現地時間9/4(金)に米チャーチルダウンズ競馬場にて行われた、G1-ケンタッキーオークス、G1-ラトロワンヌSの結果と動画をお届けする。ケンタッキーオークスはエイコーンSを19馬身差、テストSを7馬身差で勝ってきたGamineが1番人気となっている。

Longines Kentucky Oaks(G1・ダ9f・3歳牝馬)

・ケンタッキーオークスは、1番人気のGamineが逃げ、Swiss SkydiverとShedaresthedevilの両Daredevil産駒が2,3番手を追走する展開。そのままの隊形で直線を迎えるも、Gamineがバテ気味になり、これを先に交わしたShedaresthedevilが1着、Swiss Skydiverが2着。Gamineは離れた3着。

1着:Shedaresthedevil

牝3、父・Daredevil、母・Starship Warpspeed、母父・Congrats
調教師:Brad H Cox、騎手:Florent Geroux

・今回の勝利で通算10戦5勝、G1初制覇、重賞3勝目(G1-ケンタッキーオークス、G3-インディアナオークス、G3-ハニービーS)。人気のGamine、Swiss Skydiverの両G1馬を降す大金星をあげている。

・父のDaredevilは2012年米国産のMore Than Ready産駒。現役時は5戦2勝、米2歳G1-シャンペンSの勝ち馬。現3歳がファーストクロップ(初年度の種付料は1万2500ドル)で、70頭の初年度産駒の中から今回2着のSwiss Skydiver(アラバマS)と本馬の2頭のG1馬を輩出。昨年秋にトルコへ輸出され、今はトルコジョッキークラブにて供用中。

・母のStarship Warpspeedは8戦1勝。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/308/churchill-downs/2020-09-04/765902

La Troienne Stakes presented by Oak Grove Racing And Gaming(G1・ダ8.5f・4歳以上牝馬)

・ラトロワンヌSは、3番手追走のMonomoy Girlが3角過ぎから上昇。直線を2番手で向かえると、あっさりと先頭に立ち快勝。

1着:Monomoy Girl

牝5、父・Tapizar、母・Drumette、母父・ヘニーヒューズ
調教師:Brad H Cox、騎手:Florent Geroux

・今回の勝利で通算14戦12勝、G1・6勝(ラトロワンヌSBCディスタフCCAオークスエイコーンSケンタッキーオークスアッシュランドS)、重賞8勝目。3歳時にBCディスタフを制した後、長期休養に入り、今年5月に560日ぶりのレースを使われて1着。以後、これで3連勝。チャンピオン牝馬が完全に復活し再度、軌道に乗った印象。

・父のTapizarは2008年米国産のTapit産駒。現役時はBCダートマイルの1つのG1を含む重賞3勝。産駒G1馬はMonomoy Girlのみで、他に5頭の重賞勝ち馬を輩出。

・母のDrumetteは4戦1勝。半弟のMr. Monomoy(父・Palace Malice )はG3-リズンスターSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/308/churchill-downs/2020-09-04/765901