2歳新馬・札幌芝1500
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:スズカフェニックス
母:スズカフォイル
母父:フレンチデピュティ
生産牧場:辻牧場
厩舎:(栗)橋田満
騎手:福永祐一

 

サトノテラスが上昇していくのと同じタイミングでスズカフェラリーも上昇。大外を回した4角時点では脚色の差は歴然で、ラクにサトノテラスを交わし、馬込みから差してきたアンブロジオも抑えて、3馬身半差で快勝。勝ち時計1:32.9。推定上り35.1(上り最速)。

 

父:スズカフェニックスはサンデーサイレンス産駒。G1-高松宮記念、Jpn2-阪神C、G3-東京新聞杯の勝ち馬。2010年産まれのファーストクロップ以降、現2歳まで6世代の産駒を輩出してきたが、中央での勝ち馬は16頭のみ(重賞勝ち馬はマイネルホウオウ1頭のみ)。16分の1でG1馬を輩出しているのは評価出来ようが、近年は種付頭数が減少中(初年度59→34→26→25→33→15→15→9頭)。ここらへんでそろそろ2頭目の重賞勝ち馬が出てきてほしいところではある。主な活躍馬は以下の通り。

 マイネルホウオウ(母・テンザンローズ by フレンチデピュティ)
 1着:2013NHKマイルC(G1) 東京芝1600
 3着:2013スプリングS(G2) 中山芝1800
 ウインフェニックス(母・シャインプレジャー by アグネスデジタル)
 3着:2014ラジオNIKKEI賞(G3) 福島芝1800

 

牝系:母は26戦4勝。本馬は4番仔。母の半妹コスモプリズムはJpn2-エンプレス杯3着、Jpn3-TCK女王盃3着。従兄にホッコータルマエ(G1-チャンピオンズC、Jpn1-かしわ記念、Jpn1-帝王賞(2勝)、Jpn1-JBCクラシック、Jpn1-東京大賞典(2勝)、Jpn1-川崎記念(3勝)、G3-レパードS、Jpn3-佐賀記念、Jpn3-名古屋大賞典)。祖母アンフォイルドが輸入基礎牝馬。

 

母父:フレンチデピュティはBMSとして、8/19の新潟芝1600mの未勝利戦を勝ったミュージアムヒルに続く2頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。フレンチデピュティの近5年のサラ総合BMSランキングは5→4→3→2→2位(現時点)。マカヒキ、ショウナンパンドラ、マイネルホウオウ、ゴールドドリームと4頭のG1馬を輩出しており、今年に入ってもカデナ(G2-弥生賞)、アンジュデジール(Jpn3-スパーキングレディーC)、マイティティー(Jpn3-ブリーダーズゴールドC)と重賞勝ち馬を輩出し続けている。

 

クロス:Northern Dancer:S4×S5×M5

 

生産牧場:辻牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 ハッピースプリント(父・アッミラーレ、母・マーゴーン by Dayjur)*現役
 2013年NAR年度代表馬、NAR2歳最優秀牡馬
 2014年NAR3歳最優秀牡馬
 2015年NAR年度代表馬、NAR4歳以上最優秀牡馬
 1着:2013全日本2歳優駿(Jpn1) 川崎ダ1600
 1着:2015浦和記念(Jpn2) 浦和ダ2000
 1着:2013北海道2歳優駿(Jpn3) 門別ダ1800
 2着:2014ジャパンダートダービー(Jpn1) 大井ダ2000
 他に地方重賞・東京ダービー、羽田盃、京浜盃、サンライズCを制覇。
 アンビシャス(父・ディープインパクト、母・カーニバルソング by エルコンドルパサー)
 1着:2016産経大阪杯(G2) 阪神芝2000
 1着:2015ラジオNIKKEI賞(G3) 福島芝1800