週末のJRA2歳戦は、札幌・新潟で新馬戦5鞍、未勝利戦5鞍、の計10鞍。種牡馬別にはドゥラメンテ(新種牡馬)ロードカナロアTapitなどの産駒が勝利。複数の勝ち星を上げた種牡馬はなかった。

中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、 首位ドゥラメンテ(新種牡馬)、2位キズナは変動なく、3位にディープインパクトが順位を上げ、以下4位マクフィ(新種牡馬)、5位マツリダゴッホの順となっている。新種牡馬は以下、10位モーリス、14位リオンディーズ、17位アジアエクスプレス、19位ラブリーデイ、と続いている。

現2歳世代サイアーランキングと各種データ

【現2歳世代(2018年産馬)の種牡馬データ】
・順位はJBISによる中央+地方の賞金順総合ランキング
・(A)はJRAにおける勝ち上がり頭数/出走頭数(カッコ内は勝ち上がり率)

順位種牡馬代表産駒(A)
1ドゥラメンテトーセンウォーリア6/26 (23%)
2キズナジュラメント4/29 (14%)
3ディープインパクトタウゼントシェーン5/18 (28%)
4マクフィルーチェドーロ2/15 (13%)
5マツリダゴッホリンゴアメ2/15 (13%)
6ダイワメジャーモントライゼ6/25 (24%)
7サウスヴィグラスヨッシーフェイス2/7 (29%)
8エピファネイアオレンジフィズ1/25 (4%)
9カレンブラックヒルラヴケリー2/11 (18%)
10モーリスカイザーノヴァ1/24 (4%)
11シニスターミニスターニーヨル1/5 (20%)
12スクリーンヒーローマイネルジェロディ3/16 (19%)
13トランセンドフォルセティ1/7 (14%)
14リオンディーズピンクカメハメハ4/19 (21%)
15ロードカナロアフォドラ3/19 (16%)
16パイロセレッソフレイム1/13 (8%)
17アジアエクスプレスキモンブラウン3/10 (30%)
18ヴィクトワールピサブライトフラッグ1/11 (9%)
19ラブリーデイジャカランダレーン3/14 (21%)
20ゴールドシップアオイゴールド4/12 (33%)

Top50はこちら

週末の2歳戦勝馬(JRA)

馬名・レース名父・母の父(生産者)
バニシングポイント
新馬/札幌芝2000
Tapit・Unbridled’s Song
(米国産)
デイトンウェイ
新馬/新潟芝1200
リアルインパクト・スニッツェル
(ノーザンファーム)
ハヴァス
新馬/新潟芝1600
ルーラーシップ・ゼンノロブロイ
(ノースヒルズ)
オパールムーン
新馬/札幌芝1500
ヴィクトワールピサ・マヤノトップガン
(前野牧場)
アドマイヤハダル
新馬/新潟芝1800
ロードカナロア・ディープインパクト
(ノーザンファーム)
ミカンサン
未勝利/札幌ダ1000
ダノンレジェンド・コマンズ
(グランド牧場)
ニシノアジャスト
未勝利/新潟芝1200
リーチザクラウン・グランデラ
(村上欽哉)
ジャンカズマ
未勝利/札幌芝1500
ハービンジャー・アドマイヤベガ
(ノーザンファーム)
フォティノース
未勝利/新潟芝1600
ドゥラメンテ・Motivator
(社台ファーム)
クールシャワー
未勝利/新潟ダ1200
ラブリーデイ・キンシャサノキセキ
(チェスナットファーム)