現地時間9/19(土)に米ベルモントパーク競馬場にて行われた、3歳牝馬芝G1-ベルモントオークス招待Sと、加ウッドバイン競馬場にて行われた、G1-ウッドバインマイルSの結果と動画をお届けする。

Belmont Oaks Invitational Stakes(G1・芝1m2f・3歳牝馬)

・ベルモントパーク競馬場にて行われた、ベルモントオークス招待Sは、5頭立ての最後方を追走していたMagic Attitudeが直線で前の4頭をあっさり交わし、アメリカ移籍初戦を勝利で飾っている。

1着:Magic Attitude

牝3、父・Galileo、母・マーゴットディド、母父・Exceed And Excel
調教師:Arnaud Delacour、騎手:Javier Castellano

・今回の勝利で通算7戦3勝、G1初勝利、重賞2勝目(米G1-ベルモントオークス招待S、仏G3-ヴァントー賞)。サンタラリ賞2着、ディアナ賞5着と今年の仏3歳牝馬G1で好走した馬で、ディアナ賞の後にアメリカへ移籍。今回は移籍初戦のレースだった。

母のマーゴットディドは19戦5勝、G1-ナンソープS(5f)の勝ち馬で、他に5fと5f6yのリステッドに勝利。現在ノーザンファームにて繋養中で、後にピエトラサンタと命名された2018年産のFrankel産駒は2019年のセレクトセールにて2億2680万円で取引された。尚、昨年と今年はハーツクライと交配されている。

・全姉のMission Impassibleは仏G3-サンドランガン賞の勝ち馬。近親にCaradak(仏G1-フォレ賞など重賞4勝)。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/258/belmont-park/2020-09-19/767450

Ricoh Woodbine Mile Stakes(G1・1m・3歳以上)

・ウッドバイン競馬場にて行われた、ウッドバインマイルSは、中団追走のStarship Jubileeが直線で外から差し切り勝ち。1番人気のWar Of Willは3着。

1着:Starship Jubilee

牝7、父・Indy Wind、母・Perfectly Wild、母父・Forest Wildcat
調教師:Kevin Attard、騎手:Justin Stein

・今回の勝利で通算38戦19勝、G1・2勝目(ウッドバインマイルE.P.テイラーS)、重賞9勝目。昨年10/12の加G1-E.P.テイラーSの勝ち馬で、今年は重賞3勝を含む4勝。前走8/23の米G1-ダイアナSで4着とし、ここへ臨んでいた。

・父のIndy Windは2002年米国産のA.P. Indy産駒。現役時は22戦8勝。Starship Jubileeが代表産駒で他に目ぼしい活躍馬は出ていない。

・母のPerfectly Wildは未出走。祖母のPerfect Arcはクイーンエリザベス2世チャレンジカップSの1つのG1を含む重賞4勝。曽祖母のPodeicaはアルゼンチンの1000ギニーに当たる、G1-ポージャ・デ・ポトランカス大賞の勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/265/woodbine/2020-09-19/767451