週末にJRA2歳戦が開幕、東京・阪神で新馬戦5鞍が組まれていた。白星を飾った種牡馬は、キズナ・ダイワメジャー・ディープインパクト・ドゥラメンテ(新種牡馬)・マツリダゴッホ

既に始まっていた地方の2歳戦と合わせた中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、 首位がキズナ、2位にドゥラメンテ、3位ストロングリターンの順。新種牡馬は他に、4位にホッコータルマエ、6位にマクフィ、9位にモーリスが上位にランク入りしている。

新種牡馬では上述の通り、ドゥラメンテ産駒アスコルターレがJRA勝利第一号、地方でも1勝を上げており、好発進となった。ホッコータルマエは地方で6頭がデビューし3頭が勝利、2頭が2着と、ここまで内容が濃く、中央でもエナジーロッソが芝で3着。今後の動向に注目が集まりそうだ。マクフィも地方で4頭がデビューし2頭が勝利(マテーラフレーバーは既に2勝)、残りの2頭も2着を記録しており、こちらも優秀。モーリスは大挙7頭がJRA開幕週にデビューしたが、2着2回3着1回にとどまり、勝ち星はお預けとなった。

現2歳世代サイアーランキングと各種データ

【現2歳世代(2017年産馬)の種牡馬データ】
・順位はJBISによる中央+地方の賞金順総合ランキング
・(A)はJRAにおける勝ち上がり頭数/出走頭数(カッコ内は勝ち上がり率)

順位種牡馬代表産駒(A)
1キズナダディーズビビッド1/4 (25%)
2ドゥラメンテアスコルターレ1/4 (25%)
3ストロングリターンロードオブザチェコ0/1 (0%)
4ホッコータルマエアルシャイン0/1 (0%)
5エスポワールシチーライジングサミット
6マクフィマテーラフレイバー
7サウスヴィグラストンデコパ
8プリサイスエンドシンタロウ0/1 (0%)
9モーリスウインメイユール0/7 (0%)
10スマートファルコンラジアントエンティ
11カジノドライヴマッドルーレット
12マツリダゴッホウインアグライア1/1 (100%)
13ディープインパクトサトノレイナス1/1 (100%)
13ダイワメジャーグレイトミッション1/3 (33%)
15カレンブラックヒルセカイノホシ0/1 (0%)
16トランセンドソウマトウ0/1 (0%)
17グランプリボスモズアンビリバボー0/1 (0%)
18ダノンレジェンドレジェンドルーラー
19パイロランリョウオー0/2 (0%)
20ジョーカプチーノサイダイゲンカイ0/1 (0%)

2歳戦勝馬(JRA)

馬名レース名種牡馬生産者コース
アスコルターレ新馬ドゥラメンテノーザンファーム阪神芝1400
グレイトミッション新馬ダイワメジャー矢野牧場東京芝1400
サトノレイナス新馬・牝ディープインパクトノーザンファーム東京芝1600
ウインアグライア新馬マツリダゴッホコスモヴューファーム東京芝1600
ダディーズビビッド新馬キズナ上水牧場阪神芝1600

新種牡馬産駒データ(JRA)

種牡馬1着-2着-3着-他/全勝率連対率
ドゥラメンテ 1- 0- 0- 3/ 425%25%
モーリス 0- 2- 1- 4/ 70%29%
ホッコータルマエ 0- 0- 1- 0/ 10%0%
ディスクリートキャット 0- 0- 0- 1/ 10%0%
ミッキーアイル 0- 0- 0- 1/ 10%0%

2020年新種牡馬一覧はこちら