現地時間10/24(土)に英ドンカスター競馬場にて行われた、2歳G1-フューチュリティトロフィー(1mile)、仏サンクルー競馬場にて行われた、2歳G1-クリテリウムドサンクルー(2000m)、2歳G1-クリテリウムアンテルナシオナル(1600m)の結果と動画をまとめてお届けする。

Vertem Futurity Trophy Stakes(G1・1mile・2歳)

・英ドンカスター競馬場にて行われた、今年の英国平地競馬ラストのG1となるフューチュリティトロフィーは、1番人気のゴドルフィンのOne Rulerの内につけていた、Mac Swineyが、バテない末脚を駆使。One Rulerを競り落とす力強い競馬で勝利。

1着:Mac Swiney

牡2、父・New Approach、母・Halla Na Saoire、母父・Teofilo
調教師:J S Bolger、騎手:Kevin Manning

・今回の勝利で通算6戦3勝、G1初制覇、重賞2勝目(英G1-フューチュリティトロフィー、愛G2-フューチュリティS)。前走9/13の愛G1-ナショナルSでは8着だった馬。前々走で重賞を制した際の馬場状態が「Soft」で今回は「Heavy」と道悪巧者であることは間違いない存在。Galileo 2×3のかなり濃いインブリードを持つ点が特徴的。

・父のNew Approachは2005年愛国産のGalileo産駒。現役時は本馬と同じJ S Bolger師に管理され、11戦8勝、英チャンピオンS、愛チャンピオンS、英ダービー、デューハーストS、ナショナルSの5つのG1を含む重賞6勝。主な産駒にMasar(英ダービー)、Dawn Approach(英2000ギニー、セントジェームズパレスSなど)、Talent(英オークス)など。本馬は8頭目の産駒G1馬になる

・母のHalla Na Saoireは未出走。伯父のLight Heavy(父・Teofilo)は愛G3-ダービートライアルS、愛G3-バリサックスSの勝ち馬。従兄のParish Hall(父・Teofilo)は英2歳G1-デューハーストS、愛G3-メルドS、愛G3-ダイアモンドSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/15/doncaster/2020-10-24/767246

Criterium de Saint-Cloud(G1・2000m・2歳)

・仏サンクルー競馬場にて行われた、G1-クリテリウムドサンクルーは、ハナを切った最低人気のGear Upが逃げ切り勝ち。デビュー4連勝中だった1番人気・Makalounは3着、マルセルブサック賞の勝ち馬・Tiger Tanakaは4着。

1着:Gear Up

牡2、父・Teofilo、母・Gearanai、母父・Toccet
調教師:Mark Johnston、騎手:James Doyle

・今回の勝利で通算4戦3勝、G1初制覇、重賞2勝目(仏G1-クリテリウムドサンクルー、英G3-エイコムS)。前々走8/19の英G3-エイコムS(7f)で1着→前走9/26の英G2-ロイヤルロッジS(1mile)で4着とし、ここへ臨んでいた馬。

・父のTeofiloは2004年愛国産のGalileo産駒。現役時は2歳時のみ稼働し5戦5勝。デューハーストS(7f)、ナショナルS(7f)の2つのG1を含む重賞3勝、主な産駒にExultant(香港ヴァーズなど香港G1を5勝)、Happy Clapper(ドンカスターマイルなど豪G1を3勝)、Cross Counter(メルボルンC)、Trading Leather(アイリッシュダービー)など。今年はDonjah(オイロパ賞)、Tawkeel(サンタラリ賞)、Exultant(クイーンエリザベス2世界C、香港チャンピオンズ&チャターC)がG1を勝利している。

・母のGearanaiは6戦未勝利。全兄のGuaranteedは愛G3-エアフィールドSの勝ち馬。曽祖母のDisputeはケンタッキーオークス、ガゼルH、ベルデイムS、スピンスターSの4つのG1を含む重賞5勝の活躍馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/219/saint-cloud/2020-10-24/770022

Criterium International(G1・1600m・2歳)

・仏サンクルー競馬場にて行われた、G1-クリテリウムアンテルナシオナルは、最後方追走のVan Goghが直線、大外に持ち出されるとラチ沿いを豪快に伸び、2着に4馬身差をつけて快勝。

https://twitter.com/equidia/status/1319983506773233671

1着:Van Gogh

牡2、父・American Pharoah、母・Imagine、母父・Sadler’s Wells
調教師:A P O’Brien、騎手:Pierre-Charles Boudot

・今回の勝利で通算7戦2勝、重賞初制覇。デビュー5戦目(7f)に初勝利を上げた馬で、ニューマーケットでの前走10/10のG3-オータムS(1mile)で2着とし、ここへ臨んでいた。

・父のAmerican Pharoahは2012年米国産のPioneerof The Nile産駒。現役時は11戦9勝、ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントSの米3冠の他、BCクラシック、ハスケル招待S、アーカンソーダービー、フロントランナーS、デルマーフューチュリティの8つのG1を含む重賞9勝(初勝利がG1)。先日、米G1-クイーンエリザベス2世チャレンジCを制したHarvey’s Lil Goil(牝3)に続き、2頭目のG1馬を輩出

母のImagineは10戦4勝、G1-英オークス、G1-アイリッシュ1000ギニー、G3-パークSの勝ち馬。繁殖牝馬としても優秀で、これでHoratio Nelson(ジャンリュックラガルデール賞など重賞3勝)、Kitty Matcham(ロックフェルS)、Viscount Nelson(アルファディフォート)、Point Piper(ロングエイカーズマイルH)に続き、5頭目の重賞勝ち馬を輩出することとなっている。牝系は祖母がDoff the Derbyで、この馬を牝祖とする主な活躍馬にジェネラス(英・愛ダービー、キングジョージなど)、Moonlight Cloud(ジャックルマロワ賞、ムーランドロンシャン賞など)、ディーマジェスティ(皐月賞)、タワーオブロンドン(スプリンターズS)らがいる。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/219/saint-cloud/2020-10-24/770021