2020/9/12(土)
中山11R 第5回紫苑S・GⅢ
3歳・牝 馬齢 芝2000m
馬場状態 稍
1着賞金 3500万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1マルターズディオサ
牝3 田辺裕信(美)手塚貴久
2.02.1
先行
キズナ・Grand Slam                         
(天羽禮治)
2パラスアテナ
牝3 武豊(美)高柳瑞樹
1 1/4
先行
ルーラーシップ・スペシャルウィーク
(木村秀則)
3シーズンズギフト
牝3 ルメール(美)黒岩陽一
クビ
先行
エピファネイア・ゼンノロブロイ
(ノーザンファーム)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2020/080.html

マルターズディオサ:重賞2勝目

キズナ
(2010)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
キャットクイル┌Storm Cat(Storm Bird)
└Pacific Princess(Damascus)
トップオブドーラ
(2004)
Grand Slam┌Gone West(Mr. Prospector)
└Bright Candles(El Gran Senor)
Maltese Dianne┌スピニングワールド(Nureyev)
└Lavish Gift(ジェネラス)

通算成績:8戦4勝
これまでの主な戦績:
20チューリップ賞・GⅡ 1着(阪神芝1600)
19阪神JF・GⅠ 2着(阪神芝1600)

父:キズナ

キズナは2010年生まれ。通算成績14戦7勝、GⅠ1勝(ダービー)。現3歳世代が初年度産駒で、ディープボンド(京都新聞杯)、アブレイズ(フラワーC)、クリスタルブラック(京成杯)などを輩出。2020年の重賞は6勝目。今年の種付料は600万円。

馬名レース名コース母父馬
マルターズディオサ20紫苑S中山芝2000Grand Slam
ビアンフェ20葵S京都芝1200サクラバクシンオー
ディープボンド20京都新聞杯京都芝2200キングヘイロー
アブレイズ20フラワーC中山芝1800ジャングルポケット
マルターズディオサ20チューリップ賞阪神芝1600Grand Slam
クリスタルブラック20京成杯中山芝2000タイキシャトル
2020:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

17 ディープインパクト
9 ロードカナロア
6 キズナ
5 キングカメハメハ
4 オルフェーヴル、ジャスタウェイ
3 ゴールドアリュール、ステイゴールド、タートルボウル、ディープブリランテ、ハーツクライ、ハービンジャー
2 エピファネイア、キンシャサノキセキ、クロフネ、ストリートセンス、バゴ、ヨハネスブルグ、ルーラーシップ、American Pharoah、Frankel、Speightstown
1 アイルハヴアナザー、アドマイヤオーラ、ヴィクトワールピサ、ショウナンカンプ、シンボリクリスエス、スウェプトオーヴァーボード、スクリーンヒーロー、スパイキュール、ドリームジャーニー、トーセンホマレボシ、ナカヤマフェスタ、ネオユニヴァース、パイロ、ハードスパン、ヘニーヒューズ、マジェスティックウォリアー、マツリダゴッホ、マヤノトップガン、マンハッタンカフェ、ミッキーアイル、メイショウサムソン、リアルインパクト、ローエングリン、Gleneagles、Malibu Moon、New Approach

母:トップオブドーラ

トップオブドーラは米国産。外国産馬として日本で走り、ダ1000mで3勝。トップオブドーラの5代母Miss Carmieを牝祖とする一族に、タップダンスシチー、ディープスカイらがいる。

マルターズディオサは5番仔。2番仔の半兄アルタイル(父カネヒキリ)はダート7勝、ユニコーンS3着がある。その他の兄姉にJRA勝馬はない。現1歳の6番仔はロードカナロアの牝。

母父:Grand Slam

Grand Slamは1995年米国生まれ。通算成績15戦4勝、米2歳G1を2勝(フューチュリティS、シャンペンS)。代表産駒に、Cajun Beat(BCスプリント)、日本で走ったカフェオリンポス(ジャパンダートダービー)など。母父として、Toronado(英サセックスS、クイーンアンS)、ゴスホークケン(朝日杯FS)を輩出。

馬名レース名コース種牡馬
マルターズディオサ20紫苑S中山芝2000キズナ
マルターズディオサ20チューリップ賞阪神芝1600キズナ
2020:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

9 キングカメハメハ
5 アグネスタキオン、サンデーサイレンス
4 クロフネ
3 アグネスデジタル、ジャングルポケット
2 サクラバクシンオー、スペシャルウィーク、タイキシャトル、ダンスインザダーク、デュランダル、ハードスパン、フレンチデピュティ、ヘネシー、ボストンハーバー、マイネルラヴ、Fastnet Rock、Gone West、Grand Slam、Kingmambo、Mr. Greeley、Storm Cat、Unbridled’s Song
1 アジュディケーティング、アルカセット、エリシオ、エルコンドルパサー、エンパイアメーカー、キングヘイロー、クリプティックラスカル、コロナドズクエスト、ゴールドアリュール、サッカーボーイ、サンダーガルチ、シルバーチャーム、シンボリクリスエス、タニノギムレット、ディクタット、ディープインパクト、デヒア、ネオユニヴァース、ハービンジャー、フジキセキ、ブライアンズタイム、マリエンバード、マンハッタンカフェ、リンドシェーバー、Belong to Me、Canadian Frontier、Deputy Minister、Distorted Humor 、El Corredor、Flower Alley、Fusaichi Pegasus、Galileo、Green Tune、Harlan’s Holiday、Marquetry、More Than Ready、Not For Sale、Pivotal、Rahy、Redoute’s Choice、Sadler’s Wells、Sahm、Sligo Bay、Smart Strike、Songandaprayer、Tapit

生産:天羽禮治

天羽禮治氏の近年の生産馬には今年の東京スプリントの勝馬ジャスティン、一昨年のTCK女王盃を勝ったミッシングリンクなどがいる。古くはマウントニゾンが目黒記念などを勝利。2020年の重賞3勝目。

馬名レース名コース種牡馬
マルターズディオサ20紫苑S中山芝2000キズナ
ジャスティン20東京スプリント大井ダ1200オルフェーヴル
マルターズディオサ20チューリップ賞阪神芝1600キズナ
2020:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

36 ノーザンファーム
9  社台ファーム
5 ノースヒルズ
4 社台コーポレーション白老ファーム
3 天羽禮治、ケイアイファーム、ダーレー・ジャパン・ファーム
2 長谷川牧場、フジワラファーム、藤原牧場、三嶋牧場、村田牧場
1 荒谷牧場、磯野牧場、浦河小林牧場、エスティファーム、大狩部牧場、岡田スタッド、奥山博、笠松牧場、木田牧場、木村秀則、グランド牧場、コスモヴューファーム、酒井牧場、静内山田牧場、庄野牧場、諏訪牧場、大北牧場、土居牧場、萩澤泰博、八田ファーム、ビッグレッドファーム、藤沢牧場、ベルモントファーム、三村卓也、ヤナガワ牧場、レイクヴィラファーム、若林牧場

他に外国産馬が9(アメリカ6、イギリス1、アイルランド1、カナダ1)

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら