今朝は美浦ではフリオーソ産駒が特徴的なラップタイムで2歳新馬1番時計を計時。栗東では当欄常連の森秀行厩舎の5時の開場直後追いで、マル外馬が1番時計を計時している。先週も水曜日は森厩舎のラジオタイソウが1番時計だったが、今週はラジオタイソウと併せて先着した馬の時計である。

 

 

8/9(水)美浦(稍)

ハンドリー 牝2
父・フリオーソ、母・タムロマンサーナ、母父・ジェネラス
生産者・諏訪牧場、(美)青木孝文

8/9(水)半マイル53.3-39.9-26.8-13.4。ラップタイム13.4-13.1-13.4-13.4。

・1F12秒台が全くないワンペースの走りで今日の2歳新馬1番時計を計時。今朝は武士沢ジョッキーが乗り、馬ナリで上記時計をマークしている。1F12秒台は今までの坂路でも一度も出したことがなく、追われてどのような時計を出すかが注目される。

・2016年の九州1歳市場にて108万円で落札。母は21戦1勝。本馬は8番仔。母の半姉タムロチェリーは2001年のJRA賞最優秀2歳牝馬で、同年のG1-阪神ジュベナイルF、同年のG3-小倉2歳Sの勝ち馬。

 

8/9(水)栗東(稍)

ジャスパーエイト 牡2
父・Shackleford、母・Annie’s Apple、母父・Shawklit Won
生産者・Kirt Cahill Sarah Cahill & Shackleford Syndicate、(栗)森秀行

8/9(水)半マイル50.3-37.0-24.5-12.6。ラップタイム13.3-12.511.912.6

・当欄常連の森秀行厩舎の5時の開場直後追いで計測された1番時計。今朝は川又ジョッキーが乗り、馬ナリで上記時計をマークしている。併走馬は先週8/2(水)の当欄で取り上げたラジオタイソウ(2歳新馬)で、これを追走し先着。開場直後の時計であることを考慮に入れてもラジオタイソウも含め、これだけの時計で動けていると、デビューが楽しみであることは確か。

・父ShacklefordはStorm Cat系のForestry産駒。2011年のG1-プリークネスS、2012年のG1-メトロポリタンH、同年のG1-クラークH、同年のG2-チャーチルダウンズSの勝ち馬。

・本馬は4番仔。半姉K. D.’s Shady LadyはG3-テンプティドS2着。