2歳新馬・中山芝1600
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:タイムパラドックス
母:ピサノサンデー
母父:サンデーサイレンス
生産牧場:コスモヴューファーム
厩舎:(美)田中剛
騎手:丹内祐次
募集価格:700万円

 

1番人気のネイビーアッシュの手応えが良く、直線に向いた時点では楽勝かと思われたが、4角でネイビーアッシュの背後に控えていたウインディマンシュが追われると末脚が弾けて、ネイビーアッシュを半馬身差交わして1着。勝ち時計1.37.0。推定上り34.9。

 

父:タイムパラドックス産駒は7/9の福島ダ1150mの未勝利戦を勝ったコスモジョーカー(母父・カコイーシーズ)に続く、2頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。現2歳は8世代目になるが、過去の中央2歳戦勝ち馬頭数は1→1→0→2→1→0→0→2頭となっており、全てダートでの勝ち鞍。地方ではソルテ、トウケイタイガーを筆頭に活躍馬を輩出し、CPI0.95に対しAEI1.93と地方では抜群の実績を残している。ちなみにタイムパラドックス産駒が芝のレースを勝ったのはこれで7勝目(ダートでは55勝)で、ほぼ人気薄での勝利。

 ※タイムパラドックス産駒の芝での勝利
 1着:エアポートメサ(2012/03/11・500万下・阪神芝2400)7番人気
 1着:エアポートメサ(2012/05/06・白川特別・京都芝2400)4番人気
 1着:コスモミレネール(2012/09/16・未勝利・中京芝1600)6番人気
 1着:コウユータイセイ(2013/04/27・500万下・福島芝2600)6番人気
 1着:コスモミレネール(2013/10/12・500万下牝・東京芝1600)1番人気
 1着:タイキパラドックス(2016/11/12・相馬特別・福島芝1200)13番人気
 1着:ウインディマンシュ(2017/09/10・2歳新馬・中山芝1600)10番人気

 

牝系:母は社台ファームの生産馬で33戦2勝。本馬は8番仔。半兄ウインアーマーはJG3-京都ジャンプS3着。祖母アランヴァンナ(輸入基礎牝馬)はG2-伊1000ギニー、G3-オメノーニ賞(2勝)、G3-ウンブリア賞、G3-クリテリウムディローマ、G3-プリミパッシ賞の勝ち馬。

 

母父:サンデーサイレンスはBMSとして8頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。秋競馬開幕とともに一気に勝ち馬を増やしており、昨日3頭(クワトロダッシュ、シースプラッシュ、ジャンダルム)、今日2頭(ランリーナ、ウインディマンシュ)が勝ち上がり、今週だけで一挙5頭が勝ち上がり。

 

クロス:Hail to Reason:S4×M4

 

生産牧場:コスモヴューファームは7/8の函館芝1200mの新馬戦を勝ったウインジェルベーラ(父・アイルハヴアナザー)、8/26の札幌ダ1000mの未勝利戦を勝ったラヴバインド(父・ショウナンカンプ)に続く、3頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。