7/13、7/14と開催されたセレクトセール2020の結果をまとめている。既報の通り、新型肺炎の影響は深刻なものには至らず、特に1歳部門は軽微な落ち込みにおさまった。ディープインパクト、キングカメハメハ産駒が途絶え、相当の影響が予想された当歳部門も、過去数年のスパンでみれば違和感ない水準、と健闘した。

現1歳世代が初年度となる新種牡馬産駒は、やや意外なところでサトノアラジンが好まれ、続いてイスラボニータ、シルバーステート、ドレフォンの産駒が値をつけた一方、キタサンブラックは目立たなかった(ただし、当歳部門で良血馬の高額落札が相次いだ)。現当歳世代が初年度となる新種牡馬では、サトノダイヤモンド、リアルスティールが高い評価となり、マインドユアビスケッツ、デクラレーションオブウォーが勢いを欠いた。

ポストディープ・キンカメ、として当歳部門で高い平均価格となった種牡馬は下表の通り(落札頭数10頭以上の種牡馬でピックアップ。税込)。ハーツクライが一旦王位を預かった恰好だが、既に19歳を迎えている。今後はロードカナロア、ドゥラメンテらが覇を競うと目されている、ということだろうか。なお、筆頭の一角となるべきキズナは、今回は平均価格3,606万円(落札頭数14頭、落札率100%)、の結果だった。

種牡馬落札頭数落札率平均価格(万円)
ハーツクライ1684%10,856
ロードカナロア1493%7,064
ドゥラメンテ1478%5,744
サトノダイヤモンド11100%5,170
エピファネイア1292%4,767

セレクトセール2020速報

1歳部門(初日)

(売却率/最高価格/平均価格の推移:税込)

売却率最高価格(万円)平均価格(万円)
202092%56,1005,009(前年比△4%)
201993%38,8805,221
201890%27,0004,969
201789%29,1604,317
201688%28,0804,047

(1歳が初年度となる新種牡馬産駒の結果:税込価格)

種牡馬落札頭数落札率平均価格(万円)
サトノアラジン4100%4,263
イスラボニータ5100%3,806
シルバーステート2100%3,630
ドレフォン1185%3,480
キタサンブラック8100%2,626
ロゴタイプ4100%1,458
ディーマジェスティ1100%1,430
ザファクター1100%1,100

当歳部門(2日目)

(売却率/最高価格/平均価格の推移:税込)

売却率最高価格(万円)平均価格(万円)
202090%41,8004,515(前年比△17%)
201990%50,7605,447
201889%31,3204,350
201786%62,6404,941
201675%30,2404,252

(当歳が初年度となる新種牡馬産駒の結果:税込)

種牡馬落札頭数落札率平均価格(万円)
サトノダイヤモンド11100%5,170
リアルスティール9100%3,789
サトノクラウン5100%2,508
レッドファルクス3100%2,383
ミッキーロケット1100%2,200
マインドユアビスケッツ675%1,852
デクラレーションオブウォー375%1,577
ビーチパトロール1100%880