JRA2歳戦は3週目を消化、東京・阪神・函館で新馬戦6鞍、未勝利戦1鞍の計7鞍を実施。種牡馬別にみると、スクリーンヒーローが2勝、ダイワメジャー・ディスクリートキャット(新種牡馬)・ディープインパクト・Frankel・Invincible Spiritが1勝。

中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、 首位にキズナ、2位カレンブラックヒル、3位スクリーンヒーローの順。新種牡馬は、4位ホッコータルマエ、5位ディスクリートキャット、10位モーリス、13位ドゥラメンテ、17位マクフィと、まだ始まったばかりとはいえ、フレッシュマンサイアー争いは波乱含みの幕開けとなっている。

新種牡馬のJRA勝ち星はディスクリートキャット産駒プルスウルトラが第2号(既報の通り、ドゥラメンテが第1号)。既に14頭が中央デビューしたモーリス産駒は今週はカランドゥーラが2着惜敗、白星は再度お預けとなった。

現2歳世代サイアーランキングと各種データ

【現2歳世代(2018年産馬)の種牡馬データ】
・順位はJBISによる中央+地方の賞金順総合ランキング
・(A)はJRAにおける勝ち上がり頭数/出走頭数(カッコ内は勝ち上がり率)

順位種牡馬代表産駒(A)
1キズナダディーズビビッド2/10 (20%)
2カレンブラックヒルリメス2/4 (50%)
3スクリーンヒーロークールキャット2/5 (40%)
4ホッコータルマエアルシャイン0/5 (0%)
5ディスクリートキャットプルスウルトラ1/5 (20%)
6ディープインパクトサトノレイナス2/3 (67%)
6ダイワメジャーレディステディゴー2/6 (33%)
8サウスヴィグラスアークヴィータス0/0 (0%)
9マツリダゴッホリンゴアメ2/8 (25%)
10モーリスウインメイユール0/14 (0%)
11トランセンドソウマトウ0/2 (0%)
12Frankelモンファボリ2/2 (100%)
13ドゥラメンテアスコルターレ1/9 (11%)
14ストロングリターンロードオブザチェコ0/1 (0%)
15プリサイスエンドシンタロウ0/1 (0%)
16エスポワールシチーライジングサミット0/1 (0%)
17マクフィマテーラフレイバー0/1 (0%)
18トーセンブライトジョエル0/1 (0%)
19スマートファルコンラジアントエンティ0/0 (0%)
20パイロランリョウオー0/4 (0%)

2歳戦勝馬(JRA)

馬名レース名種牡馬生産者コース
クールキャット新馬スクリーンヒーローレイクヴィラファーム東京芝1400
シュヴァリエローズ新馬ディープインパクトノーザンファーム阪神芝1600
ブルーシンフォニー新馬スクリーンヒーローダーレー・ジャパン・ファーム東京芝1600
ブルースピリット新馬Invincible Spirit(愛)函館芝1200
モンファボリ新馬Frankelノーザンファーム函館芝1200
レディステディゴー新馬ダイワメジャー社台ファーム阪神ダ1200
プルスウルトラ未勝利ディスクリートキャットミルファーム東京芝1400

新種牡馬産駒データ(JRA)

種牡馬着別度数勝率連対率
ディスクリートキャット 1- 2- 0- 3/ 617%50%
ドゥラメンテ 1- 0- 0- 8/ 911%11%
モーリス 0- 3- 2- 9/140%21%
ホッコータルマエ 0- 1- 1- 3/ 50%20%
ミッキーアイル 0- 0- 1- 4/ 50%0%
マクフィ 0- 0- 1- 0/ 10%0%
ラブリーデイ 0- 0- 0- 4/ 40%0%
リオンディーズ 0- 0- 0- 3/ 30%0%
ミュゼスルタン 0- 0- 0- 1/ 10%0%
ダノンシャーク 0- 0- 0- 2/ 20%0%
リヤンドファミユ 0- 0- 0- 1/ 10%0%
ペルーサ 0- 0- 0- 1/ 10%0%
バンデ 0- 0- 0- 1/ 10%0%
トーホウジャッカル 0- 0- 0- 1/ 10%0%
ダノンレジェンド 0- 0- 0- 1/ 10%0%
クリエイター2 0- 0- 0- 1/ 10%0%
エイシンヒカリ 0- 0- 0- 1/ 10%0%