ミッキーアイルの全妹・スターリーステージが坂路で出色の動きを披露。ここは頭一つ抜けている印象。音無師のコメントによると「性格もお利口さん」とのことで気性的な問題がなさそうなのも好印象。2頭のロードカナロア産駒・ロードラナキラとサンライズカナロア、Kitten’s Joy産駒・ジャンダルムが次位候補。

 

1・ストリ 牡2
父・カルストンライトオ、母・スノーヴァーダント、母父・カコイーシーズ
生産者・橋本牧場、(栗)松下武士、松山弘平

・2週連続、坂路追い。今週はラスト強めに追われ、半マイル54.5秒、ラスト1F13.2秒。まだ目を引くような時計は出せていない。

・2016年の北海道サマーセールにて334.8万円で落札。母は未出走。本馬は5番仔。

 

2・アスタービアンコ 牡2
父・ヴィクトワールピサ、母・アンビホールドゥン、母父・Bluegrass Cat
生産者・日進牧場、(栗)木原一良、古川吉洋

・2週連続、CWで乗られる。先週は6Fから一杯に追われるも、時計は水準以下。今週は古川吉騎手が乗り馬なりで乗られ、併走馬(古500万)を先行し遅れを取る。まだ水準以上の時計が出ていない状況。

・母は8戦1勝。本馬は2番仔。母の半兄にSummer Note(G2-ハッチソンS)、Diamond Stripes(G2-メドーランズC、G2-ゴドルフィンマイル、G3-ペガサスS)。

 

3・ナムラルビー 牝2
父・スクリーンヒーロー、母・ガーネットスター、母父・エルコンドルパサー
生産者・谷川牧場、(栗)羽月友彦、川須栄彦

・先週は川須騎手が乗り、CWで5Fから馬なり調整だったが、ラスト1F14秒台半ばもかかってしまう。今週は坂路で一杯に追われ、半マイル53.6秒、ラスト1F13.9秒。ラストでバテてはいるが、全体時計はほぼ水準級。

・母は社台ファームの生産馬で15戦2勝。本馬は6番仔。母の半弟にアサクサキングス(G1-菊花賞、G2-京都記念、G2-阪神大賞典、G3-きさらぎ賞)。祖母の全兄にジェニュイン(G1-皐月賞、G1-マイルチャンピオンシップ)。

 

4・ブルベアトリュフ 牡2
父・シンボリクリスエス、母・オースミアザレア、母父・スペシャルウィーク
生産者・鮫川啓一、(栗)千田輝彦、高倉稜

・2週連続、CWで馬なりで乗られる。馬なり調整だが2週とも時計は水準レベルには到達していない。

・2016年の北海道セレクションセールにて864万円で落札。母は10戦0勝。本馬は4番仔。母の半弟にオースミイチバン(Jpn2-兵庫チャンピオンシップ、Jpn2-ダイオライト記念)。祖母オースミハルカはG3-チューリップ賞、G3-クイーンS(2勝)、G3-府中牝馬Sの勝ち馬でG1-エリザベス女王杯で2着が2回。

 

5・メイショウヴァルス 牝2
父・メイショウボーラー、母・ハギノフォルテ、母父・Singspiel
生産者・村下明博、(栗)飯田祐史、酒井学

・今週は坂路を馬なりで乗られ、半マイル56.6秒、ラスト1F13.3秒。まだ坂路で水準級の時計は出ていない状況。

・2016年の北海道オータムセールにて108万円で落札。母は6戦2勝。本馬は3番仔。祖母の半妹イクスキューズはG3-クイーンCの勝ち馬でG3-ファンタジーS2着、G3-クイーンS2着など重賞入着5回。3代母クリスティキャットはG1-フラワーボールH、G2-ダイアナS、G3-ボーゲイH、G3-ヴァインランドH、G3-ノーブルダムゼルSの勝ち馬。

 

6・ジャンダルム 牡2
父・Kitten’s Joy、母・ビリーヴ、母父・サンデーサイレンス
生産者・North Hills Co. Limited、(栗)池江泰寿、武豊

・先週はCWで水口騎手が乗り、7Fから一杯に追われ、水準以上の好時計を計時。ラスト1F11秒台後半でまとめており、併走馬(新馬)を追走し先着。今週は武豊騎手が乗り、CWで6Fから馬なりで乗られ、ラスト1F11秒台後半でまとめている。今週も併走馬(新馬)を先行し先着。先週の時計から有力候補の一頭といえる。

・母は28戦10勝、2003年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬で、G1-スプリンターズS、G1-高松宮記念、G3-セントウルS、G3-函館スプリントSの勝ち馬。本馬は6番仔。半兄にファリダット(G2-阪神C2着、G3-京阪杯2着、G1-安田記念3着など、重賞入着6回)、半姉にフィドゥーシア(G3-アイビスサマーダッシュ2着)。

 

7・スターリーステージ 牝2
父・ディープインパクト、母・スターアイル、母父・ロックオブジブラルタル
生産者・ノーザンファーム、(栗)音無秀孝、福永祐一

9/6(水)半マイル51.1-37.4-24.8-12.5。ラップタイム13.7-12.612.312.5
8/30(水)半マイル52.4-38.3-25.3-12.7。ラップタイム14.1-13.0-12.612.7

・先週は助手、今週は福永騎手が乗って2週連続、坂路で馬なり調整。2週連続でこの時計が出ているなら好仕上がりは間違いなく、けいこ通りなら確勝級といえる。

・母は13戦2勝。本馬は5番仔。全兄にミッキーアイル(G1-NHKマイルC、G1-マイルチャンピオンシップ、G2-スワンS、G3-シンザン記念、G3-アーリントンC、G3-阪急杯)、半兄にタイセイスターリー(G3-シンザン記念2着)。従姉にアエロリット(G1-NHKマイルC、G3-クイーンS)。祖母アイルドフランスはG3-ヒルズバーロウH、G3-ミネルヴ賞の勝ち馬。3代母ステラマドリッドはG1-エイコーンS、G1-フリゼットS、G1-メイトロンS、G1-スピナウェイSの勝ち馬。ステラマドリッドを牝祖とする重賞勝ち馬にダイヤモンドビコー、ライラックスアンドレース。

 

8・ロードラナキラ 牡2
父・ロードカナロア、母・エンジェリックレイ、母父・ダイワメジャー
生産者・ケイアイファーム、(栗)高野友和、池添謙一

・先週CWで6Fから馬なりで乗られ、水準以上の時計をマーク。今週は坂路で池添騎手が乗り、強めに追われ、半マイル54.3秒、ラスト1F12.8秒。先週の時計から争覇圏内の一頭といえる。

・募集価格2376万円。母は1戦0勝。本馬は初仔。母の半兄ダノンバラードはG2-アメリカジョッキーC、G3-ラジオNIKKEI杯の勝ち馬で、G1-宝塚記念2着、G1-皐月賞3着など他に重賞入着7回。母の半兄ロードアリエスはG2-京都新聞杯2着。祖母レディバラードはG3-クイーン賞、G3-TCK女王盃の勝ち馬。祖母の半弟Sligo BayはG1-ハリウッドターフカップ、G3-シネマHの勝ち馬。

 

9・サンライズカナロア 牡2
父・ロードカナロア、母・ストリートスタイル、母父・アドマイヤベガ
生産者・下河辺牧場、(栗)安田隆行、北村友一

・2週連続、坂路追い。先週は北村友騎手が乗り、馬なりで半マイル52.8秒、ラスト1F12.3秒の好時計をマーク。併走馬(古500万)を追走し先着している。今週は一杯に追われ、半マイル53.7秒、ラスト1F12.1秒。併走馬(古500万)を先行しそのまま先着している。2週とも加速ラップを踏んでおり、先週の時計から争覇圏内の存在といえる。

・母は29戦4勝で準OP勝ちの実績あり。本馬は3番仔。母の半妹ブロードストリートはG2-ローズSの勝ち馬。母の半兄フィニステールはG2-青葉賞3着。祖母の半姉Mysteriesの産駒にヒシアケボノ(G1-スプリンターズS、G2-スワンS)、アグネスワールド(G1-アベイユドロンシャン賞、G1-ジュライC、G2-CBC賞、G2-全日本3歳優駿、G3-函館3歳S)。

 

10・サンライズナイト 牡2
父・クロフネ、母・ラブリーアリュール、母父・ゴールドアリュール
生産者・雅牧場、(栗)石坂正、浜中俊

・2週連続、坂路追い。先週は末強めに追われ、半マイル56.4秒、ラスト1F12.7秒。今週は強めに追われ、半マイル54.6秒、ラスト1F12.7秒。ともに加速ラップは踏めているが時計自体は水準レベルにはまだ達していない。

・母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で7戦1勝。本馬は2番仔。祖母の半兄にサンライズアトラス(G3-京成杯オータムHの勝ち馬で、G3-函館スプリントS3着)、サンライズキング(G3-プロキオンS2着、3着)。

 

11・クリノユナチャン 牝2
父・ヘニーヒューズ、母・シャトルタテヤマ、母父・タイキシャトル
生産者・飛渡牧場、(栗)作田誠二、三津谷隼

・9/3(日)に坂路で一杯に追われ、半マイル56.1秒、ラスト1F13.4秒。今週は半マイル53.0秒、ラスト1F13.5秒。併走馬(新馬)に先着。今週の時計は全体時計は水準以上だが終いバテてしまっている点がどうか。

・2016年の北海道サマーセールにて324万円で落札。母は26戦3勝。本馬は3番仔。母の半兄にヴァンクルタテヤマ(G3-プロキオンS、Jpn3-サマーCh(2勝)、Jpn3-北海道スプリントC)。祖母フラワータテヤマはG3-スパーキングレディ3着。3代母の全兄にギャロップダイナ(G1-安田記念、G1-天皇賞(秋)、G3-東京新聞杯)。