8/24の当欄でもノヴェリスト産駒が栗東で1番時計を計時していたが、今朝も栗東ではノヴェリスト産駒が1番時計を計時。ノヴェリスト産駒はここまで3頭が2歳戦で勝ち上がっているが、ここまでの産駒3連対率42.4%のハイアベレージを残しており、派手さはないが注目の新種牡馬。今日も美浦と栗東の坂路1番時計馬をご紹介する。

 

9/7(木)美浦(重)

ミヤギウイング 牝2
父・エンパイアメーカー、母・キョウエイタキオン、母父・アグネスタキオン
生産者・宮内牧場、(美)田村康仁、市場取引・2016年北海道サマーセールで1026万円で落札

9/7(木)半マイル54.0-40.3-26.1-13.0。ラップタイム13.7-14.2-13.1-13.0。

・9/3(日)に半マイル55.3秒を出し、今朝は上記時計を計時。少しずつ時計を詰めてはいるが、まだ水準級の時計ではない。

・母は18戦2勝。本馬は4番仔。祖母の半兄にテイエムオペラオー(G1-皐月賞、G1-天皇賞(春)2勝、G1-宝塚記念、G1-天皇賞(秋)、G1-ジャパンC、G1-有馬記念、G2-京都記念、G2-阪神大賞典、G2-京都大賞典2勝、G3-毎日杯)。母父アグネスタキオンは既に2歳戦で9頭が勝ち上がっており、クロフネと並びBMSとしてトップの数字。その点では本馬は注目の存在といえる。

 

9/7(木)栗東(良)

エイシンヘリテイジ 牝2
父・ノヴェリスト、母・トロピカルフロール、母父・Big Shuffle
生産者・栄進牧場、(栗)中尾秀正

9/7(木)半マイル53.9-39.7-26.2-13.3。ラップタイム14.2-13.5-12.9-13.3。

・ここまでの自己最速時計を計時。半マイル時計を並べると、8/16(57.1)→8/23(54.4)→8/30(54.6)→9/7(53.9)。週を追うごとに時計を詰めてきているが、水準級の時計にはまだ若干届いていない感じで、今朝は未勝利馬が出した半マイル51.9秒が2歳馬トータルでの1番時計となっている。

・母は仏10戦4勝。本馬は2番仔。母の全姉ターフローズは伊G1-リディアテシオ賞の勝ち馬で、イタリアとフランスで重賞入着4回。ターフローズの初仔ロサギガンティアはG2-阪神C、G2-スプリングSの勝ち馬でG2-京王杯スプリングC3着。母父Big ShuffleはBold Ruler直系のSuper Concorde産駒。