今週から2歳世代の高額馬*をフォローしていく。現3歳世代は61頭の高額馬の中で、ダービー終了までに重賞を獲ったのはサトノフラッグ1頭(弥生賞)のみ、と物足りない結果だった(ちなみに現4歳世代はラヴズオンリーユー、サートゥルナーリアとクラシック2勝)。現2歳世代は58頭の高額馬がスタンバイしており、開幕週に登場するのは前評判の高い2頭。ブエナベントゥーラは母がGⅠ6勝のブエナビスタで、サンデーTC募集額1億円。サトノレイナスは母バラダセールがアルゼンチンG1馬で、全兄サトノフラッグは今年の弥生賞の勝馬。セレクトセール当歳1億800万円。

*対象は1億円以上の国内セリ取引馬、クラブ募集馬(DMMを除く)

高額馬モニター:現3歳世代(ダービー終了時点)はこちら
高額馬モニター:現4歳世代(ダービー終了時点)はこちら

高額取引・募集馬の出走予定

6/6(土)

レース・距離馬名・性別・騎手・調教師父・母・生産者
東京5R/芝1600
新馬
ブエナベントゥーラ・牡
レーン・(美)堀宣行
モーリス・ブエナビスタ
ノーザンファーム

6/7(日)

レース・距離馬名・性別・騎手・調教師父・母・生産者
東京5R/芝1600
新馬・牝
サトノレイナス・牝
ルメール・(美)国枝栄
ディープインパクト・バラダセール
ノーザンファーム