オルフェーヴル産駒・ムーンレイカーが今週、CWで好時計を計時。鞍上が父の主戦ジョッキー池添謙一ということで注目を集めようが、仕上がり的に新馬勝ちの好機到来な印象。ディープインパクト産駒・シルヴァンシャーはがっつり仕上げられた感じではなく、余裕残しの印象だが果たしてどうか。アイルハヴアナザー産駒・エーティーマゼランも面白い存在。

 

1・ケイティクレバー 牡2
父・ハービンジャー、母・モルトフェリーチェ、母父・ディープインパクト
生産者・社台ファーム、(栗)目野哲也、小林徹弥

・2週連続、CWで5Fから乗られる。先週は義騎手が乗り末強めに追われる。今週は小林徹騎手が乗り馬なり調整。まだ水準レベルの時計は出ていない。

・2017年の千葉サラブレッドセールにて540万円で落札。母は6戦0勝。本馬は2番仔。母の半兄リフトザウイングスはG3-東京スポーツ杯2歳S2着。祖母の半妹レインダンスはG1-秋華賞2着など重賞入着5回。3代母レンIIはG3-ドルメーロ賞の勝ち馬。

 

2・ワンダーコンセギル 牡2
父・ケイムホーム、母・ワンダーノンブーレ、母父・デヒア
生産者・米田牧場、(栗)松永幹夫、古川吉洋

・今週は坂路で一杯に追われ、半マイル56.0秒、ラスト1F12.9秒。併走馬(新馬)を追走し先着しているが時計自体は平凡。

・母は18戦2勝。本馬は4番仔。3代母ワンダーレジストはG1-桜花賞3着、G2-サンスポ4歳牝馬特別3着、G3-京都牝馬特別3着。

 

3・ムーンレイカー 牡2
父・オルフェーヴル、母・シルバービート、母父・シルバーチャーム
生産者・フジワラファーム、(栗)池添兼雄、池添謙一

・今週は池添騎手が乗り、CWで6Fから一杯に追われ、水準以上の好時計を計時。併走馬(2未勝)に遅れを取っているがこの時計なら問題はないだろう。

・母は27戦1勝。本馬は2番仔。母の従兄エイシンサリヴァンはG3-ラジオたんぱ賞3着。4代母Oh So SharpはG1-英オークス、G1-英1000ギニー、G1-英セントレジャーなど重賞5勝し、1985年のG1-キングジョージ6世&クイーンエリザベスSで2着。

 

4・プルンクザール 牡2
父・オルフェーヴル、母・プリオバーン、母父・Galileo
生産者・笠松牧場、(栗)石坂正、浜中俊

・今週は浜中騎手が乗り、坂路で追われるが半マイル54.4秒、ラスト1F12.8秒。加速ラップを踏めており、これまでの自己最速時計ではあるが、時計自体はまだ水準レベルには達していない。

・母はアイルランドで17戦5勝。本馬は3番仔。4代母Tropical CreamはG3-クレオパトル賞の勝ち馬。5代母Tropic Starは愛プリティポリーS、チェシャーオークスの勝ち馬。

 

5・エーティーマゼラン 牡2
父・アイルハヴアナザー、母・ルミアージュ、母父・ハーツクライ
生産者・日の出牧場、(栗)湯窪幸雄、幸英明

・2週連続、CWで6Fから追われる。先週は直線一杯に追われるが、後半のタイムが今一つ。今週は幸騎手が乗り一杯に追われ、ラスト1F13秒手前なのはマイナスだが、水準級の時計。併走馬(2未勝)を追走し遅れを取っているが、このタイムが出ているなら問題なさそう。

・2016年の北海道セレクションセールにて1890万円で落札。母はノーザンファームの生産馬で8戦0勝。本馬は初仔。母の半姉にエピセアローム(G2-セントウルS、G3-小倉2歳S)。母の従兄にカポーティスター(G2-日経新春杯)。3代母の半弟にサクラローレル(G1-天皇賞(春)、G1-有馬記念、G2-中山記念、G2-オールカマー、G3-中山金杯)。

 

6・シルヴァンシャー 牡2
父・ディープインパクト、母・アゼリ、母父・Jade Hunter
生産者・ノーザンファーム、(栗)池江泰寿、デムーロ

・先週は水口騎手が乗り、CWで6Fから一杯に追われるが、時計は水準以下。今週はデムーロ騎手が乗り、CWで4Fから馬なりで乗られ、3F以降の時計は水準級。ゴール過ぎて追われる調教で額面通りに時計を受け止めにくいが、余裕残しだが先週よりは良化中で能力は出せる状態、といった感じだろうか。

・募集価格1億6000万円。母は米24戦17勝、2002年のエクリプス賞年度代表馬で、G1-BCディスタフ、G1-アップルブラッサムH(3勝)、G1-スピンスターS、G1-サンタマルガリータH、G1-ヴァニティH(2勝)、G1-ミレイディH(2勝)、G1-ゴーフォーワンドHなど重賞14勝。本馬は7番仔。全兄ロイカバードはG3-京都新聞杯3着、G3-きさらぎ賞3着。

 

7・ブライトヴィーナス 牝2
父・ロジユニヴァース、母・ブライトキャップ、母父・フォーティナイナー
生産者・久米和夫、(栗)中村均、国分恭介

・先週はCWで6Fから一杯に追われるも時計は今一つ。今週は坂路で一杯に追われるも、半マイル55.1秒、ラスト1F13.1秒で水準以下の時計。

・2016年の北海道サマーセールにて108万円で落札。母は7戦1勝。本馬は8番仔。3代母スカッシュソロンはグレード制施行前の安田記念、阪神4歳牝馬特別の勝ち馬。

 

8・サンディー 牝2
父・ジャングルポケット、母・メイクミーシャイン、母父・アグネスデジタル
生産者・チャンピオンズファーム、(栗)千田輝彦、福永祐一

・先週は藤懸騎手が乗り、CWで5Fから馬なり調整。今週はCWで4Fから馬なり調整。馬なり調整のためもあり、時計は目立たず。

・2017年の千葉サラブレッドセールにて432万円で落札。母は14戦0勝。本馬は3番仔。母の半妹ティリアンパープルはJG3-新潟ジャンプSの勝ち馬。祖母の半兄ボールドブライアンはG3-東京新聞杯の勝ち馬でG3-函館スプリントS2着。