2歳新馬・中山芝1800
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:ヴィクトワールピサ
母:マイネレーヌ
母父:マイネルラヴ
生産牧場:荒井ファーム
厩舎:(美)池上昌和
騎手:松岡正海
市場取引:2017年JRAブリーズアップセール 1674万円

 

スピアーノが好枠を利し、1コーナーでは早くもハナに立つ競馬。そのまま何とか逃げ切り勝ちをおさめる。1番人気のマイネルファンロンは4角手前で手応えが怪しくなりかけてから、しぶとく伸びて2着確保。2番人気のサラーブは後方からまくり上げた脚は目立ったが、最後は脚が止まって3着。勝ち時計1.50.3。推定上り35.2。

 

父:ヴィクトワールピサは3頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。ちなみに現時点で3頭の中央勝ち上がり馬を輩出している種牡馬は他にアイルハヴアナザー、ノヴェリスト、ワークフォース、バゴ、ブラックタイド、シンボリクリスエス、サウスヴィグラス、マンハッタンカフェ、スウェプトオーヴァーボードがいる。

※ヴィクトワールピサ産駒の今季中央2歳戦勝ち上がり馬
 7/23の中京芝1600mの未勝利戦スカーレットカラー(母父・ウォーエンブレム)
 8/12の小倉芝1800mの未勝利戦シャルルマーニュ(母父・サクラバクシンオー)
 9/16の中山芝1800mの新馬戦スピアーノ(母父・マイネルラヴ

 

牝系:母は8戦0勝。本馬は4番仔。母の全姉コスモフォーチュンはG3-北九州記念の勝ち馬でG3-小倉2歳S3着。母の半姉コスモプラチナはG3-マーメイドSの勝ち馬。ちなみに本馬の1つ下の半妹(現1歳)は父・ジャスタウェイ。祖母の半弟イグゼキュティヴはG3-札幌2歳S2着。3代母の半弟にナリタタイセイ(G2-NHK杯の勝ち馬でG1-皐月賞2着)、3代母の半妹にファイトガリバー(G1-桜花賞の勝ち馬でG1-オークス2着)。

 

母父:マイネルラヴはSeeking the Gold産駒。G1-スプリンターズS、G3-シルクロードS、G3-セントウルSの勝ち馬。父として輩出した牝駒コスモヴァレンチ(G3-小倉2歳S)が母として、以下の活躍馬を輩出している。

 ドリームバレンチノ(父・ロージズインメイ、母・コスモヴァレンチ by マイネルラヴ)
 1着:2014JBCスプリント(Jpn1) 盛岡ダ1200
 1着:2016東京盃(Jpn2) 大井ダ1200
 1着:2013シルクロードS(G3) 京都芝1200
 1着:2012函館スプリントS(G3) 函館芝1200
 1着:2013兵庫ゴールドT(Jpn3) 園田ダ1400
 マイネショコラーデ(父・ロージズインメイ、母・コスモヴァレンチ by マイネルラヴ)
 2着:2010函館2歳S(G3) 函館芝1200
 ウインムート(父・ロージズインメイ、母・コスモヴァレンチ by マイネルラヴ)
 3着:2017サマーチャンピオン(Jpn3) 佐賀ダ1400
 マイネルハートレー(父:ディープインパクト、母・コスモヴァレンチ by マイネルラヴ)
 1着:2015球磨川賞、2014五ヶ瀬川賞、2014大淀川賞、2014仙酔峡賞、2014文月賞 全て佐賀の地方重賞

 

クロス:Halo:S4×S5、Mr. Prospector:S4×M4、Lyphard:M5×M5

 

生産牧場:荒井ファームの近年の主な活躍馬は以下の通り。

 コスモプラチナ(父・ステイゴールド、母・グレースマリヤ by グルームダンサー)
 1着:2009マーメイドS(G3) 阪神芝2000
 コスモフォーチュン(父・マイネルラヴ、母・グレースマリヤ by グルームダンサー)
 1着:2006北九州記念(G3) 小倉芝1200
 3着:2004小倉2歳S(G3) 小倉芝1200