ブラックタイド産駒・アメノムラクモが2週連続、好調教を見せ首位有力だが、関西馬のキングカメハメハ産駒・ブリスフルデイズも先週のCWで馬なりで好時計をマークしており、逆転があってもおかしくない雰囲気。他ではハービンジャー産駒・ワセダインブルー、エイシンフラッシュ産駒・ハクユウフラッシュも調教動いており一発あってもおかしくない感じ。

 

1・ハクユウフラッシュ 牡2
父・エイシンフラッシュ、母・ソルスティス、母父・クロフネ
生産者・佐藤牧場、(美)中川公成、大野拓弥

・2週連続、南Wで追われる。先週は5Fから一杯に追われ、水準以上の時計。併走馬(3未勝)を追走し遅れているが、この時計なら問題ないだろう。今週は馬なりでさっと乗られる。

・2016年の北海道セレクションセールにて1458万円で落札。母は7戦0勝。本馬は4番仔。母の半兄スマイルジャックはG2-スプリングS、G3-関屋記念、G3-東京新聞杯の勝ち馬で、G1-日本ダービー2着。

 

2・アメノムラクモ 牡2
父・ブラックタイド、母・ベルモンタージュ、母父・アフリート
生産者・北島牧場、(美)尾形和幸、吉田隼人

8/16(水)半マイル51.8-38.4-25.9-13.5。ラップタイム13.4-12.512.4-13.5。

・今週水曜は吉田隼人ジョッキーが乗り、馬ナリで上記時計をマーク。併走馬(3未勝)を追走し同入。6時台のハローがけ直後の時計ではあるが、この時計で動けているのは優秀。先週8/9(水)の南Wでの調教でも水準以上の時計を既にマークしており、これまでの過程を見るとメンバー次第だが、確勝級の動きといえる。

・2017年の北海道トレーニングセールにて2268万円で落札。母は大井で24戦1勝。本馬は2番仔。母の半姉カシマフラワーは2004年のG3-エーデルワイス賞の勝ち馬で、同年のG3-函館2歳S3着、同年のG3-フェアリーS3着。

 

3・ブリスフルデイズ 牝2
父・キングカメハメハ、母・アドマイヤハッピー、母父・トニービン
生産者・ノーザンファーム、(栗)吉田直弘、戸崎圭太

・2週連続、CWで馬なりで乗られる。先週は7Fから乗られ、水準以上の時計をマーク。今週は6Fから軽めに乗られたが、ラスト1Fは11秒台半ばでまとめて好印象。

・募集価格3000万円。母は28戦4勝。本馬は10番仔。半兄にウォータクティクス(G3-アンタレスS)、キタサンアミーゴ(G3-小倉記念2着、G3-ダイヤモンドS3着)、ハッピーモーメント(G2-目黒記念3着)。母の半姉エガオヲミセテはG2-阪神牝馬特別、G2-マイラーズCの勝ち馬。3代母がダイナカール(オークス馬)でここを牝祖とする活躍馬にエアグルーヴ、アドマイヤグルーヴ、ドゥラメンテ、フォゲッタブル、ルーラーシップ、グルヴェイグ、ブレスジャーニー、フラアンジェリコ、アイムユアーズなど。

 

4・マイネルパブリック 牡2
父・エイシンフラッシュ、母・オーディエンス、母父・スペシャルウィーク
生産者・今牧場、(美)和田正一、柴田大知

・先週は南Wで6Fから馬なりで乗られ、今週は坂路で強めに終われる。時計はいずれも水準以下。

・募集価格2000万円。母は未出走。本馬は9番仔。母の半弟インプレッションはG2-NZT3着、G3-アーリントンC3着。祖母シェイクハンドはG2-NZT4歳Sの勝ち馬。

 

5・ミレフォリウム 牝2
父・ルーラーシップ、母・ペンテシレイア、母父・ネオユニヴァース
生産者・ノーザンファーム、(美)中館英二、津村明秀

・2週連続、南Wで5Fから乗られる。先週は強めに終われ、今週は馬なりで乗られる。ともに時計に見るべきものはないが、中舘調教師のコメントによると「血統的にやり過ぎに注意している」。

・募集価格1600万円。母は14戦4勝。本馬は3番仔。母の全兄ロジユニヴァースはG1-日本ダービー、G2-弥生賞、G3-札幌2歳S、G3-ラジオNIKKEI杯の勝ち馬。3代母ソニンクの産駒にランフォルセ(G2-ダイオライト記念、G2-浦和記念、G3-エルムS、G3-佐賀記念)、ノーザンリバー(G2-さきたま杯(2勝)、G2-東京盃、G3-アーリントンC、G3-カペラS、G3-東京スプリント)。

 

6・スリーヘリオス 牡2
父・ヘニーヒューズ、母・ラビアンローズ、母父・スペシャルウィーク
生産者・辻牧場、(栗)村山明、木幡巧也

・先週はCWで6Fから一杯に追われ、今週はCWで5Fから馬なりで乗られる。時計は今一歩。

・2017年の北海道トレーニングセールにて2754万円で落札。母はノーザンファームの生産馬で4戦0勝。本馬は4番仔。祖母の半兄マイネルラヴはG1-スプリンターズS、G3-セントウルS、G3-シルクロードSの勝ち馬。

 

7・ワセダインブルー 牡2
父・ハービンジャー、母・ダノンフローラ、母父・アグネスタキオン
生産者・社台ファーム、(美)金成貴史、北村宏司

・2週連続、南Wで5Fから乗られる。先週は水準以上の時計で、併走馬(新馬)を追走し遅れを取ったが、この時計なら問題はないだろう。今週は南Wで5Fから馬なりで乗られる。

・2017年の千葉サラブレッドセールにて1836万円で落札。母は4戦1勝。本馬は5番仔。母の半兄ハイアーゲームはG2-青葉賞、G3-鳴尾記念の勝ち馬。母の半弟ダイワマッジョーレはG2-京王杯スプリングC、G3-阪急杯の勝ち馬。祖母ファンジカはG3-イエルバブエナH、G3-ランカシャーオークスの勝ち馬。

 

8・キリンノツバサ 牡2
父・ヴィクトワールピサ、母・シャイニングピサ、母父・Smart Strike
生産者・新冠橋本牧場、(美)土田稔、三浦皇成

・2週連続、坂路で一杯に追われる。先週は半マイル56.4秒、ラスト1F13.4秒。今週は半マイル56.6秒、ラスト1F13.0秒。時計面では見るべきものはない。

・母は7戦0勝。本馬は2番仔。従兄にディーマジェスティ(G1-皐月賞、G2-セントライト記念、G3-共同通信杯)、セイクレットレーヴ(G2-NZT)。祖母エルノヴァはG2-ステイヤーズS2着、G3-クイーンS2着、G1-エリザベス女王杯3着、G2-オールカマー3着。

 

9・セイカメテオライト 牡2
父・メイショウサムソン、母・ジョリーン、母父・トワイニング
生産者・シンユウファーム、(美)相沢郁、岩田康誠

・2週連続、南Wで5Fから乗られる。今週は一杯に追われるが、ラスト1Fの時計は馬なりだった先週よりも劣ってしまっている。

・母は10戦0勝。本馬は7番仔。

 

10・インプレスシチー 牡2
父・ネオユニヴァース、母・マイティーダンサー、母父・Alzao
生産者・オリオンファーム、(美)上原博之、柴山雄一

・2週連続、南Wで4Fから乗られている。時計は水準以下だが、そこまで悪くはない感じか。

・募集価格1400万円。母はドイツを中心に22戦4勝。ドイツとデンマークの重賞で入着4回。本馬は7番仔。

 

11・プリマドンナ 牝2
父・ルーラーシップ、母・グローリアスローズ、母父・ロックオブジブラルタル
生産者・辻牧場、(美)菊沢隆徳、横山典弘

・先週は南Wで5Fから馬なりで乗られ、今週は坂路で馬なりで乗られる。時計はいずれも水準以下。

・母はノーザンファームの生産馬で14戦2勝。本馬は2番仔。祖母グローリアスデイズはG2-フローラS2着、G2-ローズS2着。祖母の全兄にリンカーン(G2-阪神大賞典、G2-京都大賞典、G2-日経賞)、半弟にヴィクトリー(G1-皐月賞)。母の従弟にアドミラブル(G2-青葉賞)。3代母グレースアドマイヤはG3-府中牝馬S2着、G2-サンスポ4歳牝馬特別3着。

 

12・ノーブルバルカン 牡2
父・メイショウサムソン、母・アストレアピース、母父・マヤノトップガン
生産者・大島牧場、(美)武藤善則、武藤雅

・先週は南Wで5Fから強めに追われ、今週は南Pで5Fからラスト仕掛ける形での攻め。時計はイマイチ。

・2017年の北海道トレーニングセールにて378万円で落札。母は8戦0勝。本馬は5番仔。