先日、地方2歳馬の注目馬シリーズ【1】でご紹介した南関東の4戦4勝の無敗馬・クロスケも出走した、大井の準重賞・ゴールドジュニアー(大井ダ1400)が行われ、クリスタルシルバーがクロスケを破り、2勝目をあげている。

 

クリスタルシルバー 牡2
父・サムライハート、母・マルヨシロワイン、母父・アジュディケーティング
生産牧場:大狩部牧場、調教師:村上頼章(大井)、3戦2勝、現時点の総賞金907.5万円

1着(9/12大井ダ1400重・勝ち時計1.27.8)(0.0秒差)賞金650万円
1着(8/11大井ダ1400重・勝ち時計1.31.0)(-0.7秒差)賞金190万円
3着(7/14大井ダ1400良・走破時計1.31.3)(0.4秒差)賞金67.5万円

 

・前走のゴールドジュニアーは外目3番手追走から、直線先に抜け出し、クロスケの猛追を凌いでの勝利。クロスケとは2キロの斤量差があったことは考慮に入れる必要があるが、勝ち時計1.27.8は同じ重馬場だった翌日のB3(三)の時計を上回っており、悪くない時計。

・父サムライハートはサンデーサイレンス産駒で母がエアグルーヴ。現2歳は7世代目で血統登録頭数は38頭、地方では9頭がデビューし5頭が勝ち上がっており、勝ち上がり率は55.6%。中央では5頭がデビューし、勝ち上がりはゼロ。母は61戦8勝、笠松をメインにオープンで長きに渡り活躍。本馬は初仔。

・母父アジュディケーティングはDanzig産駒。2001年から2008年まで8年連続、地方リーディングサイアー。父としての代表産駒はアジュディミツオー(G1-東京大賞典2勝、G1-帝王賞、G1-川崎記念、G1-かしわ記念)。近5年のサラ地方BMSランキングの推移は16→20→20→12→19位。