2020/2/15(土)
東京11R 第55回デイリー杯クイーンカップ・GⅢ
3歳・牝 別定 芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 3500万円

レース結果

着順馬番馬名タイム決め手種牡馬生産者
1(1)ミヤマザクラ1.34.0先行ディープインパクトノーザンファーム
2(9)マジックキャッスル1.34.0追込ディープインパクト社台ファーム
3(5)セイウンヴィーナス1.34.1差しカレンブラックヒル大柳ファーム

(リンク先:JRA公式レース結果)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2020/014.html

ミヤマザクラ:重賞初勝利

ディープインパクト
(2002)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
ウインドインハーヘア┌Alzao(Lyphard)
└Burghclere(Busted)
ミスパスカリ
(2001)
Mr. Greeley┌Gone West(Mr. Prospector)
└Long Legend(Reviewer)
ブルーアヴェニュー┌Classic Go Go(Pago Pago)
└Eliza Blue(Icecapade)

通算成績:4戦2勝
これまでの主な戦績:
19京都2歳S・GⅢ 2着(京都芝2000)

父:ディープインパクト

ディープインパクトは2002年生まれ。通算14戦12勝、GⅠ7勝(牡馬三冠、ジャパンC、天皇賞・春、宝塚記念、有馬記念)。種牡馬として2012年から8年連続でリーディングサイアーランキング首位に君臨している。2019年7月死亡。2020年の重賞5勝目。

馬名性齢レース名G場所距離母父馬
ミヤマザクラ牝320クイーンCG3東京芝1600Mr. Greeley
プリモシーン牝520東京新聞杯G3東京芝1600Fastnet Rock
スマイルカナ牝320フェアリーSG3中山芝1600Distorted Humor
サンクテュエール牝320シンザン記念G3京都芝1600Canadian Frontier
サウンドキアラ牝520京都金杯HG3京都芝1600アグネスデジタル
2020:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

5 ディープインパクト
1 キズナ、キングカメハメハ、ジャスタウェイ、シンボリクリスエス、タートルボウル、ディープブリランテ、ハービンジャー、マジェスティックウォリアー、メイショウサムソン、ヨハネスブルグ、Frankel、Malibu Moon

母:ミスパスカリ

ミスパスカリは3勝(芝1800~2000)、マーメイドS・GⅢで3着がある。ミスパスカリの半兄にクロフネ(ジャパンCダート、NHKマイルC)がいる。

ミヤマザクラは8番仔。2番仔の全兄ハワイアンソルトは2勝、4番仔の全兄マウントロブソンは5勝で、スプリングS・GⅡの勝馬。6番仔の全兄ポポカテペトル(現6歳)は5勝現役で、菊花賞・GⅠ3着がある。現5歳全兄の6番仔シエラネバダは1勝現役、現4歳全兄のボスジラは4勝現役。 現2歳、1歳世代の弟妹はいない模様。

母父:Mr. Greeley

Mr. Greeleyは1992年米国産。通算成績16戦5勝、G3の勝利実績があり、G1・BCスプリント2着。種牡馬として、Finceal Beo(英愛1000ギニーなど)、El Corredor(シガーマイルH)、Whywhywhy(米フューテュリティーS)らを輩出。母父としては、Eskimo Kisses(アラバマS)、米国産馬として活躍したベストウォリアー(南部杯連覇)などが活躍。2020年の母父としての重賞2勝目。

馬名性齢レース名G場所距離種牡馬
ミヤマザクラ牝320クイーンCG3東京芝1600ディープインパクト
マドラスチェック牝420TCK女王盃J3大井ダ1800Malibu Moon
2020:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

2 キングカメハメハ、Mr. Greeley
1 アグネスデジタル、エンパイアメーカー、ジャングルポケット、タイキシャトル、ダンスインダダーク、デュランダル、ハービンジャー、ヘネシー、マリエンバード、マンハッタンカフェ、Canadian Frontier、Distorted Humor 、Fastnet Rock、Harlan’s Holiday

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは、2020年の重賞6勝目。

馬名性齢レース名G場所距離種牡馬
ミヤマザクラ牝320クイーンCG3東京芝1600ディープインパクト
プリモシーン牝520東京新聞杯G3東京芝1600ディープインパクト
アウィルアウェイ牝420シルクロードHG3京都芝1200ジャスタウェイ
チュウワウィザード牡520川崎記念J1川崎ダ2100キングカメハメハ
ブラストワンピース牡520AJCCG2中山芝2200ハービンジャー
サンクテュエール牝320シンザン記念G3京都芝1600ディープインパクト
2020:生産者別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

6 ノーザンファーム
1 磯野牧場、大狩部牧場、木田牧場、社台ファーム、ノースヒルズ、八田ファーム、村田牧場、レイクヴィラファーム

他に外国産馬が3(アメリカ2、カナダ1)

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら