唯一の牝馬、オルフェーヴル産駒・ロックディスタウンが2週連続で好調教を披露。鞍上にルメールを配し大きな期待がかかるが、ステイゴールド産駒・シャルドネゴールドも調教動いており、有力候補。ディープインパクト産駒、ハーツクライ産駒は目立った時計は出ていないが、怖い存在。キングズベスト産駒も良好な調整過程で侮れない。

 

1・ウェルズレジェンド 牡2
父・シンボリクリスエス、母・リードザウェイ、母父・アグネスタキオン
生産者・本桐牧場、(美)大江原哲、田中勝春

・2週連続、坂路で一杯に追われ、半マイル57.3秒→53.4秒と時計を詰めている。ラスト1Fもともに13.4秒と大きくは乱れていないが、1F12秒台が2週ともゼロなのは印象的にイマイチ。

・母は3戦1勝。本馬は8番仔。3代母ポーラリヴァールはG3-ゼニョリータBCSの勝ち馬。母の従弟マサノブルースはJG3-京都ジャンプSの勝ち馬。母の従弟マキオボーラーはJG3-小倉サマージャンプの勝ち馬。

 

2・マイネルメモーリア 牡2
父・アイルハヴアナザー、母・レミニセンス、母父・サンデーサイレンス
生産者・ビッグレッドファーム、(美)宗像義忠、柴田大知

・2週連続、南Wで4Fから乗られる。先週はゴール前仕掛けられるもラスト1F13秒台半ば。今週は一杯に追われるも同様にラスト1F13秒台半ば。内容的に今一つ。

・募集価格1700万円。母は社台ファームの生産馬で12戦5勝。本馬は7番仔。従兄ディラクエはJpn3-北海道2歳優駿の勝ち馬で、Jpn1-全日本2歳優駿2着。

 

3・ウォルビスベイ 牡2
父・ディープインパクト、母・オヴァンボクイーン、母父・Kalatos
生産者・社台ファーム、(栗)松永幹夫、武豊

8/2(水)半マイル54.4-38.9-25.6-13.1。ラップタイム15.5-13.3-12.5-13.1。
7/26(水)半マイル55.6-40.3-25.9-12.6。ラップタイム15.3-14.4-13.3-12.6

・2週連続、栗東坂路で乗られる。今週は馬ナリで上記時計を計時。先週よりは良い時計が出ているが、ラスト1Fバテている上に水準級の時計ではない。まだメイチには仕上げられていない印象。

・募集価格7000万円。母はドイツ、デンマークで重賞3勝。本馬は2番仔。祖母の半兄Oxalaguは1997年のG1-バイエルンツフトレネンなど、ドイツで重賞7勝。

 

4・タイムフライヤー 牡2
父・ハーツクライ、母・タイムトラベリング、母父・ブライアンズタイム
生産者・社台コーポレーション白老ファーム、(栗)松田国英、北村宏司

・先週は坂路で一杯に追われ、半マイル56.8秒(ラスト1F12.5秒)を計時。今週はCWで6Fから一杯に追われるも、全体時計は水準以下。ただ、ラスト1F12秒ジャストだったことや、併走馬(新馬)を追走し先着した内容は良い。

・募集価格2600万円。母は8戦1勝。本馬は6番仔。母の全兄にタイムパラドックス(G1-ジャパンカップダート、G1-川崎記念、G1-帝王賞、G1-JBCクラシック(2勝)、G2-ブリーダーズGC、G3-平安S、G3-アンタレスS、G3-白山大賞典)。母の従兄にサクラローレル(1996年のJRA年度代表馬、最優秀4歳以上牡馬。G1-天皇賞(春)、G1-有馬記念、G2-中山記念、G2-産経賞オールカマー、G3-中山金杯)。

 

5・ロックディスタウン 牝2
父・オルフェーヴル、母・ストレイキャット、母父・Storm Cat
生産者・社台コーポレーション白老ファーム、(美)二ノ宮敬、ルメール

・先週南Wで5Fから強めに追われ、水準を上回る出色の時計をマーク。今週は南Wで4Fから馬ナリで乗られ、併走馬(3歳未勝利)を追走し先着。今週も水準超えのタイムを計時し、ラスト1F12秒台前半でまとめている。2週連続でこの動きなら期待が大きくなるのは当然だろう。

・募集価格3000万円。母は1戦0勝。本馬は10番仔。母の半弟ゼンノロブロイは2004年のJRA賞年度代表馬、同年のJRA賞最優秀4歳以上牡馬で、G1-天皇賞(秋)、G1-ジャパンカップ、G1-有馬記念、G2-青葉賞、G2-神戸新聞杯の勝ち馬。祖母ローミンレイチェルはG1-バレリーナH、G2-ボーモントS、G3-ブラウン&ウイリアムソンHの勝ち馬。

 

6・シャルドネゴールド 牡2
父・ステイゴールド、母・セルフプリザヴェーション、母父・Lion Heart
生産者・パカパカファーム、(栗)池江泰寿、岩田康誠

・今週はCWで4Fから馬ナリで乗られ、3F以降で水準級の時計をマーク。併走馬(古500万)を追走し遅れたままでの入線となったが、この時計なら気にならない。

・母は米愛で11戦2勝、G1-デルマーデビュタントS2着。本馬は初仔。

 

7・ミッキーチャイルド 牡2
父・ダノンシャンティ、母・ミッキーレモン、母父・ロージズインメイ
生産者・追分ファーム、(美)久保田貴、大野拓弥

・先週は南Wで5Fから一杯に追われるが時計はイマイチ。今週はPで5Fから馬ナリ調整。時計面で目を引くものはない。

・母は16戦3勝。本馬は初仔。3代母の全妹カシワズビーナスはG1-阪神3歳牝馬S3着、G3-札幌3歳S3着。3代母の従弟にデュランダル(G1-スプリンターズS、G1-マイルチャンピオンS(2勝)、サイキョウサンデー(G3-中日スポーツ賞4歳S)。

 

8・マヤノフロスティ 牡2
父・キングズベスト、母・マヤノロシュニ、母父・マンハッタンカフェ
生産者・天羽牧場、(美)牧光二、柴田善臣

・2週連続、南Wで乗られる。先週は5Fから強めに追われ、好時計を計時。今週は4Fから馬ナリ調整。調子良さそう。

・母は19戦4勝。本馬は2番仔。

 

9・ブリリアントデイズ 牡2
父・ディープブリランテ、母・ハヴアグッドデイ、母父・シンボリクリスエス
生産者・千代田牧場、(美)相沢郁、津村明秀

・今週は南Wで5Fから強めに追われ、まずまずのタイム。併走馬(2歳未勝利)を追走し大きく先着した内容から好仕上がりと判断出来そう。

・母は8戦1勝。本馬は初仔。母の半兄にゼンノロブロイ(2004年のJRA年度代表馬、最優秀4歳以上牡馬。G1-天皇賞(秋)、G1-ジャパンC、G1-有馬記念、G2-青葉賞、G2-神戸新聞杯)、シルクビッグタイム(G3-ユニコーンS2着)。祖母の半姉ローミンレイチェルはG1-バレリーナH、G2-ボーモントS、G3-ブラウン&ウイリアムソンHの勝ち馬。

 

10・デルマテキーラ 牡2
父・ブラックタイド、母・ティルトウイング、母父・シンボリクリスエス
生産者・ファニーヒルファーム、(美)田中剛、西田雄一

・先週は坂路で一杯に追われるが、半マイル58.7秒、ラスト1F15.3秒。今週は南Wで5Fから一杯に追われるが、ラスト1F15秒台半ばとバタバタになってしまう。

・母は社台ファームの生産馬で21戦2勝。本馬は初仔。祖母ウイングレットはG3-中山牝馬Sの勝ち馬で重賞入着5回。3代母エアウイングスはG2-阪神牝馬特別の勝ち馬。祖母の半妹エオリアンハープはG3-中山牝馬S3着。