2頭のマンハッタンカフェ産駒・ラストクルセイドとメイショウテッコン、ディープインパクト産駒・レッドヴァールの3頭が好調教。これらに絡むのがルーラーシップ産駒・リバプールタウン、ワークフォース産駒・ローズサクシードあたりか。2頭揃ったオルフェーヴル産駒も注目だが、目を引くような調整過程ではなく、いきなり好勝負必至、という感じはしない。

 

1・コパノダニエル 牡2
父・コパノジングー、母・スパイオブラヴ、母父・フレンチデピュティ
生産者・伊藤敏明、(栗)宮徹、藤田菜七子

・2週連続、CWで6Fから乗られる。先週は一杯に追われ併走馬に遅れは取っているが、時計自体はまずまず。今週は追われるも時計はイマイチ。

・母は社台ファームの生産馬で11戦1勝。本馬は6番仔。3代母の半妹にノースショアー(G3-新潟3歳S2着)、ノースサンデー(G1-桜花賞3着、G3-クイーンC3着、G3-京都牝馬特別3着)。3代母の半弟にマチカネアカツキ(G3-東京スポーツ杯2歳S2着、G3-ラジオたんぱ杯2歳S2着、G1-日本ダービー3着)。

 

2・マエガミ 牝2
父・ナカヤマフェスタ、母・ホクトペンダント、母父・パークリージェント
生産者・木戸口牧場、(栗)田所秀孝、三津谷隼

・今週は三津谷騎手が乗り、Pコースで6Fから一杯に追われるも、時計は水準以下。

・母は8戦2勝、G2-報知杯4歳牝馬特別2着。本馬は17番仔。半姉ビーナスラインはG3-函館スプリントSの勝ち馬。半兄チョウカイファイトはG3-中日新聞杯3着。祖母ホクトビーナスはG1-桜花賞2着。祖母の半兄にホクトヘリオス(G2-京成杯3歳S、G2-中山記念、G3-函館3歳S、G3-京王杯オータムH、G3-東京新聞杯)、祖母の半弟にホクトフィル(G1-朝日杯3歳S3着、G2-NZT4歳S3着、G2-セントライト記念3着)。

 

3・カンズ 牝2
父・クロフネ、母・レストレスハート、母父・サンデーサイレンス
生産者・前谷武志、(栗)松元茂樹、北村友一

・2週連続、坂路で乗られているが、時計は先週が半マイル55.1秒、今週が半マイル55.9秒。まだ水準レベルを超える時計は出ていない。

・母は白老ファームの生産馬で12戦1勝。本馬は7番仔。全兄パドルウィールはG2-金鯱賞2着。

 

4・ノーブルスピリット 牡2
父・オルフェーヴル、母・ノーブルステラ、母父・Monsun
生産者・社台ファーム、(栗)中内田充、川田将雅

・先週は坂路でラスト強めに追われ、半マイル54.3秒、ラスト1F12.4秒。今週はCWで6Fから強めに追われるも、水準級の時計は出ていない。2週連続で併走馬に遅れを取っているのも印象はあまり良くない。

・募集価格4000万円。母は米加伊で27戦8勝、G2-ニューヨークBCH、G3-ビウィッチS、G3-グレンズフォールズH、G3-ダンススマートリーHの勝ち馬。本馬は7番仔。半姉ノーブルジュエリーはG3-京都牝馬S3着。祖母のNoble Pearlはイタリアの2歳G1(グランクリテリウム)馬。

 

5・ラストクルセイド 牡2
父・マンハッタンカフェ、母・ココロチラリ、母父・エアジハード
生産者・社台ファーム、(栗)西浦勝一、幸英明

・2週連続、CWで6Fから乗られる。先週は一杯に追われて水準以上の好タイムをマーク。今週は幸騎手が乗り、やや一杯に追われる。先週の時計から争覇圏内の一頭といえる。

・募集価格2400万円。母は4戦1勝。本馬は初仔。3代母マイライフスタイルはサンデーサイレンス(G1-BCクラシック、G1-ケンタッキーダービー、G1-プリークネスS、G1-スーパーダービー、G1-サンタアニタダービー、G1-カリフォルニアンS、G2-サンフェリペH)の全妹。

 

6・ウインストロベリー 牝2
父・ハーツクライ、母・フラウラ、母父・クロフネ
生産者・モリナガファーム、(栗)宮徹、松山弘平

・2週連続、CWで6Fから乗られる。先週は鮫島良騎手が乗り、一杯に追われ、4F以降は水準級の時計を計時。今週は松山騎手が乗り追われているが、先週よりは時計は悪い。

・募集価格1500万円。2016年の北海道サマーセールにて723.6万円で落札。母は未出走。本馬は3番仔。母の半兄フリソはJpn2-日本テレビ盃2着、Jpn3-マーキュリーC3着。祖母の全姉ナカミジュリアンはG3-クイーンCの勝ち馬。3代母ナカミサファイヤはオークス2着馬。祖母の従姉ナカミアンゼリカはG1-オークス2着、G1-エリザベス女王杯3着。

 

7・ジョウショーダイヤ 牝2
父・スウェプトオーヴァーボード、母・ジョウショーコトミ、母父・リンカーン
生産者・五丸農場、(栗)服部利之、小牧太

・2週連続、CWで馬なりで6Fから乗られる。水準レベルの時計はまだ出ていない。

・母は31戦2勝。本馬は2番仔。

 

8・レッドヴァール 牝2
父・ディープインパクト、母・レッドヴァージン、母父・Distorted Humor
生産者・社台ファーム、(栗)松田国英、浜中俊

・2週連続、CWで6Fから浜中騎手が乗り、追われる。先週はゴール前仕掛けられる形での攻めで3F以降は水準レベルの時計。ラスト1F11秒台半ばなのも良い。今週は馬なり調整。2週連続で併走馬を追走し先着する内容で、仕上がりは良好とみてとれる調整過程。

・募集価格4200万円。母は8戦1勝。本馬は初仔。祖母の半兄にBernstein(G3-コンコルドS、G3-レイルウェイS)、Della Francesca(G2-ベルモントBCH、G3-ガリニュールS)。母の従兄にWiseman’s Ferry(G3-ウェストヴァージニアダービー、G3-ローンスターダービー)、Sky Mesa(G1-ホープフルS、G2-ブリーダーズフュチュリティ)。

 

9・メイショウテッコン 牡2
父・マンハッタンカフェ、母・エーシンベロシティ、母父・Lemon Drop Kid
生産者・下屋敷牧場、(栗)高橋義忠、鮫島克駿

・先週はCWで6Fから鮫島駿騎手が乗り一杯に追われる。時計は水準以上の好時計で併走馬(古500万)を追走し先着している。今週は坂路でラスト強めに追われ、半マイル57.7秒、ラスト1F11.9秒。時計も内容も良好で有力候補の一頭。

・2016年の北海道セレクションセールにて1728万円で落札。母は58戦13勝。本馬は2番仔。祖母の半兄にArtax(G1-BCスプリント、G1-カーターH、G1-ヴォスバーグS、G2-サンフェリペS、G2-フォレストヒルズH、G3-サンタカタリーナS)。

 

10・ボリウッド 牝2
父・ルーラーシップ、母・ビスクドール、母父・サンデーサイレンス
生産者・ノーザンファーム、(栗)池添学、荻野極

・先週はCWで6Fから荻野極騎手が乗り、馬なりでの攻め。今週は大下騎手が乗り、坂路でラスト強めに追われ、半マイル54.5秒、ラスト1F12.2秒。目を引くような時計はまだ出ていない。

・母は8戦0勝。本馬は12番仔。半姉アイスドールはG3-クイーン賞3着。半兄バトードールはG3-ユニコーンS2着、Jpn1-ジャパンダートダービー3着。母の全姉にトゥザヴィクトリー。トゥザヴィクトリーの産駒にトゥザグローリー、トゥザワールド、トーセンビクトリー。母の全妹にビーポジティブ、母の全弟にサイレントディール、従姉にデニムアンドルビー。

 

11・シゲルゴボウ 牡2
父・ルーラーシップ、母・マリアローザ、母父・フジキセキ
生産者・大滝康晴、(栗)鈴木孝志、松若風馬

・先週はCWで6Fから森裕騎手が乗り馬なりで乗られる。今週は坂路で乗られ、半マイル54.6秒、ラスト1F13.4秒。まだ全体で水準レベルの時計は出ていないが先週の3F以降の時計は水準レベルにはあり、変わり身があれば面白い存在。

・2016年の北海道オータムセールにて756万円で落札。母は4戦0勝。本馬は初仔。祖母の半弟にグラッツィア(JG3-新潟ジャンプS2着、Jpn1-川崎記念3着、Jpn2-日本テレビ盃3着、Jpn3-白山大賞典3着)、スーパームーン(G2-アメリカジョッキーC2着、G2-アルゼンチン共和国杯3着)。

 

12・シャンテューズ 牝2
父・クロフネ、母・マリーシャンタル、母父・サンデーサイレンス
生産者・ノーザンファーム、(栗)梅田智之、武豊

・先週はCWで5Fから馬なりで乗られ、今週は武豊騎手が乗り、坂路で一杯に追われる。時計は半マイル53.5秒、ラスト1F13.0秒。ラスト1Fの時計がやや、物足りないのと、この馬は8/16に既に坂路で半マイル52.3秒を出していた馬なので、気配的に上昇過程にあるような感じはしない印象。

・母は25戦4勝。本馬は10番仔。半兄ファントムライトはG3-中日新聞杯2着、G3-新潟記念3着、G3-福島記念3着。母の半姉にエアグルーヴ。エアグルーヴの産駒にアドマイヤグルーヴ、フォゲッタブル、ルーラーシップ、グルヴェイグ。祖母ダイナカール。

 

13・リバプールタウン 牡2
父・ルーラーシップ、母・マッキーパシオン、母父・ダンスインザダーク
生産者・下川茂広、(栗)石橋守、岩崎翼

・先週はCWで岩崎翼騎手が乗り6Fから一杯に追われ、4F以降は水準級の時計。今週はCWで5Fから直線強めに乗られる。先週は併走馬(新馬)を追走し遅れは取っているが、時計的には水準級でまずまずのもの。

・母は22戦0勝。本馬は4番仔。祖母の半兄エイシンガイモンはG3-関屋記念(2勝)、G3-セントウルSの勝ち馬。4代母Champagne CocktailはArctic Tern(G1-ガネー賞など重賞3勝)の半妹。6代母がAlmahmoud(ノーザンダンサー、ヘイローの祖母)。

 

14・インフレーション 牡2
父・タニノギムレット、母・ミラクルフェイマス、母父・フジキセキ
生産者・柏木一則、(栗)高橋康之、川島信二

・先週はCWで6Fから一杯に追われるもラスト1F13.2秒とややバテ気味。今週は小倉芝で5Fからラスト強めに乗られる。

・母の28戦1勝。本馬は3番仔。母の従姉にプロヴィナージュ(G2-サンスポ杯阪神牝馬S2着、G2-関東オークス2着、G3-クイーンS2着、G3-朝日チャレンジC2着、G1-秋華賞3着、G2-京都大賞典3着)、母の従弟にエデンロック(G3-札幌2歳S3着)、ナリタスターワン(G3-北九州記念2着)。

 

15・トップオブウイン 牡2
父・オルフェーヴル、母・サクセスゴーランド、母父・サクラバクシンオー
生産者・吉田ファーム、(栗)松永幹夫、森裕太朗

・2週連続、坂路で一杯に追われる。先週は半マイル53.5秒、ラスト1F12.5秒。今週は半マイル55.1秒、ラスト1F12.5秒。時計は先週のほうが良いが、目を引くようなものではない。ただ、2週連続で加速ラップを踏めており、減量騎手起用で面白い存在であることは確か。

・母は19戦4勝。本馬は3番仔。叔父に2009年のG1-フェブラリーS、2009年のJpn1-東京大賞典、2008年のJpn1-ジャパンダートダービーの勝ち馬・サクセスブロッケン。祖母サクセスビューティは2002年のG2-フィリーズレビュー(阪神芝1400)の勝ち馬。

 

16・ローズサクシード 牡2
父・ワークフォース、母・ロゼカラー、母父・Shirley Heights
生産者・レイクヴィラファーム、(栗)吉村圭司、和田竜二

・2週連続、CWで6Fから乗られる。先週は和田騎手が乗り、やや一杯に追われたが、時計は水準以下。今週は畑端騎手が乗り馬なりで乗られ、先週とほぼ同じ時計。時計は地味だが馬なりで先週とほぼ同じ時計が出ているということは、上昇気配にあると素直に見て良さそう。

・募集価格1500万円。母は8戦2勝、G2-デイリー杯3歳Sの勝ち馬。本馬は14番仔。半姉にローズバド(G2-フィリーズレビュー、G3-マーメイドS)。半兄にローゼンクロイツ(G2-金鯱賞、G3-毎日杯、G3-中京記念)、ローズプレステージ(G2-京都新聞杯2着)。母の半弟にロサード(G2-オールカマー、G3-新潟3歳S、G3-京阪杯、G3-小倉記念(2勝))、ヴィータローザ(G2-セントライト記念、G3-ラジオたんぱ賞、G3-中山金杯)。