現地時間10/9(金)に英ニューマーケット競馬場にて行われた、2歳牝馬G1-フィリーズマイル(1m)の結果と動画をお届けする。来春の英1000ギニーと同舞台での重要な一戦となる。

bet365 Fillies’ Mile(G1・1m・2歳牝馬)

・英ニューマーケット競馬場にて行われた、G1-フィリーズマイルは、中団に控えていたPretty Gorgeousがきっちりと抜け出して1着。2着にIndigo Girl、3着にディープインパクト産駒のSnowfall(凱旋門賞馬・Foundの姪)と発表されたが、レース後に驚愕の事態が判明。詳細は以下。

※記事アップ後に訂正:レース後、前代未聞の事態が判明し、3着入線とされたSnowfallが実は同厩のMother Earthで、8着入線のMother EarthがSnowfallだったことが判明。両馬ともジョッキーがテン乗りで、「普段のアイルランドにいる厩務員がニューマーケットへ行けなかったことが原因だと思う。言い訳はできません。謝罪します。」と管理するエイダン・オブライエン師がレース後にコメントを出している。

・尚、映像に映っている吉田照哉氏の勝負服の馬、Star Of Emaraaty(7着)はPride of Dubai産駒。8/8の英G3-スウィートソレラS(7f)の勝ち馬。9月に吉田照哉氏に購買されたばかりの馬で、G1・3勝のRip Van Winkleの姪になる良血馬。

1着:Pretty Gorgeous

牝2、父・Lawman、母・Lady Gorgeous、母父・Compton Place
調教師:Joseph Patrick O’Brien、騎手:Shane Crosse

・今回の勝利で通算5戦3勝、2着2回。G1初制覇、重賞2勝目(英G1-フィリーズマイル、愛G2-デビュータントS)。今年の愛2歳牝馬戦線は以下のようにShaleと本馬の激闘が続いていたが、ここは1番人気に応えてきっちり勝利。現時点での来春の英1000ギニーの最有力馬となっている。

 8/06 G3-シルバーフラッシュS(7f)は、1着:Shale、2着:Pretty Gorgeous
 8/22 G2-デビュータントS(7f)は、1着:Pretty Gorgeous、2着:Shale
 9/13 G1-モイグレアスタッドS(7f)は、1着:Shale、2着:Pretty Gorgeous

・父のLawmanは2004年仏国産のInvincible Spirit産駒。現役時は7戦4勝、ジョッケクルブ賞(2100m)、ジャンプラ賞(1600m)の2つのG1を含む重賞3勝。主な産駒にHarbour Law(英セントレジャー)、Just the Judge(愛1000ギニー)、Most Improved(セントジェームズパレスS)など。Pretty Gorgeousは6頭目の産駒G1馬になる。

・母のLady Gorgeousは13戦1勝。母父のCompton Placeは1994年英国産のIndian Ridge産駒。現役時は12戦3勝、G1-ジュライCの勝ち馬。父としてBorderlescott(ナンソープS2勝)を輩出。母父としてStepper Point(愛重賞2勝)、Monsieur Joe(仏重賞1勝)などを輩出。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/38/newmarket/2020-10-09/765794