キングカメハメハ産駒・ネイビーアッシュが好仕上がりでここは首位有力。ジャングルポケット産駒・ジャンバイカ、ローズキングダム産駒・ファインドザウェイ、キングズベスト産駒・ディアフェルスパー、タイムパラドックス産駒・ウインディマンシュ、タイキシャトル産駒・エピリマイなどが次位争い候補。

 

1・ジャンバイカ 牡2
父・ジャングルポケット、母・バイカオウレン、母父・フジキセキ
生産者・ニシケンファーム、(美)高橋裕、丸山元気

・2週連続、南Wで5Fから追われる。先週は一杯に追われるも時計は水準以下。今週は丸山騎手が乗り直線強めに追われ、4F以降の時計は水準級。

・母は未出走。本馬は4番仔。祖母キクノスカーレットはG3-マーメイドS2着。

 

2・イッツマイターン 牡2
父・ジョーカプチーノ、母・イシュトリルトン、母父・ムーンバラッド
生産者・大作ステーブル、(美)天間昭一、武藤雅

・2週連続、坂路追い。先週は強めに追われ、半マイル54.4秒、ラスト1F12.7秒。今週は馬なりで乗られ、半マイル52.6秒、ラスト1F13.3秒。今週の時計はまずまずだが、中盤以降は減速ラップでバテ気味。

・2016年の北海道サマーセールにて313.2万円で落札。母は9戦0勝。本馬は5番仔。母の半妹マイネエポナはG3-フェアリーS2着。祖母の半兄にロードクロノス(G3-中京記念の勝ち馬でG3-七夕賞2着)、祖母の半妹にレディミューズ(G3-チューリップ賞2着)、祖母の半弟にトレジャー(G2-セントライト記念2着、G2-目黒記念2着など重賞入着5回)。3代母はシンコウラブリイ(1993年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬でG1-マイルチャンピオンシップなど重賞6勝)。

 

3・ブライターデイズ 牝2
父・スペシャルウィーク、母・ジネブラルスキー、母父・ピルサドスキー
生産者・三村卓也、(美)和田正道、松山弘平

・9/3(日)に南Wで4Fから強めに追われるが、水準以下の時計。今週は南Wで5Fから馬なり調整。

・募集価格880万円。2016年の北海道サマーセールにて324万円で落札。母は2戦0勝。本馬は11番仔。母の半姉マジックリボンはG3-全日本サラブレッドカップの勝ち馬で、G3-マリーン賞2着、G3-クイーン賞2着、G3-TCK女王盃2着。

 

4・ソッフィダモーレ 牝2
父・ロジユニヴァース、母・アリママリア、母父・トウカイテイオー
生産者・長浜秀昭、(美)伊藤伸一、杉原誠人

・先週は南Wで4Fから馬なり調整。今週は南Dで杉原騎手が乗り、直線強めに追われる。時計はいずれも水準以下。

・2016年の北海道サマーセールにて108万円で落札。母は未出走。本馬は5番仔。祖母の半妹ナギサはG3-京都牝馬特別2着、ナギサの直仔サウンドザビーチはG3-TCK女王盃の勝ち馬で、G2-エンプレス杯3着。

 

5・トーセンエピソード 牝2
父・トーセンファントム、母・トーセンソニア、母父・ファンタスティックライト
生産者・エスティファーム、(美)小桧山悟、井上敏樹

・今週は南Wで井上敏騎手が乗り、4Fから直線強めに追われるも、時計は水準以下。

・母は10戦1勝。本馬は2番仔。3代母Zama HummerはG2-プライオレスSの勝ち馬。

 

6・ファインドザウェイ 牝2
父・ローズキングダム、母・ツルマルグラマー、母父・フジキセキ
生産者・市川牧場、(美)松山将樹、松岡正海

・2週連続、南Wで4Fから乗られる。今週は松岡騎手が乗り、直線一杯に追われ、水準以上の時計を計時。併走馬(3未勝)を追走し若干、遅れているが、この時計が出ているなら何も問題はないだろう。

・母はノーザンファームの生産馬で8戦1勝、G3-ファンタジーS2着。本馬は9番仔。母の半弟にアルナスライン(G2-日経賞の勝ち馬で、G1-菊花賞2着、G1-天皇賞(春)2着など重賞入着6回)。

 

7・コスモレリア 牡2
父・アイルハヴアナザー、母・マイネカトレア、母父・アグネスタキオン
生産者・ビッグレッドファーム、(美)奥村武、柴田大知

・2週連続、南Wで乗られる。今週は柴田大騎手が乗り、5Fから馬なりでの攻めとなったが、時計は水準レベルを下回る。

・母は9戦0勝。本馬は初仔。母の半兄にマイネルキッツ(G1-天皇賞(春)、G2-日経賞、G2-ステイヤーズS)、母の全姉にマイネカンナ(G3-福島牝馬S)、母の半兄にマイネルマーク(G2-アルゼンチン共和国杯3着)。

 

8・スワーリングミスト 牝2
父・ハードスパン、母・アークティックミスト、母父・Seeking the Gold
生産者・ダーレージャパンファーム、(美)高橋祥泰、木幡巧也

・先週は南Wで5Fから一杯に追われるも時計は水準以下。今週は坂路を馬なりで乗られ、半マイル54.7秒、ラスト1F13.4秒。

・母は未出走。本馬は7番仔。母の半兄にシンボリクリスエス(G1-天皇賞(秋)(2勝)、G1-有馬記念(2勝)、G2-青葉賞、G2-神戸新聞杯)。祖母Tee KayはG3-マーサワシントンSの勝ち馬。

 

9・ディセントファミリ 牡2
父・エイシンフラッシュ、母・メイショウガザニア、母父・キングヘイロー
生産者・八木明広、(美)和田正道、横山武史

・先週は坂路で一杯に追われるも半マイル57.2秒、ラスト1F13.9秒。今週は坂路で強めに追われるも、半マイル56.1秒、ラスト1F13.8秒。時計的には厳しい情勢。

・2016年の北海道サマーセールにて378万円で落札。母は53戦6勝。本馬は初仔。母の半妹にメイショウマンボ(G1-オークス、G1-秋華賞、G1-エリザベス女王杯、G2-フィリーズレビュー)。3代母メイショウアヤメはG2-報知杯4歳牝馬特別2着。

 

10・ティエンラン 牝2
父・リーチザクラウン、母・ニシノキュベレー、母父・サクラバクシンオー
生産者・山田牧場、(美)栗田博憲、野中悠太

・2週連続、南Wで4Fから野中騎手が乗り追われる。先週は一杯に追われているが時計は水準以下。今週は直線一杯に追われているが、時計は水準以下。

・2016年の北海道サマーセールにて756万円で落札。母は未出走。本馬は4番仔。祖母の全姉にサイエダティ(G1-英1000ギニー、G1-ジャックルマロワ賞、G1-サセックスS、G1-チヴァリーパークS、G1-モイグレアスタッドS、G3-チェリーヒントンS)。3代母Dubianは伊G1-リディアテシオ賞、愛G3-ロイヤルホイップSの勝ち馬。

 

11・オペラサンデー 牡2
父・ローエングリン、母・ミサトペニー、母父・オペラハウス
生産者・真歌伊藤牧場、(美)谷原義明、勝浦正樹

・先週は南Wで5Fから吉田豊騎手が乗り、ゴール前仕掛けられる形での攻めだが、時計は水準レベルに到達せず。今週は勝浦騎手が乗り、4Fから直線強めに追われるが、やはり水準レベルにはやや足りない時計。

・母は4戦0勝。本馬は7番仔。従兄にトーセンクラウン(G2-中山記念の勝ち馬で、G2-日経賞3着、G3-福島記念3着)。祖母の全兄にサンデーサイレンス(G1-BCクラシック、G1-ケンタッキーダービー、G1-プリークネスS、G1-スーパーダービー、G1-サンタアニタダービー、G1-カリフォルニアンS、G2-サンフェリペH)。

 

12・ネイビーアッシュ 牝2
父・キングカメハメハ、母・ダイヤモンドディーバ、母父・Dansili
生産者・ノーザンファーム、(美)萩原清、三浦皇成

・先週は南Wで4Fから一杯に追われるも、時計は水準レベルにはやや足りないもの。今週は三浦騎手が乗り、南Wで5Fから強めに追われ、4F以降は水準以上の時計をマーク。この時計が出ているなら臨戦態勢は良好といえる。

・母は米英で18戦6勝、G2-キャッシュコールマイルS、G3-ウィルシャーHの勝ち馬。本馬は4番仔。3代母Kundaliniは南アフリカG1-ブラッドラインクラシック、G2-ディンガーンズSの勝ち馬。

 

13・ディアフェルスパー 牡2
父・キングズベスト、母・ニーマルオトメ、母父・ゼンノロブロイ
生産者・ディアレストクラブ、(美)菊川正達、田辺裕信

・2週連続、南Wで田辺騎手が乗り、5Fから一杯に追われる。先週の時計は水準以上のもので、今週の時計は先週よりは劣っている。

・母は19戦3勝。本馬は2番仔。3代母の半弟Prospectors GambleはG2-ベルエアH、G3-トリプルベンドH、G3-エイフェノメノンSの勝ち馬。

 

14・ウインディマンシュ 牝2
父・タイムパラドックス、母・ピサノサンデー、母父・サンデーサイレンス
生産者・コスモヴューファーム、(美)田中剛、丹内祐次

・先週は南Wで5Fから強めに追われ、ほぼ水準級の時計をマーク。今週は南Pで5Fから強めに追われるが時計は水準以下。

・募集価格700万円。母は社台ファームの生産馬で33戦2勝。本馬は8番仔。半兄ウインアーマーはJG3-京都ジャンプS3着。祖母アランヴァンナはG2-伊1000ギニー、G3-オメノーニ賞(2勝)、G3-ウンブリア賞、G3-クリテリウムディローマ、G3-プリミパッシ賞の勝ち馬。

 

15・エピリマイ 牝2
父・タイキシャトル、母・タイキラナキラ、母父・フジキセキ
生産者・ビクトリーホースランチ、(美)伊藤圭三、吉田豊

・2週連続、南Wで5Fから乗られる。先週は吉田豊騎手が乗り、一杯に追われ、水準以上の時計を計時。今週は助手が乗り、強めに追われ、水準以下の時計。

・募集価格900万円。母は3戦0勝。本馬は初仔。祖母の半姉ヤエノジョオーはG3-シーサイドS2着。

 

16・スワンレイクカフェ 牝2
父・キングズベスト、母・シャイニーカフェ、母父・マンハッタンカフェ
生産者・中脇一幸、(美)小島太、菊沢一樹

・2週連続、坂路で乗られているが、水準レベルの時計はまだ出せていない。

・母は19戦1勝。本馬は4番仔。4代母The BrideはSecretariat(米21戦16勝。1972年、1973年のエクリプス賞年度代表馬、米3冠馬)の全姉。