ダービー馬レイデオロの全弟が登場する注目のレース。ここまでキングカメハメハ産駒は中央2歳戦の勝ち上がりがゼロで、そろそろ今季初勝利、の期待もかかる一戦。ドリームジャーニー産駒が水準級の時計を出しており逆転を狙うが、社台F生産のハーツクライ産駒のレースぶりも気になるところ。

 

1・ハルキスター 牡2
父・ハービンジャー、母・メジロミドウ、母父・ステイゴールド
生産者・レイクヴィラファーム、(栗)浅見秀一、藤岡佑介

・2週連続、札幌芝で馬ナリ調整。先週は5Fから、今週は6Fから乗られているが、時計的に目を引くものはない。

・2016年のセレクトセールにて3564万円で落札。母は15戦2勝。本馬は初仔。祖母メジロサンドラはG2-日経新春杯3着、G3-カブトヤマ記念3着。

 

2・ラソワドール 牝2
父・ゴールドアリュール、母・ルシルク、母父・Dynaformer
生産者・社台コーポレーション白老ファーム、(美)戸田博文、福永祐一

・先週は函館ダートで5Fから乗られるがタイムは良くない。今週は札幌芝で5Fから馬ナリで乗られ、ラスト1F11秒台後半。馬ナリでの時計ならまずまず。

・募集価格2500万円。母はアメリカで22戦1勝。本馬は6番仔。半兄グランシルクはG2-ニュージーランドT2着、G3-中京記念2着、G2-京王杯スプリングC3着、G3-ダービー卿CT3着。母の半弟ブレイクランアウトはG3-共同通信杯の勝ち馬。祖母キューはG2-ロングアイランドHの勝ち馬。

 

3・デルマラム 牝2
父・タートルボウル、母・ノブレスオブリッジ、母父・サンデーサイレンス
生産者・社台コーポレーション白老ファーム、(美)田島俊明、横山典弘

・先週は美浦の坂路で一杯に追われ、半マイル54.2秒、ラスト1F13.2秒。今週は札幌ダートで5Fから一杯に追われるが、ラスト1F13秒台なのがイマイチ。

・2017年の千葉サラブレッドセールにて734.4万円で落札。母は43戦6勝、G3-ローズS3着、G2-札幌記念3着。本馬は10番仔。母の全兄ゼンノショウグンはG3-小倉大賞典3着。

 

4・ラベンデュラン 牡2
父・ドリームジャーニー、母・カレイジャスミン、母父・タヤスツヨシ
生産者・三嶋牧場、(栗)西浦勝一、勝浦正樹

・先週は函館芝で5Fから強めに追われる。今週は函館Wで5Fから馬ナリで乗られ、ラスト1F13秒台だったが、全体時計は水準を超えるもの。

・母は36戦3勝、G2-フローラS2着。本馬は5番仔。祖母の半兄エアジハードはG1-安田記念、G1-マイルチャンピオンS、G3-富士Sの勝ち馬。

 

5・スタートレイン 牡2
父・スクリーンヒーロー、母・キャリコローズ、母父・ネオユニヴァース
生産者・門別敏朗、(美)田村康仁、柴山雄一

・2週連続、札幌ダートで一杯に追われているが、いずれも水準以下の時計。

・2016年の北海道サマーセールにて756万円で落札。母は48戦2勝。本馬は2番仔。

 

6・カヴァロディーオ 牡2
父・ハーツクライ、母・ウィローパドック、母父・クロフネ
生産者・社台ファーム、(栗)須貝尚介、ティータ

・2週連続、札幌芝で5Fから追われる。今週は強めに追われラスト1F12秒ジャスト。道中1F12秒以下のラップで走っており、併走馬に遅れた点は気にならない。

・2016年のセレクトセールにて2808万円で落札。母は10戦3勝。本馬は4番仔。母の半姉アストンマーチャンはG1-スプリンターズS、G2-フィリーズレビュー、G3-小倉2歳S、G3-ファンタジーSの勝ち馬。

 

7・レイエンダ 牡2
父・キングカメハメハ、母・ラドラーダ、母父・シンボリクリスエス
生産者・ノーザンファーム、(美)藤沢和雄、ルメール

・先週は函館芝、今週は札幌芝でいずれも5Fからルメールが乗って馬ナリで乗られている。全体時計はそれほどでもないが、今週はラスト1F12秒を切る時計。併走馬(古1000万)を追走し先着した内容も良い。

・募集価格7000万円。母は18戦4勝。本馬は3番仔。全兄レイデオロはG1-日本ダービー、G2-ホープフルSの勝ち馬。母の半弟ゴルトブリッツはJpn1-帝王賞、G3-アンタレスS(2勝)、Jpn3-マーキュリーCの勝ち馬。3代母ウインドインハーヘアはG1-アラルポカルの勝ち馬。