日本時間2/29(土)にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場にて行われる、サウジカップ開催の出馬表が確定しているのでお届けする。合わせてUAEのメイダン競馬場にて行われたG3-ナドアルシバトロフィー(芝2800m)のレース結果と動画をお届けする。

※サウジカップはグリーンチャンネル・グリーンチャンネルWebにて2/29(土)の26:00~27:00まで、ディアドラが出走するモハメドユスフナギモーターズカップ(当初、ネオムターフカップとされたレースが改称)は2/29(土)の21:30~22:30まで無料放送される。

Saudi Cup(ダ1800m・日本時間2/29(土)・26:40発走予定)

・Maximum Security、McKinzie、Mucho Gustoのアメリカ調教馬3頭が上位人気を形成。これに前走2/6のG2-アルマクトゥームチャレンジラウンド2(ダ1900m)で初ダートをあっさり克服したBenbatl、前走2/13のG3-ファイアーブレイクS(ダ1600m)でほぼ1年ぶりに復帰し、7馬身差で圧勝したCapezzanoが続く。

https://www.racingpost.com/racecards/1016/riyadh/2020-02-29/752823/

Saudia Sprint(ダ1200m・日本時間2/29(土)・25:50発走予定)

・米G1を4勝しているImperial Hintの実績がここでは最上位。これに挑むのが今年1/2のG3-ドバウィS(ダ1200m)→1/30のG3-アルシンダガスプリント(ダ1200m)を連勝中のGladiator King。日本調教馬・マテラスカイは5番人気。

https://www.racingpost.com/racecards/1016/riyadh/2020-02-29/752828/

Samba Saudi Derby(ダ1600m・日本時間2/29(土)・25:10発走予定)

・ウルグアイ産のBella Feverが2/6のメイダンでのメイダンクラシックトライアル(芝1400m)でFinal Songを降し、一気に人気を上げている。ウルグアイではダートでも芝でも勝っている馬で距離が持てば面白そうな存在。先週のG3-UAEオークスを圧勝したDown On Da Bayouも連闘で出走。

https://www.racingpost.com/racecards/1016/riyadh/2020-02-29/752826/

Jockey Club Cup(ダ1800m・日本時間2/29(土)・24:30発走予定)

・サウジアラビア調教馬限定のレース。

https://www.racingpost.com/racecards/1016/riyadh/2020-02-29/752829/

Longines Turf Handicap(芝3000m・日本時間2/29(土)・23:10発走予定)

・Cross Counter、True Self、Call The Wind、Called To The Bar、Dee Ex Bee、Prince Of Arranらが争覇圏内にいると思われる混戦模様の一戦。

https://www.racingpost.com/racecards/1016/riyadh/2020-02-29/752824/

ste 1351 Cup(芝1351m・日本時間2/29(土)・22:35発走予定)

・前走1/23のメイダンでのG2-アルファヒディフォート(芝1400m)を勝ったGlorious Journey、7fの英重賞を5勝しているSir Dancealotが人気の中心。

https://www.racingpost.com/racecards/1016/riyadh/2020-02-29/752849/

Mohamed Yousuf Naghi Motors Cup(芝2100m・日本時間2/29(土)・22:00発走予定)

・ディアドラがメンバー的に負けられない一戦でブックメーカーでは2倍を切る単勝オッズとなっている。昨年12/8のG1-香港ヴァーズ(芝2400m)ではディアドラが4着で、2番人気が見込まれるMount Everestは14着。

https://www.racingpost.com/racecards/1016/janadriyah/2020-02-29/752850/

Nad Al Sheba Trophy Sponsored By Mohammed Bin Rashid Al Maktoum City-District One(G3・芝2800m・3歳以上)

1着:Secret Advisor

せん6、父・Dubawi、母・Sub Rose、母父・Galileo
調教師:Charlie Appleby、騎手:William Buick

・直線を2番手で向かえたSecret Advisorが力強く抜け出して1着。人気のSpanish Missionは6着。

・今回の勝利で通算10戦4勝、重賞初勝利3歳時にG2-クイーンズヴァーズ(芝1m5f211yds)でStradivariusの3着だった馬。3歳8月から5歳6月まで、5歳7月から6歳1月まで、の2度にわたり長期休養があり、これまでのキャリアは順調さを欠くものとなっていたが、今年に入り1/30のメイダンでのL-メイダンカップ(芝2800m)を勝利し、ここへ臨んでいた。メイダンカップでは実績馬・Dee Ex Beeを降しており、今回も1番人気のSpanish Missionを撃破し、次走出走が予定される3/29のG2-ドバイゴールドカップでもいい勝負が出来そうな印象。

 1着:[2020/02/27]ナドアルシバトロフィー(UAEG3・芝2800m・メイダン)

・母のSub Roseは仏G3-ロワイヨモン賞(芝2800m)の勝ち馬。半きょうだい(せん馬)のSubway Dancer(父・Shamardal)は仏G2-コンセイユドパリ賞(芝2200m)、仏G3-アンドレバボワン賞(芝2000m)の勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2020-02-27/752334

ドバイワールドカップカーニバル参考記事