2020/2/22(土)
東京11R 第70回ダイヤモンドS・GⅢ
4歳以上 ハンデ 芝3400m
馬場状態 良
1着賞金 4100万円

レース結果

着順馬番馬名タイム決め手種牡馬生産者
1(16)ミライヘノツバサ3.31.2差しドリームジャーニー諏訪牧場
2(14)メイショウテンゲン3.31.2追込ディープインパクト三嶋牧場
3(1)オセアグレイト3.32.0先行オルフェーヴル下屋敷牧場

(リンク先:JRA公式レース結果)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2020/017.html

ミライヘノツバサ:重賞初勝利

ドリームジャーニー
(2004)
ステイゴールド┌サンデーサイレンス(Halo)
└ゴールデンサッシュ(ディクタス)
オリエンタルアート┌メジロマックイーン(メジロテイターン)
└エレクトロアート(ノーザンテースト)
タムロブライト
(2006)
シルバーチャーム┌Silver Buck(Buckpasser)
└Bonnie's Poker(Poker)
タムロチェリー┌セクレト(Northern Dancer)
└ミスグローリー(サクラユタカオー)

通算成績:23戦5勝
これまでの主な戦績:
・17日経賞・GⅡ 2着(中山芝2500)

父:ドリームジャーニー

ドリームジャーニーは2004年生まれ。通算31戦9勝、GⅠ3勝(有馬記念、宝塚記念、朝日杯FS)。4つ下の全弟にオルフェーヴルがいる。これが産駒の重賞初制覇で、昨年のホープフルS2着のヴェルトライゼンデ、愛知杯2着のアルメリアブルームなどあと一歩のレースが続いていた。2020年種付料はプライベート。

2020:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

6 ディープインパクト
1 キズナ、キングカメハメハ、ジャスタウェイ、シンボリクリスエス、タートルボウル、ディープブリランテ、ドリームジャーニー、バゴ、ハービンジャー、マジェスティックウォリアー、メイショウサムソン、ヨハネスブルグ、Frankel、Malibu Moon、New Approach

母:タムロブライト

タムロブライトは未勝利。その母タムロチェリーは阪神ジュヴェナイルFの勝馬。同牝系に秋華賞などを勝ったファインモーションがいる。

ミライヘノツバサは2番仔で、セレクトセール1歳で1080万円で落札された。初仔プラチナシェンロン、3番仔ベストミライは未勝利。現3歳の4番仔ミライヘノノゾミは未出走となっている。現2歳の5番仔(牡、父ジャスタウェイ)は昨年のセレクションセールで2376万円の値をつけた。

母父:シルバーチャーム

シルバーチャームは1994年米国産の米二冠馬。アメリカ・UAEで走り、通算成績24戦12勝、G1を3勝(ケンタッキーダービー、プリークネスS、ドバイワールドC)。2000年から米国、2005年からは日本で種牡馬供用されたが、成績は低迷した。母父としても本馬以外に目立った活躍馬は見当たらない。

2020:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

2 アグネスデジタル、キングカメハメハ、Mr. Greeley
1 エンパイアメーカー、クロフネ、ジャングルポケット、シルバーチャーム、タイキシャトル、ダンスインダダーク、デュランダル、ハービンジャー、ヘネシー、マリエンバード、マンハッタンカフェ、Canadian Frontier、Distorted Humor 、Fastnet Rock、Harlan’s Holiday、Pivotal

生産:諏訪牧場

青森県の諏訪牧場の過去の生産馬には、本馬の祖母タムロチェリー(阪神ジュヴェナイルフィリーズ)、本馬の叔父にあたるタムロスカイ(メイS・OP)がいる。古くはグリーングラスが、有馬記念、菊花賞、天皇賞・春を制覇。

2020:生産者別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

7 ノーザンファーム
2 社台ファーム
1 磯野牧場、大狩部牧場、木田牧場、諏訪牧場、ノースヒルズ、八田ファーム、村田牧場、レイクヴィラファーム

他に外国産馬が4(アメリカ2、イギリス1、カナダ1)

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら