2歳新馬・新潟芝1400
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:ダノンシャンティ
母:コスモランゲル
母父:スターオブコジーン
生産牧場:ビッグレッドファーム
厩舎:(美)萱野浩二
騎手:嘉藤貴行

 

直線、先に抜け出したドリームジャンボを残り200を切った辺りから猛追したルリハリが並びかけて競り落としての勝利。勝ち時計1:23:3(土曜日の新馬戦より2秒早いタイム)。推定上り34.7(メンバー最速)。

 

父:ダノンシャンティ産駒は今年の中央2歳戦初勝利。昨年(現3歳)の中央2歳戦では33頭が出走し8頭が勝ちあがり。種付頭数が漸減傾向にあったが、ファーストクロップからスマートオーディン(G2-京都新聞杯、G3-毎日杯、G3-東スポ杯2歳S)を輩出し、2015年には初年度の半分以下の69頭まで落ち込んだ種付頭数が2016年には109頭まで盛り返している現況。

 2014年種付頭数:86頭、血統登録頭数(現2歳):51頭、中央勝馬頭数:1頭(現時点)
 2013年種付頭数:102頭、血統登録頭数(現3歳):68頭、中央勝馬頭数:19頭
 2012年種付頭数:153頭、血統登録頭数(現4歳):70頭、中央勝馬頭数:16頭

 

牝系:母は22戦2勝。本馬は4番仔。母の従兄マイネルデュプレはG3-共同通信杯の勝ち馬。母の従妹マイネグレヴィルはG3-札幌2歳S2着、G3-フラワーC2着。母の従弟マイネルシュバリエはG3-札幌2歳S2着。祖母の半妹マイネミモーゼはG2-フローラS2着。

 

母父:スターオブコジーンはCozzene産駒で1993年のG1-アーリントンミリオン(USA芝10.0F)、同年のG1-マンノウォーS(USA芝11.0F)など、重賞8勝。父としては複数の重賞勝ち馬(マイネルスターリー、マイネルブルック、ネイティヴハート、ニホンピロサート、ユーワファルコン、マイネルビンテージ、エンゼルカロ、ハリーズコメット)を輩出しているが、BMSとしてはまだ重賞勝ち馬は出せていない。

 

クロス:Halo:S4×S4、Darshaan:S4×M4

 

生産牧場:ビッグレッドファームは今年の中央2歳戦6頭目(ヴィオトポス、マイネルエメ、フィルハーモニー、コスモジョーカー、リープフラウミルヒ、ルリハリ)の勝ちあがり。