現地時間6/27(土)に米オハイオ州クリーブランド郊外にあるシスルダウン競馬場にて行われた、Road to the Kentucky Derbyのポイント対象レース・G3-オハイオダービーのレース結果と動画をお届けする。合わせて現時点のケンタッキーダービーのブックメーカーでの単勝人気をまとめてお届けする。

Ohio Derby(G3・ダ9f・3歳)

1着:Dean Martini

せん3、父・Cairo Prince、母・Soundwave、母父・Friends Lake
調教師:Peter Miller、騎手:Ricardo Mejias

・内の好位追走から3角手前にかけて、一気にインから進出したDean Martiniが3角先頭からそのまま押し切り勝ち。1番人気に推されていた昨年のBCジュヴェナイルの勝ち馬・Storm the Courtは3着まで。

・今回の勝利で10戦2勝、重賞初制覇。重賞出走は今回が初めてで、今日のレースも単勝オッズ14.60倍の評価と極めて地味な存在だったが、今日の勝利で20ポイントを獲得。2018年キーンランド9月1歳馬セールにて22万ドルにて取引された馬。

 1着:[2020/06/27]オハイオダービー(米G3・ダ9f・シスルダウン)

・父のCairo Princeは2011年米国産のPioneerof The Nile産駒。現役時は5戦3勝、米G2-ホーリーブルS、米2歳G2-ナシュアSの勝ち馬。現3歳はセカンドクロップになり、これまでに本馬を含む4頭の重賞勝ち馬(Royal Charlotte、New and Improved、Dean Martini、Cairo Cat)を輩出中。今年の種付料は2万5000ドル。

・母のSoundwaveは10戦3勝。従兄のWestern Smoke(父・Smoke Glacken)は米G3-サプリングSの勝ち馬。従兄のJ Boys Echo(父・Mineshaft)は米G3-ゴーサムSの勝ち馬。伯母のLetgomyecho(父・Menifee)は米G2-フォワードギャルSの勝ち馬。

※EQUIBASEのchart

https://www.equibase.com/static/chart/pdf/TDN062720USA8.pdf

Ladbrokesによる現時点のケンタッキーダービーの単勝上位人気馬について

 Tiz the Law:2.5倍
 Honor AP:5倍
 Authentic:11倍
 Cezanne:15倍
 Max Player:15倍
 Sole Volante:15倍
 カフェファラオ:17倍

・注目は先日のユニコーンSを快勝したカフェファラオ。以下のデーリーレーシングフォームの記事でも、注目馬として触れられており、American Pharoah産駒であること、昨年のマスターフェンサーが日本調教馬として健闘したこと、ユニコーンSの内容が優秀だったこと(「アメリカンスタイルのスピードを持っている」と表現)、など注目ポイントをあげて、仮に出走することになれば、過去にケンタッキーダービーに挑んだ3頭の日本調教馬・マスターフェンサー(2019年:6着)、ラニ(2016年:9着)、スキーキャプテン(1995年:14着)よりも大きな注目を集めるであろうとまとめている。

http://classic.drf.com/news/cafe-pharoah-would-give-japan-its-best-shot-ever-win-kentucky-derby