2020/6/24(水)
大井11R 第43回帝王賞・JPNⅠ
4歳以上 定量 ダ2000m
馬場状態 重
1着賞金 6000万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)所属種牡馬・母の父(生産者)
1クリソベリル2.05.3JRAゴールドアリュール・エルコンドルパサー
(ノーザンファーム)
2オメガパフューム(2)JRAスウェプトオーヴァーボード・ゴールドアリュール
(社台ファーム)
3チュウワウィザード(1 1/4)JRAキングカメハメハ・デュランダル
(ノーザンファーム)

(リンク先:NAR公式レース結果)
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2020%2f06%2f24&k_raceNo=11&k_babaCode=20

クリソベリル:重賞5勝目

ゴールドアリュール
(1999)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
ニキーヤ┌Nureyev(Northern Dancer)
└Reluctant Guest(Hostage)
クリソプレーズ
(2002)
エルコンドルパサー┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└Saddlers Gal(Sadler's Wells)
キャサリーンパー┌Riverman(Never Bend)
└Regal Exception(Ribot)

通算成績:8戦7勝
これまでの主な戦績:
19チャンピオンズC・GⅠ 1着(中京ダ1800)
19ジャパンダートD・JPNⅠ 1着(大井ダ2000)
19日本テレビ盃・JPNⅡ 1着(船橋ダ1800)
19兵庫CS・JPNⅡ 1着(園田ダ1870)

父:ゴールドアリュール

ゴールドアリュールは1999年生まれ。通算16戦8勝、GⅠ4勝(フェブラリーS、東京大賞典、ダービーGP、ジャパンダートダービー)。種牡馬として、コパノリッキー、エスポワールシチー、スマートファルコンなどのダートのチャンピオンホースを輩出。2017年2月に死亡しており、現2歳が最後の世代(登録頭数4頭)。2020年の重賞は2勝目。

馬名レース名コース母父馬
クリソベリル20帝王賞大井ダ2000エルコンドルパサー
サルサディオーネ20マリーンC船橋ダ1600リンドシェーバー
2020:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

16 ディープインパクト
7 ロードカナロア
5 キズナ
4 オルフェーヴル、キングカメハメハ
3 タートルボウル、ディープブリランテ
2 エピファネイア、キンシャサノキセキ、ゴールドアリュール、ジャスタウェイ、ステイゴールド、ハーツクライ、ハービンジャー、ルーラーシップ、Frankel
1 アイルハヴアナザー、アドマイヤオーラ、クロフネ、シンボリクリスエス、スウェプトオーヴァーボード、スクリーンヒーロー、ドリームジャーニー、トーセンホマレボシ、ネオユニヴァース、バゴ、ヘニーヒューズ、マジェスティックウォリアー、マヤノトップガン、メイショウサムソン、ヨハネスブルグ、リアルインパクト、ローエングリン、American Pharoah、Malibu Moon、New Approach、Speightstown

母:クリソプレーズ

競走成績:3勝(芝1800~2000m)
近親:ダンビュライト(京都記念、AJCC)、ブラックスピネル(東京新聞杯)など
産駒成績:
初仔(2009年産、牡、父ディープインパクト)
・フォルトファーレン 2勝
2番仔(2010年産、牡、父ゴールドアリュール)
・クリソライト 3勝、地方5勝(ジャパンダートダービーなど)
3番仔(2011年産、牝、父ディープインパクト)
・マリアライト 6勝(宝塚記念、エリザベス女王杯)
4番仔(2012年産、牡、父ゼンノロブロイ)
・リアファル 4勝(神戸新聞杯)
5番仔(2013年産、牝、父ステイゴールド)
・アルマンディン 未勝利
6番仔(2015年産、牝、父ディープインパクト)
・エリスライト 1勝現役
7番仔(2016年産、牡、父ゴールドアリュール)
クリソベリル ※キャロットクラブ募集額5600万円
8番仔(2017年産、牡、父ディープインパクト)
・ヴァーダイト 1勝現役
9番仔(2019年産、牡、父キタサンブラック)

母父:エルコンドルパサー

エルコンドルパサーは1995年米国産。外国産馬として日本・フランスで走り、通算11戦8勝、GⅠ3勝(ジャパンC、NHKマイル、仏サンクルー大賞典)。凱旋門賞でMontjeuの2着に惜敗した。7歳の若さで早逝したが、種牡馬として、ソングオブウウインド(菊花賞)、ヴァーミリアン(ダートGⅠ・JPNⅠを計9勝)、アロンダイト(ジャパンCダート)など、母父としては、上述の本馬とその兄姉以外に、アンビシャス(大阪杯・当時GⅡ)、アイムユアーズ(フィリーズレビューなど)らが活躍。2020年の母父としての重賞勝ちは初。

2020:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

7 キングカメハメハ
5 サンデーサイレンス
4 アグネスタキオン
3 アグネスデジタル、ジャングルポケット
2 クロフネ、スペシャルウィーク、ダンスインザダーク、デュランダル、ハードスパン、フレンチデピュティ、ヘネシー、ボストンハーバー、Gone West、Kingmambo、Mr. Greeley、Unbridled’s Song
1 エルコンドルパサー、エンパイアメーカー、キングヘイロー、ゴールドアリュール、サクラバクシンオー、シルバーチャーム、シンボリクリスエス、タイキシャトル、タニノギムレット、ディクタット、デヒア、ハービンジャー、フジキセキ、マリエンバード、マンハッタンカフェ、リンドシェーバー、Belong to Me、Canadian Frontier、Distorted Humor 、Fastnet Rock、Flower Alley、Fusaichi Pegasus、Galileo、Grand Slam、Green Tune、Harlan’s Holiday、Marquetry、More Than Ready、Not For Sale、Pivotal、Sahm、Sligo Bay、Smart Strike、Songandaprayer、Storm Cat、Tapit

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2020年の重賞27勝目。

馬名レース名コース種牡馬
クリソベリル20帝王賞大井ダ2000ゴールドアリュール
グランアレグリア20安田記念東京芝1600ディープインパクト
パフォーマプロミス20鳴尾記念阪神芝2000ステイゴールド
アーモンドアイ20ヴィクトリアM東京芝1600ロードカナロア
フィエールマン20天皇賞春京都芝3200ディープインパクト
オーソリティ20青葉賞東京芝2400オルフェーヴル
インディチャンプ20マイラーズC京都芝1600ステイゴールド
フェアリーポルカ20福島牝馬S福島芝1800ルーラーシップ
ウェスタールンド20アンタレスS阪神ダ1800ネオユニヴァース
タイセイビジョン20アーリントンC阪神芝1600タートルボウル
ルフトシュトローム20ニュージーT中山芝1600キンシャサノキセキ
ラッキーライラック20大阪杯阪神芝2000オルフェーヴル
クルーガー20ダービー卿H中山芝1600キングカメハメハ
ミッキースワロー20日経賞中山芝2500トーセンホマレボシ
ユーキャンスマイル20阪神大賞典阪神芝3000キングカメハメハ
サートゥルナーリア20金鯱賞中京芝2000ロードカナロア
フェアリーポルカ20中山牝馬H中山芝1800ルーラーシップ
シャインガーネット20ファルコンS中京芝1400オルフェーヴル
サトノフラッグ20弥生賞中山芝2000ディープインパクト
アンデスクイーン20エンプレス杯川崎ダ2100タートルボウル
クロノジェネシス20京都記念京都芝2200バゴ
ミヤマザクラ20クイーンC東京芝1600ディープインパクト
プリモシーン20東京新聞杯東京芝1600ディープインパクト
アウィルアウェイ20シルクロードH京都芝1200ジャスタウェイ
チュウワウィザード20川崎記念川崎ダ2100キングカメハメハ
ブラストワンピース20AJCC中山芝2200ハービンジャー
サンクテュエール20シンザン記念京都芝1600ディープインパクト
2020:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

27 ノーザンファーム
8  社台ファーム
5 ノースヒルズ
3 ケイアイファーム、社台コーポレーション白老ファーム
2 天羽禮治、長谷川牧場、フジワラファーム、藤原牧場、村田牧場
1 荒谷牧場、磯野牧場、エスティファーム、大狩部牧場、岡田スタッド、笠松牧場、木田牧場、グランド牧場、コスモヴューファーム、酒井牧場、諏訪牧場、ダーレー・ジャパン・ファーム、土居牧場、萩澤泰博、八田ファーム、藤沢牧場、三嶋牧場、レイクヴィラファーム

他に外国産馬が7(アメリカ5、イギリス1、カナダ1)

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら