2歳新馬・新潟芝1600
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:アメジストリング
母父:フジキセキ
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(美)斎藤誠
騎手:石橋脩
募集価格:2000万円

 

人気のノーブルカリナンが2番手から抜け出しかけるも、追われて案外な伸びでモタつき加減なところへ、外からカーボナード、大外からウラヌスチャームが強襲。最後はハナ差、ウラヌスチャームが差し切って1着。勝ち時計1:38:2。推定上り32.0(メンバー最速)。

 

父:ルーラーシップは6/18の函館芝1200mの新馬戦を勝ったナンヨープランタン、7/23の函館芝1200mの未勝利戦を勝ったキョウエイルフィー、7/23の函館芝1800mの新馬戦を勝ったシスターフラッグ、今日の小倉芝1800mの未勝利戦を勝ったタガノスカイハイに続く、5頭目の今季中央2歳戦の勝ち馬を輩出。現時点で5頭の勝ちあがりという数字はダイワメジャー、ディープインパクト、ロードカナロアに並ぶ数字。昨年の中央2歳戦では70頭が出走し、18頭が勝利しており、血統登録頭数があまり変わらないため(現3歳:131頭、現2歳:139頭)、今季の2歳戦でも同じくらいの数字は出したいところだろう。

 

牝系:母は46戦4勝、G3-クイーンSで3着。本馬は5番仔。祖母インフェイヴァーが輸入基礎牝馬。3代母Optimistic GalはG1-スピンスターS、G1-フリゼットS、G1-メイトロンS、G1-アラバマS、G1-デラウェアH、G1-セリマS、G2-ケンタッキーオークス、G3-アシュランドS、G3-アディロンダックS、G3-アルシバイアデジズSの勝ち馬で、他にG1での2着が5回、G1での3着が1回。

 

母父:フジキセキはBMSとして、6/17の東京ダ1400mの新馬戦を勝ったマイネルユキツバキ、7/8の函館芝1200mの新馬戦を勝ったウインジェルベーラ、7/22の中京ダ1200mの未勝利戦を勝ったドンフォルティス、7/30の小倉芝1200mの新馬戦を勝ったコウエイユキチャンに続く、5頭目の今季中央2歳戦の勝ち馬を輩出。フジキセキの近5年のサラ総合BMSランキングは8→7→5→4→4位(現時点)。

 

クロス:なし

 

生産牧場:ノーザンファームは今年の中央2歳戦21頭目(ヴァイザー、ステルヴィオ、ジナンボー、ホーリーレジェンド、ナンヨープランタン、ムスコローソ、スワーヴエドワード、コーディエライト、レーツェル、リンガラポップス、シュバルツボンバー、レッドシャーロット、ディロス、ワグネリアン、ノームコア、カレンシリエージョ、トゥザフロンティア、アーデルワイゼ、アントルシャ、レイエンダ、ウラヌスチャーム)の勝ち上がり。