現地時間8/21(金)に英ヨーク競馬場にて行われた、G1-ナンソープSの結果と動画をお届けする。

Coolmore Nunthorpe Stakes(British Champions Series)(G1・5f・2歳以上)

・ナンソープSは、1番人気のBattaashが思いの他、2着に差をつけることは出来なかったが、ラストきっちりと追撃を封じて1着。

https://twitter.com/RacingTV/status/1296815607682408448

1着:Battaash

せん6、父・Dark Angel、母・Anna Law、母父・Lawman
調教師:Charles Hills、騎手:Jim Crowley

・今回の勝利で通算23戦13勝、G1・4勝目、重賞11勝目(G1-ナンソープS・2勝G1-キングズスタンドSG1-アベイドロンシャン賞、G2-キングジョージS・4勝、G2-テンプルS・2勝、G3-コーラルチャージスプリントS)。この後は過去3年と同じくアベイドロンシャン賞へ向かうこととなろうが、このレースは3歳時に勝っているが過去2年は4着、14着と連敗中。欧州の5fG1年間完全制覇がかかる今年こそは負けられない一戦で、昨年のような極端な道悪馬場にならない限りは大記録達成が見られそうである。

・父のDark Angelは2005年愛国産のAcclamation産駒。現役時は2歳時にのみ稼働し9戦4勝、英G1-ミドルパークS(6f)、英G2-ミルリーフS(6f8yds)に勝利。本馬の他にHarry Angel(スプリントC、ジュライC)、Lethal Force(ジュライC、ダイヤモンドジュビリーS)、Mecca’s Angel(ナンソープS2勝)などの優良スプリンターを輩出中。

・母のAnna Lawは4戦未勝利。従兄のTasleet(父・Showcasing)は英G2-デュークオブヨークS、英G3-グリーナムSの勝ち馬で、ダイヤモンドジュビリーS2着、スプリントC2着、ブリティッシュチャンピオンズスプリントS2着と6fのG1で活躍。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/107/york/2020-08-21/761927