週末のJRA2歳戦は、中山・中京を舞台に新馬戦8鞍、未勝利戦9鞍、1勝クラス1鞍の計18レースを開催。種牡馬別には、リオンディーズ(新種牡馬)が3勝、ドゥラメンテ(新種牡馬)が2勝を上げている。

中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、首位モーリス(新種牡馬)、2位ドゥラメンテ(新種牡馬)、3位エピファネイア、4位キズナまで変更なく、5位にリオンディーズ(新種牡馬)が浮上。その他、新種牡馬は9位にミッキーアイル、11位にマクフィ、が上位にランクインしている。

現2歳世代サイアーランキングと各種データ

【現2歳世代(2018年産馬)の種牡馬データ】
・順位はJBISによる中央+地方の賞金順総合ランキング
・(A)はJRAにおける勝ち上がり頭数/出走頭数(カッコ内は勝ち上がり率)
・(B)はJRAにおける非入着馬頭数=一度も5着以内がない馬、但し未出走馬は除く(カッコ内は出走頭数に対するパーセンテージ=非入着馬率)

順位種牡馬代表産駒(A)(B)
1モーリスカイザーノヴァ8(16%)17(35%)
2ドゥラメンテドゥラモンド11(28%)12(30%)
3エピファネイアシティレインボー10(25%)11(28%)
4キズナバスラットレオン7(13%)24(46%)
5リオンディーズマルス8(24%)8(24%)
6ディープインパクトシュヴァリエローズ7(21%)10(30%)
7ダイワメジャーモントライゼ7(19%)21(57%)
8サウスヴィグラスヨッシーフェイス4(40%)2(20%)
9ミッキーアイルメイケイエール4(16%)11(44%)
10カレンブラックヒルラヴケリー4(24%)8(47%)
11マクフィルーチェドーロ3(13%)9(38%)
12マツリダゴッホリンゴアメ2(10%)12(60%)
13ゴールドシップユーバーレーベン6(24%)12(48%)
14パイロセレッソフレイム3(14%)9(43%)
15ルーラーシップワンダフルタウン4(10%)21(51%)
16ハービンジャージャンカズマ7(32%)11(50%)
17リーチザクラウンブルーバード3(14%)11(50%)
18ロードカナロアフォドラ5(16%)15(48%)
19スクリーンヒーローブルーシンフォニー3(11%)12(43%)
20ハーツクライイルーシヴパンサー4(17%)7(29%)

Top50はこちら

週末の2歳戦勝馬(JRA)

馬名・レース名父・母の父(生産者)
ドゥラモンド
アスター・1勝/中山芝1600
ドゥラメンテ・Include
(ノーザンファーム)
アヴァノス
新馬/中山芝1600
ダイワメジャー・Oratorio
(ノーザンファーム)
ティアップリオン
新馬/中山ダ1800
リオンディーズ・クロフネ
(高昭牧場)
テリオスルイ
新馬/中京芝2000
ジャングルポケット・ダンスインザダーク
(米田牧場)
ケイサンフリーゼ
新馬/中京ダ1400
リオンディーズ・バブルガムフェロー
(村上欽哉)
マーサーアン
新馬/中山芝2000
ルーラーシップ・マンハッタンカフェ
(守矢牧場)
ジェセニア
新馬/中山ダ1200
サウスヴィグラス・スキャターザゴールド
(グランド牧場)
ポールネイロン
新馬/中京芝1400
オルフェーヴル・Dansili
(ノースヒルズ)
サトノルーチェ
新馬・牝/中京芝1600
ディープインパクト・Burning Roma
(社台ファーム)
アドマイヤハレー
未勝利/中山芝2000
モーリス・ディープインパクト
(ノーザンファーム)
リルブラーヴ
未勝利/中山ダ1200
サクラゼウス・ゼンノロブロイ
(谷岡スタット)
シャドウエリス
未勝利/中京芝1600
ハーツクライ・クロフネ
(社台ファーム)
レイニーデイ
未勝利/中京ダ1800
ジャスタウェイ・ボストンハーバー
(高昭牧場)
ヒロインカラーズ
未勝利/中山芝1200
リオンディーズ・クロフネ
(コスモヴューファーム)
グローエルディング
未勝利/中山ダ1800
クリエイター2・クロフネ
(宮内牧場)
ワールドリバイバル
未勝利/中京芝2000
エピファネイア・アグネスタキオン
(天羽牧場)
カレンロマチェンコ
未勝利/中京ダ1400
マクフィ・アドマイヤジャパン
(高柳隆男)
グランデフィオーレ
未勝利・牝/中京芝1400
ドゥラメンテ・ネオユニヴァース
(社台コーポレーション白老ファーム)