2歳新馬・札幌芝1200
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:スターリングローズ
母:サフランカーネギー
母父:カーネギー
生産牧場:林農場
厩舎:(栗)北出成人
騎手:古川吉洋

 

真っ先にゲートを出たサフランブーケがそのままハナに立ち、直線に入っても脚色衰えず逃げ切り勝ち。勝ち時計1:09:9。推定上り35.0。

 

父:スターリングローズはアフリート産駒で、G1-JBCスプリント、G2-かしわ記念、G3-プロキオンS(2勝)、G3-シリウスS、G3-兵庫ゴールドトロフィーの勝ち馬。近5年のサラ総合サイアーランキングは、60→94→72→90→81位(現時点)。現2歳の血統登録頭数は41頭で、既に地方では4頭が勝ち名乗りをあげているが、中央では本馬が今季初の2歳戦勝利となった。産駒唯一の中央重賞勝ち馬はアスカクリチャン。

 アスカクリチャン(母・ローレルワルツ by ダイナレター)
 1着:2013アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500
 1着:2012七夕賞(G3) 福島芝2000

 

牝系:母は28戦2勝。本馬は7番仔。母の従弟マルブツイースターはG3-小倉2歳Sの勝ち馬で他に重賞入着2回。祖母の半弟トウカイパルサーはG3-愛知杯の勝ち馬でG3-朝日チャレンジC2着、G2-京都記念3着。

 

母父:カーネギーはSadler’s Wells産駒で、G1-凱旋門賞、G1-サンクルー大賞、G2-ニエル賞、G2-ウジェーヌアダム賞、G3-フォワ賞の勝ち馬。父として2頭の中央重賞勝ち馬を輩出(ホオキパウェーブ、カーネギーダイアン)しているが、BMSとしては既に中央重賞勝ち馬をモーリスを筆頭に5頭輩出しており、注目のBMSといえよう。

 モーリス(父・スクリーンヒーロー、母・メジロフランシス)
 2015年JRA年度代表馬、最優秀短距離馬
 2016年JRA特別賞
 1着:2015安田記念(G1) 東京芝1600
 1着:2016天皇賞(秋)(G1) 東京芝2000
 1着:2015マイルチャンピオンシップ(G1) 京都芝1600
 1着:2016香港カップ(G1) HKG芝2000
 1着:2016チャンピオンズマイル(G1) HKG芝1600
 1着:2015香港マイル(G1) HKG芝1600
 1着:2015ダービー卿チャレンジT(G3) 中山芝1600
 エピカリス(父・ゴールドアリュール、母・スターペスミツコ)
 1着:2016北海道2歳優駿(Jpn3) 門別ダ1800
 メイショウナルト(父・ハーツクライ、母・スターペスミツコ)
 1着:2014七夕賞(G3) 福島芝2000
 1着:2013小倉記念(G3) 小倉芝2000
 アドマイヤコマンド(父・アグネスタキオン、母・トコア)
 1着:2008青葉賞(G2) 東京芝2400
 アドマイヤホクト(父・サクラバクシンオー、母・リドルミー)
 1着:2007ファルコンS(G3) 中京芝1200

 

クロス:Mr. Prospector:S3×M5、Northern Dancer:S4×M4×M5、Tom Fool:S5×S5

 

生産牧場:林農場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 ホンドグランプリ(父・サマーサスピション、母・フワムホース by フリートウイング)
 1着:2001奥利根特別(地方重賞) 高崎ダ2000