ロードカナロア産駒・ステルヴィオの調整過程が良く、ここも順当に突破か。マツリダゴッホ産駒・ヴィオトポスも札幌ダートで水準以上の時計をマークしており、好仕上がり。スクリーンヒーロー産駒・スターリバーも上昇気配。

 

1・ガウラミディ 牝2
父・フリオーソ、母・ロメラ、母父・サクラバクシンオー
生産者・岡田牧場、(栗)佐藤正雄、城戸義政

・今週は函館Wで5Fから一杯に追われたが、時計は目立たないもの。

・母は5戦0勝。本馬は5番仔。祖母の半兄マイネルヤマトはG3-京成杯で2着、半兄ナムラコクオーは1994年のG2-NHK杯、1993年のG3-ラジオたんぱ杯3歳S、1994年のG3-シンザン記念、1996年のG3-プロキオンSの勝ち馬。祖母の半妹ナムラシゲコはナムラビクター(2014年のG3-アンタレスSの勝ち馬)を輩出。

 

2・ミスマンマミーア 牝2
父・タニノギムレット、母・サンデーメモリー、母父・サンデーサイレンス
生産者・新生ファーム、[地]松本隆宏、井上俊彦

・ここまで門別で5戦1勝(3→3→2→2→1着)。

・母は4戦0勝。本馬は8番仔。3代母アストレアⅡはG1-伊オークス3着、G1-伊1000ギニー3着、G3-ローマヴェッキア賞2着、G2-レニャーノ賞3着。

 

3・クロスウィンド 牝2
父・ヴァーミリアン、母・プリンシプルレディ、母父・アグネスデジタル
生産者・大北牧場、[地]若松平、佐々木国

・ここまで門別で3戦1勝(1→4→3着)。今週の門別の坂路での時計は自己ベストをマーク。

・2016年の北海道オータムセールにて194.4万円で落札。母は19戦1勝。本馬は3番仔。母の半姉テイエムオーロラはG3-府中牝馬Sの勝ち馬。祖母の半弟テンザンセイザはG2-京都新聞杯、G3-京阪杯の勝ち馬。

 

4・ヤマノファイト 牡2
父・エスポワールシチー、母・ケイアイリード、母父・フォーティナイナー
生産者・山口明彦、[地]村上正和、阿部龍

・ここまで門別で4戦2勝(2→1→1→3着)。前々走の栄冠賞(H2)では0.3秒差の3着。前走の函館2歳Sは13着(2.0秒差)。

・母は未出走。本馬は6番仔。4代母TallahtoはG1-ヴァニティH、G1-サンタバーバラH、G1-オークトリー招待Sなど、アメリカで芝ダート双方の重賞を5勝。

 

5・ディーエスソアラー 牡2
父・スターリングローズ、母・ビオンディーナ、母父・エンドスウィープ
生産者・オリエント牧場、[地]松本隆宏、宮崎光行

・ここまで門別で5戦1勝(2→3→1→2→2着)。

・母は8戦0勝。本馬は7番仔。従兄ウインアーマーはJG3-京都ジャンプS3着。祖母アランヴァンナはG2-イタリア1000ギニー、G3-オメノーニ賞(2勝)、G3-ウンブリア賞、G3-プリミパッシ賞、G3-クリテリウムディローマの勝ち馬。

 

6・ステルヴィオ 牡2
父・ロードカナロア、母・ラルケット、母父・ファルブラヴ
生産者・ノーザンファーム、(美)木村哲也、ルメール

・先週8/2(水)は函館Wで5Fから乗られ、水準以上の好時計を計時。併走馬(古500万)を追走し先着する内容。その後も8/4、8/6と函館Wで5Fから馬ナリで乗られ、今週8/9(水)も函館Wで5Fからゴール前仕掛けられる形での攻め。併走馬(古1000万)を追走し先着。先週の時計を見る限り、好仕上がりで臨めそう。

・母は22戦4勝、G3-クイーンC3着。本馬は3番仔。母の半兄クランエンブレムはJG3-阪神ジャンプSの勝ち馬。母の半弟クリーバレンはJG3-新潟ジャンプSの勝ち馬。

 

7・ハッピーグリン 牡2
父・ローエングリン、母・レディセラヴィ、母父・アグネスタキオン
生産者・社台ファーム、[地]田中淳司、服部茂史

・ここまで門別で4戦2勝(1→2→2→1着)。前々走の栄冠賞(H2)では0.1秒差の2着。

・2015年のセレクトセールにて864万円で落札。母は5戦1勝。本馬は5番仔。母の従兄Tale of EkatiはG1-ウッドメモリアルS、G1-シガーマイル、G2-ジェロームH、G2-フューチュリティSの勝ち馬。母の従姉ホームスイートホームの産駒にバーディバーディ(Jpn2-兵庫チャンピオンシップ、G3-ユニコーンS)。

 

8・スターリバー 牝2
父・スクリーンヒーロー、母・サクラシンフォニー、母父・ワイルドラッシュ
生産者・山田牧場、(美)萱野浩二、藤岡佑介

・8/6(日)に美浦坂路で一杯に追われてから北海道入り。時計は新馬戦出走時の時計を上回っており、調子は良さそう。

・母は22戦2勝。本馬は3番仔。母の全兄サクラシンオーはG3-青葉賞3着。

 

9・パワースピネル 牝2
父・ナカヤマフェスタ、母・パワーオブフェイス、母父・オジジアン
生産者・増本牧場、(美)萱野浩二、岩部純二

・今週は札幌ダートで5Fから強めに追われるが、時計はイマイチ。新馬戦4着の未勝利馬。

・2016年の北海道サマーセールにて129.6万円で落札。母は未出走。本馬は8番仔。母の半兄ヴァイスシーダーはG2-ニュージーランドT4歳Sの勝ち馬。従兄サミーミラクルはG3-マーチSで2着、G3-ガーネットSで3着。従兄スターボードはJpn3-東京スプリントで3着。

 

10・ヴィオトポス 牝2
父・マツリダゴッホ、母・マイネヴィータ、母父・ナリタブライアン
生産者・ビッグレッドファーム、(美)田村康仁、丹内祐次

・2週連続、札幌ダートで追われる。先週は5Fから追われ、4F以降は水準以上の時計。今週は6Fから追われる。

・。母は27戦1勝、G3-札幌2歳S2着、G3-クイーンC2着、G3-名古屋優駿3着。本馬は5番仔。母の半兄にマイネルブライアン(G3-シリウスS、G3-グランシャリオC、G3-群馬記念)。母の半兄マイネルモンスターはG3-アンタレスS2着。祖母マイネレーベンはG3-フラワーC2着。祖母の半弟マイネルブラウはG3-小倉大賞典の勝ち馬。

 

11・ソングオブローラン 牡2
父・ダノンシャンティ、母・ドラールフローラン、母父・Halling
生産者・コスモヴューファーム、(美)和田正一、黛弘人

・今週は札幌ダートで4Fから馬ナリで乗られる。新馬戦4着→未勝利戦2着の未勝利馬。

・母はフランスで7戦1勝。本馬は7番仔。母の半兄ドラールアラビアンは2000年のG1-帝王賞で2着。祖母の半兄アジュディケーティングは1989年のG1-シャンペインS(USAダ8.0F)、同年のG1-カウディンS(USAダ7.0F)など重賞3勝。祖母の半妹Disputeは1993年のG1-ケンタッキーオークス(USAダ9.0F)、1994年のG1-スピンスターS(USAダ9.0F)、1993年のG1-ベルダムS(USAダ9.0F)、1993年のG1-ガゼルH(USAダ9.0F)の勝ち馬。