大賞(独G1・芝1m2f・ミュンヘン)
 1着:[2018/03/31]ドバイターフ(UAEG1・芝1800m・メイダン)

 1着:[2018/02/01]アルラシディヤ(UAEG2・芝1800m・メイダン)
 1着:[2018/01/11]シングスピールS(UAEG3・芝1800m・メイダン)
 1着:[2017/06/22]ハンプトンコートS(英G3・芝1m1f212yds・アスコット)

・父のDubawiは2002年愛国産のDubai Millennium産駒。現役時は8戦5勝、ジャックルマロワ賞、アイリッシュ2000ギニー、ナショナルSの3つのG1を含む重賞4勝。産駒のほとんどは芝での活躍馬でダートで活躍した産駒はこれまでに不在で、AWでのドバイワールドカップを勝ったモンテロッソ、Prince Bishopがいる程度。Benbatlがこの後、サウジカップやドバイワールドカップで勝つ事になれば、父の名声はさらに高まることとなるが果たしてどうか。

母のNahrainは現役時はRoger Varian師に管理され10戦5勝、仏G1-オペラ賞、米G1-フラワーボウル招待Sの勝ち馬。祖母のBahrは英G2-リブルスデイルS、英G3-ムシドラSの勝ち馬。4代母のLa Merはニュージーランドオークス馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2020-02-06/750927

UAE 2000 Guineas Sponsored By Masdar(G3・ダ1600m・3歳)

1着:Fore Left

牡3、父・Twirling Candy、母・Simply Sunny、母父・Unbridled’s Song
調教師:Doug O’Neill、騎手:William Buick

・ハナを切ったFore Leftが快調に逃げ、直線半ばで早くもセーフティーリードを奪うと、最後は後続に差を詰められたが逃げ切り勝ち。UAE2000ギニートライアルの勝ち馬・Commandingは8着。

・今回の勝利で通算9戦4勝、重賞初勝利。昨年5/19にサンタアニタのメイドン(ダ4.5f)で1着→6/7のベルモントパークでのL-トレモントS(ダ5.5f)で1着。その後は3着(G2)→5着(G1)→7着(G1)→1着(条件戦)→3着(Black Type)→10着(G3)とし、初の遠征となる今回のレースへ臨んでいた。2018年キーンランド9月1歳馬セールにて9万7000ドルで取引された馬で、2019年OBS3月2歳馬トレーニングセールに14万5000ドルにて上場されるも主取りとなっていた馬。

 1着:[2020/02/06]UAE2000ギニー(UAEG3・ダ1600m・メイダン)

・父のTwirling Candyは2007年米国産のCandy Ride産駒。現役時は11戦7勝、G1-マリブS(ダ7f)、G2-デルマーダービー(芝9f)、G2-ストラブS(ダ9f)、G2-カリフォルニアンS(AW9f)の勝ち馬。主な産駒に昨年のG1-サンタアニタHの勝ち馬・Gift Box。TDNによる昨年の北米サイアーランキング18位で、G1馬を2頭、重賞勝ち馬を5頭、ブラックタイプ勝ち馬を12頭、昨年輩出している。今年の種付料は4万ドル。

・母のSimply Sunnyは2戦未勝利。曽祖母のStylish Starは米重賞2勝。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2020-02-06/750925

サウジカップデーの主催者発表の各レースの出走予定馬について

THE SAUDI CUP(ダ1800m・4歳以上、南半球産3歳以上・1着賞金1000万ドル)

・日本調教馬クリソベリル、ゴールドドリームが出走予定。

https://twitter.com/thesaudicup/status/1225051699720572928

LONGINES TURF HANDICAP(芝3000m・4歳以上、南半球産3歳以上・1着賞金150万ドル)

・Stradivarius以外の欧州の有力ステイヤーが軒並み集結した興味深いレース。

THE NEOM TURF CUP(芝2100m・4歳以上、南半球産3歳以上・1着賞金60万ドル)

・ラドブロークスではディアドラに10/11の2倍を切る単勝オッズをつけており、メンバー的にディアドラで堅いレースな印象。

THE SAUDIA SPRINT(ダ1200m・3歳以上・1着賞金90万ドル)

・日本調教馬マテラスカイが出走予定だが、昨年のG1-BCスプリント(ダ6f)で好内容の2着だったShancelotが中心になりそう。

THE 1351 TURF SPRINT(芝1351m・4歳以上、南半球産3歳以上・1着賞金60万ドル)

・1着賞金60万ドルの割りには薄いメンバー構成で、英重賞5勝(全て芝7f)のSir Dancealotにチャンス到来か?

THE SAUDI DERBY(ダ1600m・3歳・1着賞金48万ドル)

・日本調教馬フルフラットが出走予定。昨年のG1-BCジュヴェナイルターフ2着馬・Billy Battsの名前が目立つがダートでどうか。

THE JOCKEY CLUB LOCAL HANDICAP(ダ1800m・サウジアラビア調教馬4歳以上・1着賞金30万ドル)

THE OBAIYA ARABIAN CLASSIC(ダ2000m・純血アラブ限定4歳以上・1着賞金114万ドル)

※未発表