ディープインパクト産駒・ワグネリアン、ステイゴールド産駒・ディロス、オルフェーヴル産駒・クリノクーニング、ディープインパクト産駒・ミッキーマインド。人気が予想される4頭の争いだが、ワグネリアンが調教かなり動いており、注目の存在。函館デビュー組のディロス、クリノクーニングも好素材。

 

※過去の野路菊ステークスの主な勝ち馬

2012年:ラブリーデイ(前走:小倉芝1800m新馬戦1着)
2010年:ウインバリアシオン(前走:小倉芝1800m新馬戦1着)
2005年:メイショウサムソン(前走:小倉芝1800m未勝利戦1着)
2000年:ダンツフレーム(前走:阪神芝1400mききょうS1着)

 

1・ニシノベースマン 牡2
父・ノヴェリスト、母・ニシノマナムスメ、母父・アグネスタキオン
生産者・藤原牧場、(栗)森秀行、浜中俊

・9/7(木)、9/10(日)、9/13(水)と坂路で連日一杯に追われ、9/7は半マイル52.4秒、ラスト1F13.0秒。9/13は浜中騎手が乗り、半マイル51.6秒、ラスト1F13.0秒。これだけビシビシ追われているのなら、体調面には何の不安もないだろう。

・母は22戦4勝、2008年のG2-マイラーズCと2007年のG3-愛知杯で共に2着。本馬は5番仔。祖母はG1を3勝(スプリンターズS、桜花賞、阪神3歳牝馬S)したニシノフラワー。

 

2・ワグネリアン 牡2
父・ディープインパクト、母・ミスアンコール、母父・キングカメハメハ
生産者・ノーザンファーム、(栗)友道康夫、福永祐一

・先週は福永騎手が乗り、CWを6Fから一杯に追われ、6F80秒を切る快時計を計時。今週は坂路を馬なりで乗られる。しっかり仕上がった印象で、ここでどんな内容のレースを見せられるのか、注目が集まる。

・ノーザンファームの生産馬。母は9戦1勝。本馬は4番仔。全姉テンダリーヴォイスはG3-フェアリーSで3着。祖母ブロードアピールはG3-シルクロードS、G3-根岸S、G3-プロキオンS、G3-シリウスS、G3-ガーネットS、G3-かきつばた記念の勝ち馬。

 

3・ナムラアッパレ 牡2
父・ネオユニヴァース、母・ナムラミーティア、母父・サクラバクシンオー
生産者・いとう牧場、(栗)目野哲也、国分優作

・今週は坂路を馬なりで乗られ、半マイル56.2秒、ラスト1F14.1秒。既に6戦目ということで時計云々ではないが、このメンバーでこの臨戦過程では厳しいだろう。

・母は11戦2勝で2008年のG3-函館2歳Sでフィフスペトルの2着。本馬は4番仔。母の伯母トウカイミステリーは2011年のG3-北九州記念の勝ち馬。

 

4・ミッキーマインド 牡2
父・ディープインパクト、母・マイグッドネス、母父・Storm Cat
生産者・三嶋牧場、(栗)音無秀孝、武豊

・先週は坂路を一杯に追われ、半マイル51.4秒、ラスト1F12.6秒。今週は武豊騎手が乗り、坂路を強めに追われ、半マイル51.8秒、ラスト1F12.6秒。併走馬(古500万)を先行し先着。先週の時計は新馬戦出走時の時計を上回っており、今週も加速ラップで駆け抜けており調子は良さそう。

・母はアメリカで6戦1勝。本馬は4番仔。半兄ダノンレジェンドは重賞9勝(Jpn1-JBCスプリント、Jpn2-東京盃、G3-カペラS、Jpn3-黒船賞2勝、Jpn3-東京スプリント、Jpn3-クラスターC2勝、Jpn3-北海道スプリントC)。祖母Caressingは2000年のG1-BCジュヴェナイルフィリーズの勝ち馬。

 

5・クリノクーニング 牡2
父・オルフェーヴル、母・クリノビスケット、母父・パラダイスクリーク
生産者・様似渡辺牧場、(栗)須貝尚介、岩田康誠

・今週は岩田騎手が乗り、坂路を馬なりで乗られ、半マイル53.8秒、ラスト1F12.9秒。併走馬(2未勝)を先行し先着。中1週でのレースでもあり、馬なりでこの時計ならまずまず。

・母は29戦4勝。本馬は2番仔。3代母テンザンミズホの半姉の直仔にトウカイサイレンス(G3-新潟記念2着、G3-北九州記念3着、G3-小倉大賞典3着)。

 

6・ディロス 牡2
父・ステイゴールド、母・ラトーナ、母父・Dansili
生産者・ノーザンファーム、(美)木村哲也、ルメール

・今週は南Wで4Fからゴール前仕掛けられる形での攻め。全体時計は水準以上でラスト1F12.4秒でまとめている。この感じなら仕上がりは問題なさそう。

・募集価格3200万円。母は3戦1勝。本馬は初仔。祖母の半姉ShivaはG1-タタソールズゴールドCなど重賞3勝。母の従妹Cloth Of StarsはG2-グレフュール賞、G3-ラフォルス賞、G3-シェーヌ賞の勝ち馬。母の従姉Ikatの直仔Main SequenceはG1-BCターフ、G1-ジョーハーシュターフ、G1-ソードダンサー招待S、G1-ユナイテッドネイションズS、G2-マックディアミダSの勝ち馬で、G1-英ダービー2着馬。

 

7・テイエムリボー 牡2
父・スペシャルウィーク、母・メロディペリオット、母父・リアルシャダイ
生産者・清水牧場、(栗)福島信晴、小牧太

・今週はCWで6Fから直線強めに追われるが、時計はイマイチ。

・2016年の北海道サマーセールにて820.8万円で落札。母は未出走。本馬は7番仔。

 

8・シンデレラメイク 牝2
父・ディープブリランテ、母・プリンセスメイク、母父・キャプテンスティーヴ
生産者・モリナガファーム、(栗)鮫島一歩、中谷雄太

・9/10(日)に坂路を末強めに追われ、半マイル53.2秒、ラスト1F13.1秒。今週も坂路を末強めに追われ、半マイル54.8秒、ラスト1F13.2秒。日曜日の時計は自己ベスト。

・母は14戦0勝。本馬は3番仔。母の半兄チタニックオーは2000年のG3-シンザン記念で2着。祖母の全姉コーラルリーフは1993年のG3-新潟3歳Sで2着のマイネルゼウスを輩出。

 

9・スワーヴポルトス 牡2
父・クロフネ、母・ビジャリカ、母父・ディープインパクト
生産者・ハシモトファーム、(栗)庄野靖志、デムーロ

・先週、今週と坂路での馬なり調整が続き、時計的に見るべきものはない。

・2015年のセレクトセールにて2268万円で落札。母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で5戦0勝。本馬は2番仔。祖母リーサはG1-ナシオナルリカルドリオン賞、G1-チリ1000ギニーなど重賞3勝。