現地時間9/19(土)に豪ランドウィック競馬場にて行われた、G1-ジョージメインSと、豪コーフィールド競馬場にて行われた、G1-サールパートクラークSの結果と動画をお届けする。

Fujitsu George Main Stakes(G1・1600m・3歳以上)

・ランドウィック競馬場にて行われた、ジョージメインSは、番手追走のKoldingが直線で抜け出して1着。

1着:Kolding

せん5、父・Ocean Park、母・Magic Star、母父・Danzero
調教師:Chris Waller、騎手:Tommy Berry

・今回の勝利で通算23戦9勝、G1・2勝目、重賞4勝目(G1-ジョージメインSG1-エプソムH、G2-クイーンズランドギニー、G3-ビルリッチーH)。今季(2020-2021)は、8/22のG1-ウインクスS(1400m)で13着→9/5のG2-トラムウェイS(1400m)で2着とし、ここへ臨んでいた。昨年10月のエプソムHに続き、2つ目のマイルG1勝利。

・父のOcean Parkは2008年新国産のThorn Park(その父・スピニングワールド)産駒。現役時は14戦8勝、コックスプレート、コーフィールドS、ARCニュージーランドS、MRCアンダーウッドS、マクフィチャレンジSの5つのG1を含む重賞6勝。これまでに本馬、Tofane(オールエイジドS)の2頭のG1馬を輩出。

・母のMagic Starは4戦未勝利。半きょうだい(せん馬)のSampsonはニュージーランドの重賞を2勝。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/471/randwick/2020-09-19/767394

Neds Sir Rupert Clarke Stakes(G1 Handicap・1400m・3歳以上)

・コーフィールド競馬場にて行われた、サールパートクラークSは、中団待機のBehemothが直線で外から鋭く伸びて、差し切り勝ち。

https://twitter.com/7horseracing/status/1307212285702672394

1着:Behemoth

せん5、父・All Too Hard、母・Penny Banger、母父・Zedrich
調教師:David Jolly、騎手:Craig A Williams

・今回の勝利で通算17戦7勝、G1・2勝目、重賞3勝目(G1-サールパートクラークSG1-メムジーS、G3-スプリングS)。今季(2020-2021)は、8/15のG3-スプリングS(1200m)で1着→8/29のG1-メムジーS(1400m)で1着とし、ここへ臨んでいた。今季はこれで重賞3連勝、G1連勝。

・父のAll Too Hardは2009年豪州産のCasino Prince(デインヒル系)産駒。現役時は12戦7勝、コーフィールドギニー、C.F.オーアS、フューチュリティS、AJCオールエイジドSの4つのG1を含む重賞6勝。名牝・Black Caviar(25戦25勝)の半弟にあたる良血馬。本馬、Alligator Blood(オーストラリアンギニー)の2頭のG1馬を輩出。

・母のPenny Bangerは12戦2勝(いずれも1000m)。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/469/caulfield/2020-09-19/767410