夏のローカル開催最終週となった週末のJRA2歳戦は、札幌・新潟・小倉にて、新馬戦6鞍、未勝利戦8鞍、すずらん賞・OP、札幌2歳S・GⅢ、新潟2歳Sの計17レースを開催。種牡馬別には、ハービンジャーが2勝を上げている。すずらん賞はアグネスデジタル産駒ラストリージョ、札幌2歳Sはクロフネ産駒ソダシ、小倉2歳Sはミッキーアイル(新種牡馬)産駒メイケイエールが優勝。

中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、首位 モーリス(新種牡馬)、2位ドゥラメンテ(新種牡馬)、3位エピファネイア、4位キズナまで変動なく、5位にサウスヴィグラスが食い込んだ。新種牡馬は8位に小倉2歳S勝利のミッキーアイルが浮上、以下、12位マクフィ、15位リオンディーズ、となっている。

現2歳世代サイアーランキングと各種データ

【現2歳世代(2018年産馬)の種牡馬データ】
・順位はJBISによる中央+地方の賞金順総合ランキング
・(A)はJRAにおける勝ち上がり頭数/出走頭数(カッコ内は勝ち上がり率)

順位種牡馬代表産駒(A)
1モーリスカイザーノヴァ7/45 (16%)
2ドゥラメンテファルヴォーレ10/39 (26%)
3エピファネイアシティレインボー9/39 (23%)
4キズナバスラットレオン7/50 (14%)
5サウスヴィグラスヨッシーフェイス3/9 (33%)
6ディープインパクトシュヴァリエローズ6/28 (21%)
7ダイワメジャーモントライゼ6/36 (17%)
8ミッキーアイルメイケイエール4/25 (16%)
9マツリダゴッホリンゴアメ2/20 (10%)
10カレンブラックヒルラヴケリー4/15 (27%)
11ゴールドシップユーバーレーベン6/23 (26%)
12マクフィルーチェドーロ2/22 (9%)
13リーチザクラウンブルーバード3/22 (14%)
14パイロセレッソフレイム3/19 (16%)
15リオンディーズリーブラテソーロ5/30 (17%)
16ハービンジャージャンカズマ7/20 (35%)
17スクリーンヒーローブルーシンフォニー3/24 (13%)
18ルーラーシップワンダフルタウン3/37 (8%)
19ロードカナロアフォドラ5/25 (20%)
20クロフネソダシ1/7 (14%)

Top50はこちら

週末の2歳戦勝馬(JRA)

馬名・レース名父・母の父(生産者)
ソダシ
札幌2歳G3/札幌芝1800
クロフネ・キングカメハメハ
(ノーザンファーム)
メイケイエール
小倉2歳G3/小倉芝1200
ミッキーアイル・ハービンジャー
(ノーザンファーム)
ラストリージョ
すずらん/札幌芝1200
アグネスデジタル・アドマイヤマックス
(ブルースターズファーム)
アドマイヤザーゲ
新馬/小倉芝1800
ドゥラメンテ・Cape Cross
(ノーザンファーム)
レベランス
新馬/新潟芝1800
ハービンジャー・ディープインパクト
(ノーザンファーム)
ニシノガブリヨリ
新馬/小倉芝1200
リーチザクラウン・ディープスカイ
(ガーベラパークスタツド)
ニシノリース
新馬/新潟芝1400
ロードアルティマ・アグネスタキオン
(谷川牧場)
ジューンクエスト
新馬/新潟ダ1200
エスポワールシチー・ストーミングホーム
(山田政宏)
シュネルマイスター
新馬/札幌芝1500
Kingman・Soldier Hollow
(ドイツ産)
エイシンヒテン
未勝利/小倉芝1200
エイシンヒカリ・エイシンワシントン
(栄進牧場)
フルネーズ
未勝利/新潟芝2000
エイシンフラッシュ・サンデーサイレンス
(ノーザンファーム)
レガトゥス
未勝利/新潟芝1600
モーリス・キングカメハメハ
(ノーザンファーム)
デルマカンノン
未勝利/札幌芝1200
スピルバーグ・Belong to Me
(岡田牧場)
ミルウ
未勝利/札幌芝2000
ハービンジャー・サンデーサイレンス
(ノーザンファーム)
ヴィルヘルム
未勝利/小倉芝1800
エピファネイア・アドマイヤベガ
(ノーザンファーム)
ミコブラック
未勝利/小倉ダ1700
パイロ・Redoute’s Choice
(シンボリ牧場)
レッドソルダード
未勝利/札幌ダ1700
マジェスティックウォリアー・キングカメハメハ
(ノーザンファーム)