オルフェーヴル産駒・トップヴォイスが良好な調整過程で、産駒2頭目の勝ちあがりなるか注目されるが、ノーザンF生産のタートルボウル産駒、タニノギムレット産駒、ルーラーシップ産駒も争覇圏内にいる印象で上位伯仲のメンバー構成。

 

1・マーナガルム 牡2
父・キングカメハメハ、母・ライラプス、母父・フレンチデピュティ
生産者・ノーザンファーム、(栗)松田国英、古川吉洋

・2週連続、函館Wで5Fから追われる。今週は一杯に追われた先週と比べると、ラスト1Fの時計を馬ナリで上回っており、好調さが伺える。ただ、時計自体は水準以下。

・母は29戦3勝、G3-クイーンCの勝ち馬で他に重賞入着4回。本馬は7番仔。祖母フサイチエアデールはG2-報知杯4歳牝馬特別、G3-シンザン記念、G3-ダービー卿CT、G3-マーメイドSの勝ち馬。母の半弟フサイチリシャールはG1-朝日杯FS、G2-阪神C、G3-東京スポーツ杯2歳Sの勝ち馬。

 

2・ネル 牡2
父・アドマイヤムーン、母・プリティカポレイ、母父・クロフネ
生産者・新冠橋本牧場、(栗)安田隆行、勝浦正樹

・先週は札幌ダートで5Fから一杯に追われ、今週は札幌芝で5Fから一杯に追われる。先週はラスト1F13秒台でやや水準には足りない時計。今週はラスト1F12秒台でまずまず。

・母は29戦3勝。本馬は2番仔。母の半弟ウインガナドルはG3-ラジオNIKKEI賞2着。祖母タイムフェアレディはG3-フラワーCの勝ち馬。

 

3・ルフィーナ 牝2
父・ヴィクトワールピサ、母・ピンクリップス、母父・エンドスウィープ
生産者・レイクヴィラファーム、(美)大竹正博、藤岡佑介

・先週は函館芝で5Fから馬ナリで乗られ、今週は函館Wで4Fから馬ナリで乗られる。ともに馬ナリでの調整のため、時計面で目立つものはない。

・2016年のセレクトセールにて2484万円で落札。母は5戦1勝。本馬は7番仔。従姉にワイルドラズベリー(G2-ローズS2着)、従兄にカフナ(G3-小倉大賞典2着、G2-目黒記念3着、G3-ラジオNIKKEI賞3着)。母の半兄マルロスはG3-新潟2歳S3着。母の半妹にベッラレイア(G2-フローラSの勝ち馬。他に重賞入着5回。)。

 

4・タケルデューク 牡2
父・タニノギムレット、母・サウスオブスカイ、母父・ボストンハーバー
生産者・村上欽哉、(美)加藤征弘、池添謙一

・2週連続、函館Wで5Fから乗られる。今週は馬ナリで3F以降は水準以上の時計。

・2015年のセレクトセールにて864万円で落札。母は未出走。本馬は5番仔。母の半姉ヘヴンリーロマンスはG1-天皇賞(秋)、G2-阪神牝馬S、G2-札幌記念の勝ち馬。従兄にアウォーディー(Jpn1-JBCクラシック、Jpn2-日本テレビ盃、G3-シリウスS、G3-アンタレスS、Jpn3-名古屋大賞典)、従姉にアムールブリエ(Jpn2-エンプレス杯(2勝)、Jpn2-名古屋グランプリ(2勝)、Jpn3-ブリーダーズGC(2勝))、従兄にラニ(G2-UAEダービー)。

 

5・レッドオールデン 牡2
父・ルーラーシップ、母・リーチフォーザムーン、母父・Pulpit
生産者・千代田牧場、(美)藤沢和雄、柴山雄一

・先週は函館芝、今週は札幌芝でそれぞれ5Fから馬ナリで乗られる。今週は3F以降は1F12秒以下のペースでラップを刻んでおり、併走馬(古オープン)に先着した内容も良い。

・募集価格1800万円。母は英愛で2戦1勝、G1-フィリーズマイル3着。本馬は9番仔。母の半兄にアグネスデジタル(G1-マイルCS、G1-天皇賞(秋)、G1-フェブラリーS、G1-安田記念、G1-南部杯、G1-香港C、G2-全日本3歳優駿、G3-ユニコーンS、G3-名古屋優駿、G3-日本テレビ盃)、母の半弟にシェルゲーム(G3-毎日杯2着、G2-青葉賞3着)、母の半弟にジャリスコライト(G3-京成杯)。

 

6・ボールドスパルタン 牡2
父・アドマイヤジャパン、母・ラブカーナ、母父・オース
生産者・新冠橋本牧場、(美)大和田成、丸山元気

・先週は函館Wで5Fから馬ナリで乗られる。今週は札幌芝で4Fから乗られるが、時計はイマイチ。ただ、併走馬(古1000万)を追走し先着した内容は評価出来る。

・母は18戦2勝、G1-オークスで3着。本馬は6番仔。

 

7・デルマシャンパン 牝2
父・ヴァーミリアン、母・ランウェイスナップ、母父・Distant View
生産者・下河辺牧場、(美)鹿戸雄一、蛯名正義

・先週は美浦の南Wで5Fから馬ナリ調整。今週は函館Wで5Fから馬ナリで乗られる。ともに時計は目立たないもの。

・2017年の北海道トレーニングセールにて432万円で落札。母は20戦2勝。本馬は2番仔。3代母MasakeはG3-ハニムーンH(USA芝8.5F)の勝ち馬。

 

8・ラクロアクリスエス 牡2
父・タートルボウル、母・ハイレイヤー、母父・シンボリクリスエス
生産者・ノーザンファーム、(栗)庄野靖志、ティータ

・2週連続、函館Wで5Fから一杯に追われる。先週の時計は水準級で併走馬(新馬)を追走し、大きく先着。今週は先週よりは時計は劣る。

・2015年のセレクトセールにて1350万円で落札。母は20戦2勝。本馬は2番仔。従姉にアイムユアーズ(G2-フィリーズレビュー、G3-ファンタジーS、G3-クイーンC、G3-クイーンS)。従兄にホワイトピルグリム(G2-金鯱賞3着)。3代母ダイナカール(オークス馬)から祖母セシルカットを経た牝系出身。

 

9・ザファーストバイオ 牡2
父・ハービンジャー、母・ブライトネスバイオ、母父・アグネスタキオン
生産者・中館牧場、(栗)西浦勝一、坂井瑠星

・2週連続、札幌芝で5Fから追われるが、時計は地味。

・母は5戦0勝。本馬は5番仔。母の半兄アクティブバイオはG2-日経賞、G2-アルゼンチン共和国杯の勝ち馬。

 

10・ペイシャジャン 牡2
父・ジャングルポケット、母・セイントリーフ、母父・タヤスツヨシ
生産者・清水スタッド、(栗)吉田直弘、城戸義政

・2週連続、札幌ダートで一杯に追われる。先週は6Fからだったが併走馬に遅れを取り、時計も水準以下。今週は5Fから追われ、先週よりは時計は良く、併走馬(3歳未勝利)を追走し先着はしたが、時計はまだ水準には足りない。

・母は26戦9勝。本馬は11番仔。母の半弟にセイクリムズン(Jpn2-さきたま杯、G3-カペラS、G3-根岸S、Jpn3-かきつばた記念(2勝)、Jpn3-黒船賞(3勝)、Jpn3-東京スプリント)、従兄にオープンガーデン(JG2-阪神スプリングJ)。

 

11・トップヴォイス 牡2
父・オルフェーヴル、母・レッドヴィーナス、母父・サクラバクシンオー
生産者・細川農場、(栗)昆貢、横山典弘

・2週連続、函館Wで5Fから乗られる。先週は強めに追われ、時計は水準以下だがラスト1F12秒台前半。今週は馬ナリで時計を出し、3F以降は水準を上回る時計を計時。併走馬(古オープン)を追走し先着した内容も良く、順調な調整過程。

・母は29戦3勝。本馬は5番仔。半兄トップカミングはG2-日経新春杯で2着、G2-青葉賞3着、G3-シンザン記念3着、G3-共同通信杯3着。

 

12・ペプチドオーキッド 牡2
父・ワークフォース、母・ペプチドヒノトリ、母父・クロフネ
生産者・杵臼牧場、(栗)木原一良、四位洋文

・2週連続、南Wで5Fから馬ナリで乗られる。時計はいずれも水準以下だが先週はラスト1F12秒台前半を出しており、そこそこの仕上がりにはある印象。

・母は8戦1勝。本馬は初仔。祖母ホーネットピアスはG1-桜花賞3着。祖母の半弟にアドマイヤマックス(G1-高松宮記念、G3-東京スポーツ杯2歳S、G3-富士S)。母の従姉にラインクラフト(G1-桜花賞、G1-NHKマイルC、G2-フィリーズレビュー、G2-阪神牝馬S、G3-ファンタジーS)、母の従兄にアドマイヤロイヤル(G3-プロキオンS)。

 

13・アドマイヤテンプウ 牝2
父・ハービンジャー、母・アステリオン、母父・フレンチデピュティ
生産者・ノーザンファーム、(栗)梅田智之、藤岡康太

・先週は函館芝で5Fから強めに追われる。今週は函館Wで4Fから強めに追われる。目を引くような時計は出ていない。

・2015年のセレクトセールにて1188万円で落札。母は6戦0勝。本馬は2番仔。母の全姉ライラプスはG3-クイーンCの勝ち馬、母の半兄フサイチリシャールはG1-朝日杯FS、G2-阪神C、G3-東京スポーツ杯2歳Sの勝ち馬。祖母フサイチエアデールはG2-報知杯4歳牝馬特別、G3-シンザン記念、G3-ダービー卿CT、G3-マーメイドSの勝ち馬。