2020/3/7(土)
阪神11R 第27回チューリップ賞・GⅡ
3歳・牝 馬齢 芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 5200万円

レース結果

着順馬番馬名タイム決め手種牡馬生産者
1(13)マルターズディオサ1.33.3先行キズナ天羽禮治
2(1)クラヴァシュドール1.33.3先行ハーツクライ下河辺牧場
3(4)レシステンシア1.33.5逃げダイワメジャーノーザンファーム

(リンク先:JRA公式レース結果)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2020/023.html

マルターズディオサ:重賞初勝利

キズナ
(2010)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
キャットクイル┌Storm Cat(Storm Bird)
└Pacific Princess(Damascus)
トップオブドーラ
(2004)
Grand Slam┌Gone West(Mr. Prospector)
└Bright Candles(El Gran Senor)
Maltese Dianne┌スピニングワールド(Nureyev)
└Lavish Gift(ジェネラス)

通算成績:5戦3勝
これまでの主な戦績:
19阪神JF・GⅠ 2着(阪神芝1600)

父:キズナ

キズナは2010年生まれ。通算成績14戦7勝、GⅠ1勝(ダービー)。現3歳が初年度産駒で、これがクリスタルブラック(京成杯)、ビアンフェ(函館2歳S)、キメラヴェリテ(北海道2歳優駿)に続く4頭目の重賞勝ち馬。2020年の重賞は2勝目。今年の種付料は600万円。

馬名性齢レース名G場所距離母父馬
マルターズディオサ牝320チューリップ賞G2阪神芝1600Grand Slam
クリスタルブラック牡320京成杯G3中山芝2000タイキシャトル
2020:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

9 ディープインパクト
2 キズナ、タートルボウル、Frankel
1 キングカメハメハ、ジャスタウェイ、シンボリクリスエス、ディープブリランテ、ドリームジャーニー、バゴ、ハービンジャー、マジェスティックウォリアー、メイショウサムソン、ヨハネスブルグ、Malibu Moon、New Approach

母:トップオブドーラ

トップオブドーラは米国産。外国産馬として日本で走り、ダ1000mで3勝。トップオブドーラの5代母Miss Carmieを牝祖とする一族に、タップダンスシチー、ディープスカイらがいる。

マルターズディオサは5番仔。2番仔の半兄アルタイル(父カネヒキリ)はダート7勝現役。他の兄弟にJRA勝馬はいない。現1歳の6番仔はロードカナロアの牝。

母父:Grand Slam

Grand Slamは1995年米国生まれ。通算成績15戦4勝、米2歳G1を2勝(フューチュリティS、シャンペンS)。代表産駒に、Cajun Beat(BCスプリント)、日本で走ったカフェオリンポス(ジャパンダートダービー)。母父として、Toronado(英サセックスS、クイーンアンS)、ゴスホークケン(朝日杯FS)を輩出。

2020:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

3 キングカメハメハ
2 アグネスデジタル、クロフネ、ヘネシー、Mr. Greeley
1 エンパイアメーカー、ジャングルポケット、シルバーチャーム、タイキシャトル、ダンスインダダーク、デュランダル、ハービンジャー、フレンチデピュティ、マリエンバード、マンハッタンカフェ、Canadian Frontier、Distorted Humor 、Fastnet Rock、Grand Slam、Harlan’s Holiday、Pivotal、Storm Cat

生産:天羽禮治

天羽禮治氏の近年の生産馬には一昨年のTCK女王盃を勝ったミッシングリンク、京葉S(L)勝ちのアポロノシンザンなどがいる。古くはマウントニゾンが目黒記念などを勝利。

2020:生産者別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

8 ノーザンファーム
3  社台ファーム
1 天羽禮治、磯野牧場、大狩部牧場、木田牧場、グランド牧場、諏訪牧場、ノースヒルズ、八田ファーム、三嶋牧場、村田牧場、レイクヴィラファーム

他に外国産馬が5(アメリカ3、イギリス1、カナダ1)

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら