週末のJRA2歳戦は、札幌・新潟で新馬戦6鞍、未勝利戦5鞍、ダリア賞・OPの計12鞍。種牡馬別には出遅れていたモーリス(新種牡馬)が3勝、エピファネイアが2勝を上げている。ダリア賞はリーチザクラウン産駒ブルーバードが勝利。

中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、 ドゥラメンテ(新種牡馬)が首位をキープ、以下、2位にディープインパクト、3位キズナ、4位モーリス(新種牡馬)、5位エピファネイアに。新種牡馬は以下、7位マクフィ、13位リオンディーズ、18位ラブリーデイ、19位ダノンレジェンド、20位アジアエクスプレス、が上位に並んでいる。

現2歳世代サイアーランキングと各種データ

【現2歳世代(2018年産馬)の種牡馬データ】
・順位はJBISによる中央+地方の賞金順総合ランキング
・(A)はJRAにおける勝ち上がり頭数/出走頭数(カッコ内は勝ち上がり率)

順位種牡馬代表産駒(A)
1ドゥラメンテトーセンウォーリア6/31 (19%)
2ディープインパクトランドオブリバティ6/21 (29%)
3キズナジュラメント4/34 (12%)
4モーリスカイザーノヴァ4/28 (14%)
5エピファネイアオレンジフィズ3/28 (11%)
6ダイワメジャーショウナンラスボス6/26 (23%)
7マクフィルーチェドーロ2/18 (11%)
8マツリダゴッホリンゴアメ2/15 (13%)
9サウスヴィグラスヨッシーフェイス2/7 (29%)
10パイロサウンドブレイズ2/15 (13%)
11リーチザクラウンブルーバード2/16 (13%)
12カレンブラックヒルラヴケリー2/11 (18%)
13リオンディーズピンクカメハメハ4/21 (19%)
14トランセンドフォルセティ1/7 (14%)
15シニスターミニスターニーヨル1/5 (20%)
16ゴールドシップアオイゴールド5/13 (38%)
17スクリーンヒーローマイネルジェロディ3/17 (18%)
18ラブリーデイジャカランダレーン3/14 (21%)
19ダノンレジェンドミカンサン3/7 (43%)
20アジアエクスプレスキモンブラウン3/13 (23%)

Top50はこちら

週末の2歳戦勝馬(JRA)

馬名・レース名父・母の父(生産者)
ブルーバード
ダリア賞/新潟芝1400
リーチザクラウン・Elusive Quality
(水丸牧場)
オーソクレース
新馬/札幌芝1800
エピファネイア・ディープインパクト
(ノーザンファーム)
ランドオブリバティ
新馬/新潟芝2000
ディープインパクト・Dubawi
(社台ファーム)
サウンドブレイズ
新馬/新潟ダ1800
パイロ・ネオユニヴァース
(守矢牧場)
ストゥーティ
新馬/新潟芝1600
モーリス・ゼンノロブロイ
(ノーザンファーム)
テーオーメアリー
新馬/札幌芝1200
モーリス・Afternoon Deelites
(ヤナガワ牧場)
インフィナイト
新馬・牝/新潟芝1600
モーリス・アグネスデジタル
(ノーザンファーム)
スウィートブルーム
未勝利/新潟芝1800
ゴールドシップ・ロージズインメイ
(ビッグレッドファーム)
ショックアクション
未勝利/新潟芝1600
Gleneagles・Fastnet Rock
(愛)
ジオルティ
未勝利/札幌芝1800
エピファネイア・キングカメハメハ
(明治牧場)
シンヨモギネス
未勝利/札幌ダ1700
ダノンレジェンド・アドマイヤムーン
(グランド牧場)
ハイプリーステス
未勝利・牝/札幌芝1200
ネオユニヴァース・クロフネ
(田原橋本牧場)