タイキシャトル産駒・メイショウトラマツが順調な調整過程で好仕上がり。他に調教で時計が出ているのはマンハッタンカフェ産駒・オルニス、Acclamation産駒・アプローズ、ダノンシャンティ産駒・ワンウイン、シニスターミニスター産駒・ラクシュミー、エイシンアポロン産駒・ブラウハーツ、ベーカバド産駒・ディストワルビー辺り。

 

1・オルニス 牝2
父・マンハッタンカフェ、母・サーキットレディ、母父・Grand Slam
生産者・千代田牧場、(栗)大久保龍、幸英明

8/18(金)半マイル52.4-38.3-25.0-12.4。ラップタイム14.1-13.3-12.612.4

・8/18(金)に坂路で一杯に追われ上記時計。今週は坂路で馬なりで乗られ半マイル54.6秒、ラスト1F13.4秒。先週の時計から争覇圏内だろう。

・2016年のセレクトセールにて1620万円で落札。母は17戦3勝。本馬は5番仔。全姉ダノングラシアスはG3-ファンタジーS2着。従兄タイセイドリームはJG3-新潟ジャンプSの勝ち馬で他に障害重賞入着2回。3代母TopicountはG2-レアパフュームS、G3-モンマスパークBCHの勝ち馬で米重賞入着7回。

 

2・キングリーフィスト 牡2
父・ゴールドヘイロー、母・マルタカウィーラ、母父・アレミロード
生産者・道見牧場、(栗)清水久詞、松若風馬

・2週連続、CWで6Fから乗られるが、水準級の時計は出ていない。

・母は7戦1勝。本馬は14番仔。全姉ギオンゴールドは63戦20勝、九州ダービー栄城賞など地方重賞6勝。祖母の半弟にロングワールド(G3-ダイヤモンドS2着、G3-七夕賞3着)、ロングカイウン(G3-七夕賞)。

 

3・アプローズ 牝2
父・Acclamation、母・ワンダーフィリー、母父・Invincible Spirit
生産者・三嶋牧場、(栗)野中賢二、川田将雅

・先週はCWで5Fから一杯に追われ、3F以降は水準級の時計。併走馬(3未勝)を追走し先着。今週は坂路で馬なりで乗られ、半マイル53.4秒、ラスト1F12.2秒。仕上がりは良さそう。

・母はフランスで12戦2勝。本馬は初仔。母の従姉の産駒にヴェントス(Jpn3-エーデルワイス賞3着)。父のAcclamationはRoyal Applause産駒で、G2-ダイアデムSの勝ち馬で、欧州でG1馬を含む複数の重賞勝ち馬を輩出。

 

4・カシノアプローズ 牝2
父・クロフネ、母・ダンツスウィフト、母父・ダイワメジャー
生産者・加藤重治、(栗)牧田和弥、義英真

・2週連続、坂路で一杯に追われる。先週は半マイル53.7秒、ラスト1F12.8秒。今週は半マイル54.3秒、ラスト1F12.6秒。目を引く時計は出ていないが悪くもない感じ。

・2016年の北海道サマーセールにて442.8万円で落札。母はダーレージャパンファームの生産馬で10戦0勝。本馬は2番仔。母の従兄HelmetはG1-AJCサイアーズプロデュースS、G1-コーフィールドギニーズ、G1-AJCシャンペインS、G3-コーフィールドギニーズプレリュードの勝ち馬。4代母Anna PaolaはG2-独オークス、G3-ルードヴィッヒゲーベルス記念、G3-ヴィンターファヴォリテン賞の勝ち馬。

 

5・ワンウイン 牡2
父・ダノンシャンティ、母・アガーテ、母父・フォーティナイナー
生産者・上山牧場、(栗)西浦勝一、川須栄彦

・今週はCWで6Fから川須騎手が乗り、一杯に追われ水準級の時計を計時。併走馬(新馬)に遅れを取っているがこの時計なら問題はなかろう。

・2016年の北海道オータムセールにて972万円で落札。母は23戦3勝。本馬は6番仔。母の従弟アドマイヤスバルはG3-白山大賞典の勝ち馬。祖母の半弟スターキングマンはG1-東京大賞典、G2-日本テレビ盃の勝ち馬。

 

6・ラクシュミー 牝2
父・シニスターミニスター、母・ワイエムサチ、母父・タバスコキャット
生産者・浦河小林牧場、(栗)昆貢、浜中俊

8/16(水)半マイル53.0-38.8-25.6-13.1。ラップタイム14.2-13.2-12.5-13.1。

・2週連続、坂路追い。一杯に追われた先週の時計が上記のもので、浜中騎手が乗り、併走馬(古500万)を追走し同入。今週は馬なりで乗られている。先週の時計が出ているなら争覇圏内だろう。

・2016年の北海道サマーセールにて399.6万円で落札。母は25戦3勝。本馬は5番仔。祖母ラックムゲンはG3-小倉3歳S2着、G1-桜花賞3着。

 

7・スズカヒューズ 牡2
父・ヘニーヒューズ、母・マザーラドクリフ、母父・サンデーサイレンス
生産者・森牧場、(栗)加藤敬二、鮫島克駿

・2週連続、坂路追い。今週は一杯に追われ、半マイル56.7秒、ラスト1F12.9秒。まだ水準級の時計が出ておらず、使われてからの感じか。

・2016年の北海道サマーセールにて540万円で落札。母は社台ファームの生産馬で7戦0勝。本馬は13番仔。祖母Young MotherはG1-ヴェルメイユ賞、G2-マルレ賞の勝ち馬。母の従兄MaudlinはG3-ボールドルーラーS、G3-フォアゴーHの勝ち馬で米重賞入着7回。母の従兄EqualizeはG1-ユナイテドネイションズHなど、米重賞9勝。3代母Santa Tinaは1970年の愛オークス馬。5代母Queen of Shirazも1940年の愛オークス馬。

 

8・メイショウトラマツ 牡2
父・タイキシャトル、母・フラワーガイア、母父・ゼンノロブロイ
生産者・太陽牧場、(栗)南井克巳、和田竜二

8/23(水)半マイル53.6-38.3-24.6-12.5。ラップタイム15.3-13.7-12.112.5

・2週連続、坂路追い。今週は和田騎手が乗り強めに追われ、上記の時計。8/10に既にCWで水準以上の時計を出していた馬で、調整過程は良さそう。

・母は8戦0勝。本馬は4番仔。

 

9・ジツリキダッシュ 牡2
父・ショウナンカンプ、母・チャルダッシュ、母父・サンデーサイレンス
生産者・富岡牧場、(栗)佐藤正雄、岩崎翼

・先週はCWで6Fから、今週は坂路で、いずれも一杯に追われているが時計はいずれも水準以下。ともに併走馬(古500万)を先行し遅れを取る内容で印象も良くない。

・母は11戦1勝。本馬は4番仔。母の半兄テイエムオオアラシはG3-カブトヤマ記念、G3-福島記念、G3-小倉記念の勝ち馬。

 

10・ブラウハーツ 牡2
父・エイシンアポロン、母・エーシンブイムード、母父・Malibu Moon
生産者・栄進牧場、(栗)鈴木孝志、松山弘平

・先週はCWで森騎手が乗り、6Fから一杯に追われ、3F以降は水準レベルの時計をマーク。今週は坂路で森騎手が乗り一杯に追われ、半マイル54.5秒、ラスト1F12.2秒。

・2016年の北海道サマーセールにて1080万円で落札。母は36戦8勝。本馬は2番仔。5代母NicosiaはG2-ハリウッドオークス、G2-アーリントンメイトロンHの勝ち馬。

 

11・コウエイスーシェフ 牡2
父・シニスターミニスター、母・ライラックノカオリ、母父・キンググローリアス
生産者・庄野牧場、(栗)山内研二、森裕太朗

・2週連続、CWで4Fから一杯に追われる。ラスト1Fの時計がなかなか詰まってこない印象で、併走馬に2週連続で遅れを取っている。全体時計はまずまず。

・母は35戦4勝。本馬は8番仔。祖母の半姉ユキノビジンはG3-クイーンSの勝ち馬で、G1-桜花賞2着、G1-オークス2着。

 

12・ラペールノアール 牝2
父・ディープインパクト、母・バイコースタル、母父・Gone West
生産者・ノースヒルズ、(栗)松永幹夫、北村友一

・2週連続、坂路で一杯に追われ、先週は半マイル56.8秒、ラスト1F12.5秒。今週は半マイル54.8秒、ラスト1F12.5秒。今週の時計は自己最速で順当に良化していることがうかがえるが、時計自体は水準レベル以下。

・母は米英仏で15戦2勝、G3-プレスティージS2着。本馬は5番仔。母の従弟にLeading Light(G1-英セントレジャー、G1-アスコットゴールドC、G3-バリーカレンS、G3-ヴィンテージクロップS、G3-ガリニュールS、G3-クイーンズヴァース)。

 

13・セパヌイール 牝2
父・サウスヴィグラス、母・フェレット、母父・サンデーサイレンス
生産者・藤巻則弘、(栗)松元茂樹、荻野極

・今週はCWで6Fから強めに追われるが、時計はイマイチ。

・2016年の北海道サマーセールにて334.8万円で落札。母は追分ファームの生産馬で12戦0勝。本馬は11番仔。母の半妹フェリシアはG3-フェアリーSの勝ち馬でG3-中スポ賞ファルコンS2着。母の従弟にPour Moi(G1-英ダービー、G2-グレフュール賞)。祖母の従姉の直仔にラムタラ(G1-凱旋門賞、G1-キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、G1-英ダービー)。

 

14・エイシンヘリオス 牡2
父・エイシンアポロン、母・エイシンヘーベ、母父・エイシンワシントン
生産者・栄進牧場、(栗)藤岡健一、秋山真一

・2週連続、Pで5Fから一杯に追われている。先週はラスト1F12.3秒とやや物足りなかったが、今週はラスト1F12.1秒とやや改善。2週とも3F以降の時計は水準級だが、ラスト1F11秒台で上がれていない点がどうか。

・母は31戦6勝、G3-小倉2歳S3着。本馬は7番仔。3代母の従弟マルブツスピーリアはG3-ウインターSの勝ち馬。

 

15・ディストワルビー 牝2
父・ベーカバド、母・スカイホークアイ、母父・バブルガムフェロー
生産者・三石ファーム、(栗)北出成人、酒井学

・先週は坂路で一杯に追われ、半マイル53.4秒、ラスト1F13.3秒。今週は酒井騎手が乗り、CWで6Fから直線強めに追われ、4F以降は水準級の時計。併走馬(古1000万)の遅れを取っているがこの時計で動けているなら問題はなさそう。

・2016年の北海道オータムセールにて291.6万円で落札。母は14戦1勝。本馬は2番仔。4代母La Manilleは英オークス3着馬。3代母の従弟にルグロリュー(G1-ジャパンC、G1-ベルリン大賞、G1-ワシントンDC国際など重賞5勝)